FC2ブログ

キアラおばぁさんのドタバタな日々

           ~雑司が谷に暮らす~

冬が来た。着るものが無い! 

 

IMG_3928.jpg

寒くなったと思うとまた23°Cとかで師走の実感がなかったのだけれど、
とうとう冷たい風が吹き出した。
もう師走も中旬に入ろうという今、仕方ないとして…

発作を起こして、ステロイド25mgを5日飲む度に体重が増える。
そして決して戻らない
先生にこぼすと「喘息抑える方が先っ!」と言われる。
まあ、体調悪いとグダグダしているから、そのせいもあるのだとも思う。

それにしても、今年初めに骨密度測った時より4kgも増えててびっくり
骨密度の方は今回も全く問題ないようなのだけれどね〜

とはいえ少しは戻さないと
半世紀前の体重は遠い彼方で到底無理だから忘れるとしても…

まず着るものに困る。
ウエストが入らないわけではないけれど、キツイのは我慢できない!
それでなくても最近はワンピースが面倒なくていい。
ところが、持っているのはウエストを絞ったデザインなので難しい。

IMG_3929.jpg

娘に教えてもらった店でセール価格で買って来た。
いっとき流行ったいわゆる森ガール風のズボッと切られるタイプ。
生地もモコモコであったかそうなの見つけた。

高齢になると、ある時期から、食べても太らなくなるから、
今無理に痩せなくてもいい、という医師も居る。
確かに母を思い出してもそうだと思う。
特にどこが悪いわけではないのに、体重は落ちていった。
代謝が悪くなるとか、吸収が悪くなるとかいうことなんだろうとは思うけど、
それは一体いつ?

今はなんとか、手持ちの洋服が着られる程度のコントロールはしなくちゃね〜



スポンサーサイト

category: 暮らし

tb: --   cm: 0

△top

ご近所の紅葉見ながらお煎餅を買いに 

 

IMG_3924.jpg

来週夫は2年ぶりのアメリカ出張。
お土産にいつも持って行く地元のお煎餅買いに久しぶりに坂を下る。

IMG_3923.jpg

町内にある近くの大学寮が、取り壊しになって学部が来る、
という話をずいぶん前に聞いたものの、変わりがないと思っていたが、
前を通ったら何やら重機が入って木を伐採してるのか?手入れしているのか?

TVの街歩き番組などですっかり有名になったおせんべ屋さん、
中に入ったら人がいっぱい。
お土産用と家用に少し買って、来た時とは別の坂を登って帰る。

IMG_3926.jpg

先ほどの学寮の裏手。
塀越しにきれいに色づいた紅葉が見え、鳥の声も賑やかだ。
工事が本格的になったらどうなるのだろう。
古木は残して貰えるのだろうか?

設計を任されているのは、この大学の卒業生と聞いている。
世界的にも名の通った建築家だけに、
変に力まないでほしいな〜と、
さりげなく地元に溶け込むような設計をと、密かに願っている。



category: 暮らし

tb: --   cm: 0

△top

再発したらいつでも来て 〜バネ指〜 

 

先月予約してあった診察日に、緊急手術が入ったのでと病院から電話があり、
今日に延期になった手外科

幸い、まだ注射が効いているのか?治ったのか?
確かに曲げればカクカクと弾く感じはあるけれど、
痛みもなく特に支障はない。

「今度手首の写真も撮らせてね」と言われていたのでまずX線室に呼ばれる。
もう10年くらい前に手術してもらったキーンベック病のその後を見たいってことらしい。
私だって見たいのだから勿論OK。

直に診察室に呼ばれると、もう映像はモニターにはいっていた。
私には、術後間もない頃とあまり変わりはないように見えても、
先生には、埋めたままの金属の周辺などの経年の変化が見えるのかもしれない。

それから、両手のひらを合わせたり、手の甲を合わせたりして、
その角度を特別な分度器付きの定規で測ったりしながら、
先生のiPhoneで写真撮ったり…

キーンベック病というのは滅多にない疾患だというから、
手外科の先生には結構大事な資料になるのかもしれない。

バネ指の方は、今の所問題ないので、再発したら来てね!ということだった。
手術になったとしても、半年先かな?って。


IMG_3909.jpg

病院の裏手にひっそりとある、目白の森。
10種近い野鳥が来るらしい。

かつては、個人の家だったそうだが、マンションになると聞いて近隣の住民が動いて、
都か区かが買って公園として近隣の人の憩いの場として喜ばれているという。

周辺は閑静な住宅地で、お洒落な家がが立ち並ぶ。
随分お目にかかってなくて気になっている年上の知人の家の様子をと訪ねてみる。
しかし、ブラインドもカーテンも閉まったままひっそり。
ご主人の介護がだいぶ前から大変になっているご様子だったので、ちょっと心配になる。

IMG_3911.jpg

同じ通りの吉村順三の設計事務所だった建物はいまはギャラリーとなっている。
催し物が時々はあるらしいけれど、今日は此処もひっそり。

IMG_3910.jpg

ドアにはいくつかのオフィスの名が貼られている。
中で仕事している人たちがいるのだろうか、気配はない。
1日仕事の大学病院での受診に慣れてしまっているものだから、
今日はずいぶん早く終わって、なんだか手持ち無沙汰。



category: 通院

tb: --   cm: 0

△top

ピアノの端材でクリスマスツリー 

 

IMG_3905.jpg

友達の出演するシャンソンコンサートが、今年は銀座ヤマハホールが会場。
ビルの上の方の階で、しかも1つ下の階でEVを乗り換えるというのが、
なんともな〜なのだが、音響は流石なので歌う友人は喜んでいた。

銀座のクリスマスの装いはまだまだのようで、
これは年内にもう1度来なくては、という感じだったけど、
このヤマハの入り口のツリーに目を見張った。

ピアノを作る時に出る端材を集めて作ったものだという。
ヤマハならではの、ヤマハだからこそのツリーと言えるだろう。

「羊と鋼の森」「蜜蜂と遠雷」という、
本屋大賞の2つの作品をまた思い出したり。。。




category: お出かけ

tb: --   cm: 0

△top

食洗機の故障 

 

IMG_3859.jpg

朝から台所の片付け&掃除。
だいぶ前から食洗機が変な音を立て始め、
早く修理を頼めと家族から責め立てられ続けていたのは、
その前に台所をもう少し綺麗にしておかないと、と思ってたから。

娘は、頼んでからすればいいという。
じゃあ、やってくれるのかと思えば、いざとなったらぜ〜んぜん
(修理の人帰った後には、流し台周りをピカピカにしてくれたけど…)

そもそもメーカーに電話した時には、修理に来れるのは早くて土曜日くらいで、
前々日か前日の夕方には、修理の者が電話をすると言ってたのだ。
なので、お掃除はそれからのつもりだったのに、電話は一向になく、
今朝になって、午後1時ごろに伺います、という。

娘たちは早くから出かけるようなこと言ってたし、
今日を逃したら修理を頼めるのは来週後半になっちゃうし、
で諦めて一人で片付け始めた訳です。

膝が痛いの治っててよかったな〜、
バネ指も注射効いてるうちでよかったな〜、
ファセンラの効果もあるのか発作も治まって呼吸も楽になっててよかったな〜
と思いながら、久々に床に這いつくばっての雑巾掛け。
普段のワイパーぐらいじゃ落ちない汚れが、台所の床にはいっぱい。

IMG_3858.jpg

ともあれ、無事定時に修理の人がやってきて、
4年前の故障と同じなので、同じ修理をするが次は4年は持たないかも、と。
次は交換を覚悟しなくてはならない様子。
その頃、一体この家の家族構成はどうなっているのだろうか

category: 暮らし

tb: --   cm: 0

△top

ランチショー 

 

IMG_3843.jpg

30年来の友人平野りり子さんのランチショー。
美味しいもの好きの彼女が今年選んだのはソンブルイユ
かつてはボジョレ・ヌーボーのディナーショーが恒例だったのが、
みんなが夜を嫌がるようになったので、と何年か前からランチになった。
どうもあの震災の後からのような気がするとは彼女の弁。

IMG_3844.jpg IMG_3845.jpg IMG_3846.jpg
IMG_3847.jpg IMG_3848.jpg

流石に美味しいものが次々出てくる。
最近のフランス料理は、昔ほどしつこくなく日本的になってきたわね、
そういえば、フランスでも、シェフたちが盛んに出汁を使うようになってるそう、
などと、隣席の顔見知りと話す。

IMG_3852.jpg

堪能した後は、平野りり子さんの歌とトークを楽しむ。
歌唱力は抜群だし、トークはざっくばらんで、
楽しい時間はあっという間に過ぎる。

IMG_3854.jpg

楽しい秋の日は美しく暮れていく。






category: 音楽

tb: --   cm: 0

△top

今月の「新潮」 

 

2189_l.jpg


我が区の点字図書館として、約550分のダイジェスト版を毎月発行しており、
年度始めの総会の際に年間の当番を決める。
だいたい一人2〜3回ずつ廻るのだが、私は今月が3回目の当番。

この雑誌、次号予告というのがないので、発売当日まで内容がわからない。
配本されて初めて内容を見て、今月取り上げる作品と担当者を決める。

極端に長いものがあると、それだけでかなりな分数を取られてしまうので難渋する。
今回は、巻頭の作品が150枚なので、表題の作品は全て入れることができた。
といっても、特集の寄稿は抜粋になったようだけど…

未発表のヘミングウェイの作品が乗るというニュースを数日前に見て、
読んで見たいと思ったいたので担当させてもらった。

ヘミングウェイは、若い頃いくつか読んだ記憶があるが、
戦争を題材に描いたものが多く、好きになれなかったのだけれど、
年月を経た今読むとまた違うかも、という淡い期待もあった。

舞台はパリ解放の日のリッツ・ホテルだが、戦争を描いていることに変わりはなく…
訳文は硬く、さらに最後に付け加えられている訳者による解説も、
わかりやすいとは言えず2ページびっしり。
大概の人が言うけれど、翻訳物の音訳は難しい。

そしてまた、ヘミングウェイを再び読もうと言う気持ちにはならなかった。


category: 音訳ボランティア

tb: --   cm: 0

△top

日比谷で「ビブリア古書堂の事件手帖」 

 

IMG_3826.jpg

今月初めに公開になって、近くの映画館で見ようと思っていたのに、
もう、1日1回それも夜だけというので、あちこち探した。

最近のいわゆるシネコンになってからは上映館が多くなったのはいいが、
初めから上映期間が決まっているわけだはなさそうで、
人気次第で上映回数も増えたり減ったりしてるみたいで、直前に確認しないと危ない。

結局TOHOの本家みたいな日比谷がまだ1日何回もやってる。
でも、また来週になったらどうなるかわからないと思ったので、
午前中録音が順調に進んだので、そのままお昼も食べずに行ってきた。

08d963b5b1e5ec40.jpg

原作を読んだ作品を映画で見る、というのはなかなか複雑というか、
私はあまり期待しない習慣になっている。

今回は主人公のキャスティングが気に入ったので見てみたかったのであり、
映画としてどうかといえば、雰囲気に違和感はなかったけど、
原作を知らないで見た人にはどうなんだろう…

もちろん原作読んだ人だけを対象に作られたわけではないはずだけど、
夏目漱石・太宰治といった作家の古書を巡る物語の展開って、
あまり一般的とも思えず…

まあ私としては、可もなく不可もなく、こんなものだろうなと。
でも見といてよかったと。



category: 映画

tb: --   cm: 0

△top

我が区の防災体制は? 

 

IMG_3819.jpg

時間が空いたので、久々にエポック10(男女参画推進センター)での研修会に出た。

建物の改修のため何年か閉鎖されてた間は、
我が家からは割と近くで集会があったので足を運ぶことも多かったが、
改修が終わってまた駅向こうに戻ってからはなかなか億劫になっていた。

今日は、区の防災対策がどんな風になされているか、区議の山口菊子さんに訊く会。
勿論区報などで知らされてはいるものの、言ってみればそれは総論。
本当に聞きたい知っておきたいのは具体的なことで、いわば各論。

菊子さんはこちらの知りたいことに、それぞれの資料やiPadで答えてくれ、
いざという時に区が取る体制についても具体的な話が聞けてほぼ安心。

結局災害は起きて見なければ分からない事だらけなので、
私たちが1番しなければならない事は自助の部分。
それも、家の中の色んなものが倒れてきそうなところに寝ないとか…
っていう話になって大笑い。

年に1、2回しか顔を出さなくても歓迎してくれる和やかな集まり。
終わった後は、時間のある人は〜、と久しぶりで近くの中華屋さんでお昼しながらおしゃべり。

午後は、マッサージのあと図書館でちょっと調べ物。
夕暮れがすっかり早くなった。


category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

いまどきの学祭 

 

IMG_3818.jpg

この春大学生になった孫が、初めての学祭でVを演奏するというので聴きに行った。
キャンパスのあるところは、ずっと昔学生時代にほんの一寸の間住んでたことのある街。
住んでいた期間は短かったし、忙しかった学生時代の街の様子など思い出しようもないのだが、
駅前の、当時は目立っていた商店街は今や周囲に埋もれている。

その頃は勿論この辺りに大学など一つもなかったのに、今は3つも並んでいる。
広い公園もあったりして、綺麗に整備されたこれほど広い土地には、
一体あの頃何があったんだろう?と思ってしまう。

IMG_3817.jpg

学祭名物の模擬店も、小綺麗で、
メニューももつ焼きとかシューアイスの天ぷらとか、
様変わりに今更ビックリ

IMG_3814.jpg

校舎の内部はオフィスビルのよう。
教室覗けばPCがびっしり。
グラフィックの教室には勿論Mac。
娘と、スゴイね〜、と言いながら見て歩く。

IMG_3813.jpg

幼児教育コースの出し物には親子連れがいっぱい。

周辺のビルには綺麗な飲食店がいっぱい入っていたり、
おしゃれなスポーツ用品の大きな店舗など、
麻雀、パチンコといった昔の学生街のなどは気配もない。




category: お出かけ

tb: --   cm: 0

△top