噴水のない噴水広場

IMG_8477sunshine.jpg

サンシャインの噴水広場のクリスマス飾り。
今噴水は工事中なのだそうで、噴水のない噴水広場。
それでも女子高生たちが入れ替わり立ち替わり写真を撮る。

このサンシャインシティが巣鴨プリズンの跡に出来てから、
もう40年近くなるのに、60階建てのオフィス棟も満杯だと言うし、
ショッピングモールも入れ替わりはあっても殆ど空きはない。

洗面所など、細かい改装をマメにしているから、
そんな古いという感じはしなくて、イベントも多いので、
若い学生や小さな子どもを連れた人などでいつも賑わっている。

これからしばらくは賑わい過ぎるだろうから、
近づかないようにしようと思うのだが、
ちょっとした用足しには結構便利に利用している。


スポンサーサイト

"happiness is a choice."

YouTubeの「HAPPY 福島版」というのが話題になっている。



製作者の熊坂仁美さんは、
「美味しんぼ」の問題がきっかけで作ったという。

この熊坂さんという方、NHKの「趣味Do楽」という番組で、
IT初心者に優しく指導されているのを、チラッと見たことがある。
こういう素敵な若い人を見ると、
政府は絶望的だけど、日本もまだまだ捨てたもんじゃないと、
私はhappyになれる。

映像だけでなく、世界中からそこに寄せられたコメントも、
是非多くの方に見て欲しいと思う。
タイトルに持ってきた言葉は、その1つだ。

ありがとう小林カツ代さん

料理研究家の小林カツ代さんが召された。

IMG_3890libro.jpg

手許に、30年ほど前の古い本が1冊ある。
小林さんと、栄養学の長澤千佐子さんが主宰していた
「まゆの会」の極々1部の記録である。

「まゆの会」は1978年4月に始まったとのことだが、
私が参加したのが一体いつ頃だったのか、
そしてどのくらいの期間通ったのか、情けないことに覚えていない(^^ゞ

たまたま会場が区の施設だったので、多分区報に載ってたかして行ってみたんだと思う。
月2回開催され、一回500円で誰でも参加できた。
当時未だ珍しかった託児付きだったような気がするが、
我が家はもうみんな学校に行ってたから利用したことはない。

とにかく、実にバラエティに富んだ講師のお話を次々に聴かせて貰った。
講師には、すでにメディアでよく見る方も多かったが、
身近でお話を聞くと印象も随分違ったものだし、
少人数の場でなければ聞けない話もあった。

幸田弘子さんの朗読、
女性詩人の歌を作曲している吉岡しげ美さんの弾き語りも聴かせて貰った。
ハーブの花束を抱えて登場した広田靚子さんは全員にミントの苗のお土産。
優しいお花と対照的に、広田さんの手がお百姓さんのように、
日焼けして逞しかったのが印象的だった。
チャリティバザーをやったこともあった。

この「まゆの会」が何時終焉を迎えたのか、これも記憶にない。
おそらく私も忙しくなって、何時しか足が遠退いたのだと思う。
でも、此処で見聞きしたことが、
その後の私の生活をどれほど豊かにしたか測り知れない。

お料理の弟子ではなかったけれど、感謝で一杯だ。

最後にお目にかかったのは、バリバリで活躍中の2004年。
龍野めぐみさんのリサイタル会場草月ホールのロビーだった。
シャンソンのレッスンを受けているのだという話だった。

その折、本が次々出るから私、買い切れないというと、
「私のは買わないでいいから、息子の本買ってやって!」と言われた。

その息子のケンタロウさんも、2年前のバイク事故から未だ復帰されてない。
カツ代さんには知らされてなかったそうだが、
ご家族のご苦労は想像にあまりある。

心からご冥福を祈るばかりです。



また、やっちまった(T_T)

IMG_2019yaezaura.jpg

なんてことだ!
復活祭も過ぎて、季候も良くなって、
東京の桜はお終いだけど、ちょっと足を伸ばせば、
まだまだお花見も出来るのに・・・
そうそう、近くでも八重や御衣黄は未だ間に合う。

なのに。。。

なのに。。。

紫色に腫れ上がった、足の親指。。。

図書館のあるビルの駐輪場から出たところで、突然の突風。
ヤバイと思って停まったところでバランスを崩し倒れた!
後ろ籠に乗ってた物が散らばってしまったが、
通りがかりの人が手伝ってくれて速やかに回収。
別に痛いところがあるわけでなし・・・

ところが、夕飯の支度をしているうちに、
何だかだんだん右足の親指が痛くなってくる。
靴下を脱いで左右比べて見ると、何だか腫れてるよ。

「アイシング!アイシング!とにかくアイシング!」

と娘が叫ぶので、バケツに氷水を入れて、
足を、なるべく親指だけ浸かるように突っ込んで数分我慢。
その後モーラステープを貼っておいたが、
ご飯食べてるうちにじんじん痛くなってくるし、
指はとんでもない大きさになっている。

「折れてるかもしれないから、病院行った方がいいんじゃない」

家中で言うから、近くの病院に電話したら、
整形の当直がいないからと、紹介機関の電話を教えてくれた。

「そんなら、いつものJ大行けばいいじゃん」

「でもあそこは、電子カルテだから呼吸器の先生にもばれちゃうし、
総合診の先生なんか、ど〜したの〜?って心配されちゃいそうだし・・・」

とはいえ、初めての病院だと、持病の事やら処方されている薬のことなど、
いろいろ訊かれる面倒を考えると、やっぱりとJ大に行くことにした。

ミニで、送ってこうかと娘がいうのをタクシ拾うからと断って家を出たら、
直ぐのところに、客を降ろしたばかりなのか空車がいた。
ところが、このタクシ、どうやら迷い込んだらしく、
道がさっぱり分っていない。
幹線道路に出てからも、

「次の信号曲がっていいですね」
「まだまだ」

「ここ突っ切っていいですね」
「違う違う、左に曲がって下さい」

整形に行くんだからいいけど、呼吸器だったら喋るのも辛いのに、困るわ。

最後には、救急の入り口見つけられなくて病院の周りをウロウロ。
ナビもよく読めてないみたいな上に、
周囲の標識も見る余裕ないみたい。
一方通行じゃないの?といってるとこ入って、
暫くしてから、ここ一方通行だからって、
こっちの言うことも訊く余裕なくなったか・・・
やっと救急車の止まっている入り口見つけて、
さすがに、料金の端数をおまけしてくれたが、
道の混んでる時間だったら怖かった。

レントゲン撮って、折れてないこと確認。
ヒビが入っているかもしれないが、それは未だ分からない。
とりあえず痛み止めと湿布貰って帰って来た。

1日経って痛みは退いてきたような気がするが、内出血が酷く、
どす黒いような紫色に腫れているし、歩けばやっぱり痛い。

朝のTVで吉野山の桜が、下から上まで一度に咲いてるという。
あ〜、行って見たいと思うけど、ダメだわとても。
三春も、花見山も。。。。。。


有言実行せねばσ(^_^;



生来の怠け癖に、この猛暑が手伝って、
1日延ばしにしてきたことも少しずつ片付けて、
やっと、預かっている録音図書の校正に取りかかった。

倒してページ数の多い物でもなく、
しかも、写真が大量に挿入されているので、
すぐ終わるだろうと高を括っていたのは、罠だった。

IMG_1614sushi.jpg

ページをめくるごとにうっとり眺め、
こんな風にしっかり下ごしらえしたタネを握る店は、
少なくなったな〜と思い、
この本の店も、お昼なら予約もいらないらしいし・・・
いやいや、去年近くに出来た店が、
しっかりした物食べさせてくれるからあそこでもいいか・・・
など、邪念ばかりでちっとも進まない。

そんなところに、また次の校正依頼来ちゃって、
自分の録音も、まだ2ファイルくらい残したままで・・・
気合い入れなきゃ!

とブログに書いてみる。
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム