FC2ブログ

今年はベト6「田園」

IMG_3724.jpg

たまたま家にヴァイオリンがあったことから、
孫のHaは幼稚園の頃から音楽教室に通い始めた。
特に熱心にお稽古するでもなく、さりとて嫌いになるわけでもなく…

大学受験になって、進路の都合からヴァイオリンを休んで、
新たにピアノのレッスンを受け、大学に入った今もそのままピアノを続けている。

この音楽教室には、ありとあらゆる種類の楽器、声楽のクラスが、
いったいいくつあるやら…
秋にはアンサンブルの、春にはソロの発表会が行われている。

IMG_3725.jpg

Vのレッスンは休んでいるものの、オケは楽しかろうと、参加。
800くらいは入るだろうホールで聴衆は…まばら。
でもいいのだ!

日頃顔をあわせることもない老若男女が50人近くも集まって、
心を一つにして作り上げる楽しみ。
聴きにに行く方も、何の評価をするつもりもなく楽しむ。



スポンサーサイト

久しぶりの目白

IMG_3714.jpg

最近行動半径がどんどん狭くなっている。
我が家の周辺は、坂が多いので電動アシスト付き自転車が1番重宝なのだが、
喘息治療の薬の副作用で、一時的に筋力が落ちてフラフラした記憶から、
怖くなってやめてしまった。
さらには地下鉄やバスのシルバーパスが便利になって、目白が遠のいた。

それが、キーンベック病と左手バネ指の手術でお世話になった手外科のT先生が、
目白の病院に週1でいらしていると聞いて、今日の15:00の予約を入れた。

1年近く前に今度は右手中指がバネ指になって、二回は注射で凌いだけれど、
2度目の時に、次はT先生のところに行ったほうがいいよと言われたのだ。

前回と違って今度は利き手なので、何日かは使えなくなることを考えながら、
手術の日程を決めるつもりで行ったのだけれど、
もう一回注射して様子見ようということになり、手術は先送り。


喘息発作のためステロイド飲み始めて今日が最終日。
効き目は確かで日毎に楽になってきて、タクシーも使わず行ってきた。
更には、帰りは目白通りをブラブラ。

昔からあるお店、籐家具とか表具屋さん畳屋さんなどが、
綺麗になってまだ健在で嬉しかったり、
サーティーワンがなくなってたり、
中華の揚子江が駅からだいぶ遠くに移っていたり、
いくつかの様変わりにはキョロキョロ。

IMG_3718.jpg

前を通ればつい入ってみたくなる「エーグルドゥース」
今日は焼き菓子とマカロンと



幼稚園の運動会

運動会5

私の子供たちが通ってた頃から、体育の日は幼稚園の運動会でした。
半世紀もの間、毎年この日はお隣の学校の広いグランドをお借りして…
でもいつの間にか、体育の日は10月10日ではなくなってしまいました。

10月10日というのは、東京オリンピックの開会式の日であり、
当時は確か、晴天率の高い時期として選ばれた日程でした。
確かに、子供たちが放った色とりどりの風船が、いつも真っ青な空に、
いつまでも綺麗に点のように見えるようになるまで見送ったものでした。

このところの連休は、毎回台風に見舞われていましたから、
雨も降らず、気温も暑いほどではなく、恵まれた日ではあったのですが、
なんとかこの風船を飛ばす時には、青空が出て欲しいなんて妄想してたのです

運動会4 運動会3 運動会1

年中組は玉入れ、年長組はお父さんを馬にしての運動会の花、騎馬戦と、
パラバルーン、障害物リレーで会場を沸かします。
お弁当なしの午前中だけのプログラムですが、十分楽しませてくれます。


このチビ孫(4歳)の運動会見たさに、昨日からステロイド25mg投入したのだけれど、
午前中はまだパワー出ず、それでも後半だけ見てきた。
帰って一眠りして夕方になってやっと体軽くなる。

買い物行ってお夕飯作って、家族とTV『極鬼』で夢中になってたら、
声が怪しくなり、慌てて退散。
主治医のいつもの指示通り、五日は飲まないとダメかも…(自嘲)


「燃えひろがる荒野」シアターΧ

IMG_3686.jpg

最近知り合った人が舞台に立つというので、
ほ~んとに久しぶりに、所謂演劇を観に行った。
地下鉄から乗り換えで地上に出てきたら、かなりの降り人っててちょっとびっくり。

体調がイマイチだったので、友達に一緒にと誘われたのをお断りして、
1人で開演時間ギリギリのつもりだったのに、駅を反対側に出てしまってすでに開演してた。
いつ咳き込むか分からないし、辛くなったら直ぐ出られるように、
入り口に一番近い席に着いた。

stage_76325.jpg

母の影響もあって、昔からいろいろな舞台を観てきた。
中でも、文学座、俳優座、民藝などの所謂新劇に若い頃は関心があった。

そして、娘たちが高校生だった頃は、宝塚と第三舞台やらSETなどに付き合わされて、
最早新劇を見る機会はなくなっていった。

そこに今回のお誘い。
船戸与一の大河小説とも言える長~い歴史小説を劇化した、三部作の第二部だそう。

舞台は、満州と日本を行ったり来たり。
舞台全体は殆んど暗く、人物だけに照明が当てられて、
各場面の説明が、背景に文字が投影されることで表示される。

そんな技法は、今の時代のものだが,
演出、演技などは半世紀前の演劇と変わってないように思った。

3部作とはいえ、原作の小説は12巻もあるというではないか。
ストーリーを追うだけで精一杯。
やたらバンバン打ち合う場面は、大衆演劇みたいで、
昔の重厚さを感じられなかったのが残念と思うのは私の郷愁か。

原作12巻を読み通せる自信はないから、
ダイジェスト版と思って続きを上演お際は観に来るかも…



定期受診&発作

図書館で音訳校正をなんとか終割らせてからタクシーに飛び乗る。
運転手さんに道順支持しながら、音訳者に校正終わったとメール入れる。

IMG_3684.jpg

病院に着くと、まず注射のための問診がある。
診察室から顔を出した先生に、

ちょっと風邪引いたみたいで辛いんですけど…

そんな時こそ打っておいた方が良い、と先生。

今度の注射は痛いからな〜、と内心引き気味な私。

待つことしばしで先に診察に呼ばれる。

なんか体が熱っぽい気がするし、だるい。
ピークフロー吹いたら、低すぎるからもう一回吹いてって。

朝は300行ってるのに〜

処置室で注射とネブライザーしてもう一度診察ね。
痛いのは、注射液がきっと冷たかったんだよ。
いま室温に戻してるから…

注射とネブライザー済ませて診察室に戻ったら、

声で出てるじゃん。

ああ、そういえば体もちょっと軽い感じ。
聴診器当てて、

音消えた。

鳴ってました?と私。

うっすらね。

無音喘息なんて呼ぶ人もいる。

一般には喘息といえば咳がひどいとか、
すぐゼーゼーヒューヒューするとか思われている。
自分では分からない気管支の音が呼吸器内科の先生は聴き取る。

前にもあったな〜こんなこと。
風邪ひいちゃいました〜、って行ったら、

風邪じゃないよ発作だよ‼️

黄色い痰が出るから、いつもの薬に抗生剤のクラビット足して…

30日もいらないな。

そ~んなにいりませんよ~(すぐ治るつもりの私)

じゃ10日分ね。3日くらいで治っちゃいそうだね。

ネブライザーして少し楽になった気がする。
注射はこの前ほど痛く感じなかった。
看護師さんが慣れたのか、こっちが慣れたのか…

会計がいつになく混んでいて、薬はなんと120分待ちですって。
院外処方も面倒だし、遅いお昼食べて、
ボ〜ッと字幕放送のテレビを見て待つ。




南部鉄瓶

IMG_3272.jpg

この夏の猛暑に、水飲めコールがすごかった。
だから、常にペットボトルを持ち歩いていたのだけれど、
冷たいうちはいいけれど、やがて常温になると、これが美味しくない。

いろんな銘柄試してみるがどれも飽きる。
そこで眠っていた鉄瓶出して、朝1番に沸かしてみた。

沸騰したら蓋を取って5分間そのまま。
火を止めたらすぐにガラスのポットに入れ替えて冷ます。
人肌の白湯で飲んでもよし、冷やしても美味しい。

猛暑の去った今も、常温のまま小さな水筒に入れて持ち歩いている。



台風が去って

IMG_3681.jpg

チャーミーなんて可愛げな名前をもらった台風24号でしたが、
結構な暴れぶりでした。

昨日は、早くから、電車止めるぞアナウンスが盛んだったので、
早めに買い物に出たのだけれど、お店も間も無く閉店を連呼してた。
その割には静かだな〜と思っていたのだけれど、
夜中になってビュービュー吹き荒れ、家は揺れるし、
外では何かが転がる音が騒がしい。

朝起きてどんなことになっているかと思えば、
霊園の中の木も街路樹も、小枝が落ちた程度で、
路上も、こんな程度の散らかりで済んでいる。

今日から新しい期に入る朗読セミナーは、
土曜日に早々と休講の連絡があった。
午後は歯医者。

嵐の翌日は暑いと昔から言われていたけれど、
この夏の35度超というわけではない。
それでも湿度が高いからちょっと辛い。



鈴木邸〜秋の探書会

鈴木邸1

今年何度目かの大型台風が接近中という中、
久しぶりに鈴木邸(登録文化財)の探書会に行った。
いつも、珍しい本を眺めるだけで買うことは滅多にない。
美味しいお菓子やお弁当を楽しみ、
この家のご当主の本の最新情報、出版界の四方山話が楽しみで出かける。

鈴木邸4 鈴木邸3 鈴木邸2

今日の話題は、このところ世間を騒がしている雑誌「新潮45」の問題。
たまたまご当主の元勤務先のことでもあり、
報道されていることで腑に落ちないことなど聞きたいと思った。
ご当主の方は、当然のことと後輩諸氏から事情を集めて準備しており、
ざっくばらんにお話くださり、いろいろ納得できるものであった。

鈴木邸5

今日のお昼は、出店している市内レストランの煮込みハンバーグ。

1泊して、明日は友人のコンサートを除いて帰るつもりだったのだけれど、
いよいよ台風が危なそうな気配。
明日は新幹線が止丸かも、ってことで、友人の息子さんの車に便乗して帰京。



お墓詣り



最近は何やら連休ばかりで、一体何のお休みなのか?あまり考えないで休んでいる。
今日は三連休の中日というだけで、気候も良くなったから久々にお墓詣りに行こうと、
家を出て、霊園の周りに人が多いのに気がつき、あゝ、お彼岸のお中日だったと気がつく。

母の命日が猛暑の最中なので、涼しくなってからと思って…

ところが、行楽のシーズンでもあり、電車は混雑する。
あえて、遅めに出れば帰りが混む。

駅降りて、タクシー乗り場を見るといつになく大勢待っている。
ウィークデーに来た方が良かったかな?と横目に見ながらまずお花を買って戻ってきたら、
同年輩のお花をたくさん抱えた人が1人になっていた。
やはりお墓まいりの方かしら?と思って並んだら、
どちらへ?と声をかけてくれた。
偶然同じ霊園と分かって、なかなか来ないタクシー、
一緒に乗ることになった。

話してみれば、お互い知ってる神父さんやら知人がいて、
ほんのちょっとの間の会話が楽しかった。

帰りの電車は、やはり行楽帰りの家族連れで混んで賑やかだった。



「没後50年藤田嗣治展」

IMG_3647.jpg

どうやらPCの進化に追いついていけない状況になっているようだ。
OSのバージョンアップをした後のちょっとした変化とかがとても億劫だったり、
昔作ったままのパスワードを”変えろ”といってきているのを無視してたら、
ログインできなくなってしまったり…

それだけではもちろん無い。
長い時間待たされるのが耐えられなくて、美術館も遠のく。
上野で開催中の「没後50年藤田嗣治展」も実は、もういいやと思っていた。
もう散々見たんだし…と。

ところが夏に行った東北旅行で秋田県立新美術館に寄り、
そこで藤田の壁画などのコレクションを観て、行ってみようかという気になって、
実は一昨日も出かけたのだが、上野駅構内のチケット売り場に90分待ちとの表示。
再び萎えて、会期も終わり近いしと、毎日こんなですか?と訊いてみる。
いいえ、今日はシルバーデイなのでと言う。
じゃあ、と雨の中今日出直し。



藤田嗣治3

実はこの図録は半世紀前の追悼展のとき求めたもの。
あの頃は、美術展ばかりか映画や演劇、音楽会、
行けば必ずパンフレットを買っていた。
とにかくとにかくいろいろ知りたかったのだと思う。
いつの頃からか、もういいや、と買わなくなった。

藤田嗣治展4

溜まったパンフレットもいつの間にかあらかた処分しているのだが、
これは、奥付に並んだ名前も懐かしく残してあったのかもしれない。


藤田嗣治展1

何故か今回はしりあがり寿氏が闖入している。
面識はないが、彼は高校の後輩らしい。
東日本大震災の後の活動なども耳に入ってきているので、敬意を払っておかなくちゃ。


藤田嗣治展2 (1)

美術展のグッズも最近はせいぜいクリアファイル1枚くらいしか買わないのに、
今回はつい、あれもこれも…
きっと処分できないだろう缶に入ったチョコレートまで買ってしまった。

そして、久々にポーラ美術館にも行ってみようかな、なんて思いながら帰ってきた。



プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム