レモン

レモン

レモンの実が、だいぶ大きくなりました。
花はずいぶんたくさんついたのですが、
実に成っているのは今の所6個です。

毎朝、楽しみに観察しているのですが、気のせいか、
遅く咲いたものの方が実に成っているような気もします。

IMG_1500.jpg

梅も今年は、花が異常に早くて、
虫などまだ冬眠中だし、小鳥もあまり来ない頃でしたから、
受粉がうまくいってなかったのか、いつの半分以下1.6kgの収穫。
その分、一粒ひと粒が大きいような気がします。

梅仕事は次女の領域で、子供がこの春から幼稚園に通い出し、
毎日忙しくしていますから、却って良かったのかもしれません。


スポンサーサイト

「パウロ」メンデルスゾーン

IMG_1488.jpg

音訳仲間の入っている合唱団のコンサートに行ってきました。
しばらくぶりのホールですが、隣県ですが近いのです。
駅から直で行けるし、できた当時は随分羨ましかったものです。
でも、久しぶりいいって見ると、座席の間隔が随分狭くて、
四半世紀前に建ったものは、こんなだったんだな〜と、
やっぱり時の推移を感じてしまうのでした。

IMG_1499.jpg

演目はメンデルスゾーンのオラトリオ「パウロ」。
字幕スーパーも付いていましたが、
プログラムにも対訳が載せてありました。

アマチュアの合唱団もこんな大曲を、そしてオケもアマチュアです。
もちろんソリストはプロのようでしたが、すごい挑戦だと思いました。
第2部に入る頃にはすっかり引き込まれ、
聖書にあるパウロの書簡集の言葉など思い出しながら聴いていました。

練習もさぞかし大変だったろうと偲ばれますが、
最近のアマチュアのレベルにも改めて驚かされました。


クレマチスの丘 ヴァンジ美術館

クレマチスの丘

梅雨の最中というのに、素晴らしい快晴に恵まれました。
大好きな此処のことをいつ話していたのか?
しばらくぶりに会った友達に「行こうよ」と言われ、
急遽日程を決めたのです。

着いたらもうお昼でしたから、すぐに入り口近くのピッツェリアに入りました。

IMG_1427.jpg クレマチスの丘 おしぼり ←ポチッ

水を注ぐと膨らみますからと、おしぼりが出てきました。
へぇ〜、と言いながら水を注いで観察します。

クレマチスの丘 (2)

窓の外は、クレマチスと紫陽花の見事なコラボです。

腹ごしらえの出来たところで、ヴァンジさんの作品が点在するガーデンへ。

クレマチスの丘 ヴァンジ1 クレマチスの丘 ヴァンジ2 

クレマチスの丘 ヴァンジ3 クレマチスの丘 (6) ←ポチッ 

この懐かしい大好きなおじさんたちは日本に来て15年、
この前会った時より、年月の分だけ緑色っぽくになっていました。

クレマチスの丘 ヴァンジ4

建物の中の綺麗な人は相変わらずキレイです。

芝生に覆われたなだらかな丘の所々にはヴァンジさんの彫刻があしらわれ、
周辺部にいろいろな種類のクレマチスが植えられ、
その下草にも珍しい花が植えられています。

クレマチスの丘 (5)

この季節、クレマチスとバラのコラボも見られてラッキーでした。

売店も花の鉢、いわゆるお土産品の他に、
普段なかなか見つけにくい本などの充実した書店もあり、
ここも私の気に入ってるところです。
何を買うというわけでもなく、見て回っているうちに、
帰りのバスの時間が気になり始めました。

駅からのシャトルバスの終点は、この奥のビュッフェ美術館が始発です。
そこでいっぱいになったら乗れなくなると友が心配し、
途中にある吊り橋にも行ってみたいと言うので、
だらだら上り坂を15分ほど歩くことになりました。

クレマチスの丘 吊り橋

吊り橋は結構長くて、1度に4人までとか注意書きがあったり、
歩けばやはり揺れるので、結構楽しく渡りました。
渡り終えるとすぐビュッフェ美術館の入り口です。

クレマチスの丘 スカラベ

大きな彫刻が迎えてくれました。
La Scarabee 1975 とあります。
なんか虫のようですが?だったのでiPhoneで調べると、
スカラベの和名は、フンコロガシ。
古代エジプトでは、糞球を太陽と見立て、
太陽を司る神とあがめたのだとか。

この辺りには井上靖文学館やカフェなどもあるのですが、
またの機会にして帰路につきました。

TV「家族に乾杯」は静岡市葵区

IMG_1415.jpg

昨日のTV「家族に乾杯」は静岡市葵区でした。
小学校に上がる半年前から、高校卒業までを過ごした土地。
親戚も友達もたくさんいて、母のいた所もまだそのままなので、
今でも年に数回は訪れます。

どんなところが紹介されるのか、
市の中心部はほとんど知ってるつもりでしたが、
知らないところがいくつも出てきました。

浅間神社は小さい頃はしょっちゅう行ってましたが、
なぜ、左甚五郎の作があるのか不思議でした。
私たちが普通に入れないところも見せてもらえるのがTVの有難さです。

葵区は駅から北側は全部ですから広いのです。
梅ヶ島温泉が出てきましたが、その先は、
南アルプスに続きます。

母のいた所を処分しあぐねているのも、
静岡をもっと探索したいという思いもあるのです。
もちろん冬暖かく、新鮮で美味しい食べ物がいろいろある、
それも大きな魅了なのですが…



雑草退治

焼津グランドホテルの朝食バイキングは、いつもとても魅力的。
土地の名産釜揚げしらすや黒はんぺんなど種類が豊富な上、
フレンチトースト、オムレツ、おにぎりなど目の前で作ってくれる。
更に、お天気次第では富士山も見えるというおまけつき。

昨日の夕食もかなりの量だと思いながら、
美味しくて頑張って食べすぎちゃった感ありなのに、
朝食もこれだからお腹いっぱいの状態で解散。

車組、電車組に別れて帰路に着いたが、
何人かで、欠席だった98歳に会いに静岡に行く。
お腹いっぱいのはずなのに、そこでまた、
センチュリーホテルの中華なんかご馳走になって、
私はみんなと別れて、半年以上ほったらかしの母のいた家に行く。

IMG_1399_20170614065042c46.jpg

いつか、やはり久しぶりに行った時、
入り口を雑草が背の丈ほどに伸びて塞いでいて驚いたことがあった。
あれは、確か梅雨の明けた夏のことだったと思う。
今は入梅したとはいえまだほとんど降ってないし、
まさかそれほどひどい事にはなったいないと思ったけど、
やはり、道路と建物のコンクリートのわずかな隙間からは、
さまざまな草が伸びている。

雑草の花というものも可愛くて好きだし、
東京ではあまり見ないような花もあって珍しく、
取ってしまうのは本当のところ気が進まない。
でも、とうせんぼじゃね〜

IMG_1404_20170614065044fee.jpg

根は深く張って抜けないので、ハサミで根元から切る。
そして、近くのホームセンターから買ってきた、
動物に無害という、あまり効きそうもない除草剤をスプレイしておいた。

裏の、母が好みで造った日の当たらない坪庭は、全く様相が違う。
南天と紅葉の木はどうやら完全に枯れているようだ。
波瀾や実生の椿や笹があちこちで茂って手がつけられない。
ザッと刈って、ゴミ袋に詰めたものの…
ゴミの収集日に合わせて近々また来なくては終わらない。

今年も焼津グランドホテルで

IMG_1398_201706130522568c9.jpg

毎年1回恒例のいとこ会で、今年もこの8〜9日に焼津に集合。
いとこと言っても、それは亡母のいとこたちの集まりで、
私はその1世代下のわけだが、年代があまり違わなかったりで、
子供の頃から行き来して遊んでいた。

気がつけば、おじいさんおばあさんになっても〇〇ちゃんたちであり、
そのお連れ合いたちは△△さんとお互い自然に呼び合って、
いったいいつから始まったのか、誰もわからない。

母のいとこの最高齢は、間もなく98歳になり、
さすがに2年ほど前からは出てこなくなったが、
その次の96歳、94歳、私のようないとこの子世代まで、
今年も少なくなったとはいえ19名の出席。

今年が最後かな〜、と思って出かけたのだけど、
来年も、この同じ会場焼津グランドホテルで、
同じ時期にって、ちゃんと幹事役も名乗り出て、
まだまだみんな元気で、続くらしい。


檸檬と休養

レモン

静岡の友達の家で、実をたわわにつけたレモンの木を見て、
羨ましくて7個ばかり実のついた木を買って植えてみたものの、
翌年はたった1個しかならず、さらに去年は葉ばかり繁って…

ところが今年はいっぱい花がついたから少し期待した。
でも一方で、イヤイヤ期待しちゃダメ、と自分に言い聞かせたり。
そして今、可愛い紡錘形の緑の実が4つ付いてます。
でも、いつか落ちてしまったりしないでしょうねと、心配してます。

プレドニン25mg飲み始めて三日目。
今日は出かける予定もないので、やめとこうかと思ったのですが、
どうもPF値がイマイチ戻ってないので念押しです。

休養日と決めて、録り貯めてたドラマ「やすらぎの郷」など、
1週間分以上まとめて観たりしたら、終わっても、
ずっと夜まで、頭の中で、中島みゆきの主題歌が鳴ってます。

昔、家族中の名前でハガキを出してやっと当てたチケットで、
厚生年金ホールのライブを聴きに行ったり、
車運転しながらいつも聴いていて息子に呆れられたり…

今はもう滅多に聴かないのですが、
こうして何かのテーマ曲になってたりして耳に入れば、
歌詞もメロディーラインも好きなんだな〜、と思うのです。

こうした自宅療養気分も、実は危険で、
ステロイドの副作用で食欲増進+脂肪代謝障害の危険があるのに、
ついつい手元にあるおやつをつまんだりして、体重増加。
いわゆるムーンフェースになるほど大量に投与するわけではないのですが、
やっぱり増えますね〜
そして減らすのは難しいですね〜




今年もスカイツリーの下で

吾妻橋 (1)

今年も朗読と懇親の集いを教室で1番古いT氏が企画してくださった。
もう18年目になるそうだが、私はまだ4回目。
このビール会社の素晴らしい会場も、いつもT氏がお世話くださる。

午前中のセミナーを終えて浅草へ向かう。
毎年決まって駅近くのお蕎麦やさんで軽く昼食をすませると、
吾妻橋を渡って会場へ。

朗読会 浅草

最初に、浅草を一望するゆったりとしたお部屋で、
各自が自分で選んできた小品を仲間に聞いてもらう。
その後、それぞれ講評を頂くのだが、
お教室と違って、先生もリラックスされるのか、
指摘はより核心をついて高いレベルを求められる。
メンバーにはプロとして声の仕事している人も何人かいるのだけれど、
彼らの真剣な聴く表情も、私には新鮮で感動する。

朗読会 矢島先生

夏至も近く長い日も暮れなずむ頃、みんなで揃って写真を撮って、
懇親会場である同じフロアの別室に移る。

隅田川

こちらは昨年とは違う部屋で、眼下を隅田川が流れ、
スカイツリーがぐんと近く見える。
わざわざツリーに登らなくても、遠くのつくば連山も見える眺望だ。

スカイツリー

お料理は、ビール飲み放題でイタリアン。
私は昨日からステロイドドーピング中で初めてのノンアルコール。
お味も量もちょうどよく、話が弾んで写真なし。
先生の近くの席で、お仕事の話や文学論がたっぷり聴けてよかった。

外に出たら道路が濡れて、まだ少し降っていたが、誰も傘をささず、
楽しいおしゃべりに興じながら帰ってきた。
久しぶりに充実した1日でした。


ちょぴっと銀座へ

MIKIMOTO.jpg

ほぼ1ヶ月半ぶりの歯医者で、すっきりしてから、
地下鉄乗り継いで銀座に出る。
かなり久しぶりで、MIKIMOTOビルが完成していた。

主なる目的はiPhone6のケース探し。
8年前に初めて買って以来、ほぼ2年毎に買い換えてきたiPhoneも、
6から7への変更は、私にはあまり意味がなさそう。
それどころか、イヤフォーンジャックが消えたというのが、
納得いかないというか気に入らないので買い替えは見送ることにした。
多少の不具合はあるものの、あと何日かすれば、
恒例の新製品の発表がある頃だし、もう少し様子見ることに。

そうこうしているうちに、
孫のデザインで気に入ってたケースがあちこち罅入ってきた。
それに、娘たちが使っている最近はやりの手帳型のケースも、
なんだか便利そうなので、ケースの方を新調することにした。

少し前に、本屋でエリック・カール展をやっていた時、
はらぺこあおむし柄のケースを売っていて、綺麗でいいな〜、
と思ったもののその時はまだ、買い換えるつもりはなく、
次に行った時にはもう展覧会は世田谷美術館に移ったそうで買えなかった。
楽天などのサイトにははらぺこあおむし柄があるものの、
私が見て欲しいと思ったものとは違う。

銀座に出てまず、マリメッコのショップのある松屋に行ってみたが、
iPhoneケースは置いてない。
向かいのアップルストアも行ってみたが、ほとんどiPhone7用ばかり。

次に、ハンズに行こうとマロニエ通りを歩いていたら、
OPENしたばかりらしいH&M系のショップがあったので、
店内をちょっと一回りひやかしてみたが、あまり用はなさそうだ。

ハンズのモバイルグッズはまあまあの品揃えだったけど決定打はなく、
どうせ有楽町線で帰るつもりだったのでビックに入る。
もうはらぺこあおむしは諦めているから、
手帳型だけで探したが、ここはさすがに迷うほどの種類があった。

iPhoneケース

そして結局、また白を選ぶことになった。
つまんなくなったら、何かシールでも貼ればいいや、
とまたいつもと同じこと考えている。

241ものブランドが入ったというGINZA SIXも見ないで、
ブラジルコーヒーも飲まないで、全然銀ブラじゃないけれど、
今日の歩数計は1万超えて、昨秋膝が痛くなって以来の最多記録(?)
また痛くならないよう自重せねば。。。


6月の荒れ庭

IMG_1359.jpg

6月の声を聞くと梅雨入りが気になりますが、
まだ気配はありません。

南天

南天は赤い実や、赤い葉がきれいですが、
花もなかなか可愛くて、咲いてみればけっこう華やかです。

つゆ草

今年初のつゆ草です。
秋までどんどん増えていきます。

グミ

グミがそろそろ赤くなってきました。
カラスやメジロに食べられないうちに、孫の口に入るでしょうか。

みんないつの間にか我が家の狭い庭に生えてきて、
誰も面倒見ないのに楽しませてくれているのです。

紫陽花

そうそうこの子は、去年家の裏の隅っこに出てきて、
いくつもの花を咲かせてくれたので、かわいそうに思って、
この春には、陽の当たる場所に連れてきたのですが、
植え替えのストレスなのでしょうか、何故か花は1つだけ。
日陰者だったから茎ばかり伸びちゃってます。
花が終わったら、ちょっと面倒見てやらないといけないかもしれません。



プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム