深夜の訪問者…老婆心

IMG_1908.jpg

再び熱中症にご注意の日が戻ってきた。
昨日の朝、娘2号が私の部屋を覗いて、
「私たちこれからディズニー行くから」という。

この暑いのに大丈夫?といえば、
シーの方に行くから暑さは逃れられるという。
帰りの時間を聞けば、9時には向こうを出るつもりと言ってた。

じゃあ帰宅は10時頃だな、と待っていたのに帰ってこない。
3歳の子を連れているのにと気を揉んで、
我慢しきれず11時半を回ったところでメールしたら、
最寄の駅に着いたとこだという。

大きなお供を連れて帰ってきた。
3歳になって、アトラクションも乗れるものが増えて、
あれもこれもで帰れなかったという。

変な気候で、プールも出せなくて持て余していた夏休みも、
やっと終わりが見えてきた。

スポンサーサイト

暑い最中に忘れ物を届ける

IMG_1547.jpg

気管支炎以来、何回も録音室をキャンセルしてしまっている。
今日は、午前午後と2コマとってあるし、
もうそろそろ出来そうな気がしてきたので図書館に行こうと、
支度しているところに夫から電話。

午後出張に行くそのチケットを会社まで届けろという。
え〜っ!せっかく録音室とってあるのに…

あ〜だこ〜だで、午後の新幹線に間に合う時間に、
会社最寄駅に届けることになった。

結局、録音を早く切り上げなくてはならなかったのだが、
やはり、だんだん痰が絡むようになってきて、
おまけに久しぶりなので疲れてくるしで、助かったような。

IMG_1548.jpg

駅について電話したが、向こうはまだ会社を出てないようだった。
こりゃ待たされるなと思い、この暑さで外にいたら熱中症になると、
カフェを探したが見当たらず、駅ビル内の小さな店をウロウロ。

IMG_1594.jpg

そして、ピアス2個を衝動買い。
お届けお駄賃?いや罰金としたいところだけれど、それにはあまりに安過ぎ。

ま、いっか〜


今年も焼津グランドホテルで

IMG_1398_201706130522568c9.jpg

毎年1回恒例のいとこ会で、今年もこの8〜9日に焼津に集合。
いとこと言っても、それは亡母のいとこたちの集まりで、
私はその1世代下のわけだが、年代があまり違わなかったりで、
子供の頃から行き来して遊んでいた。

気がつけば、おじいさんおばあさんになっても〇〇ちゃんたちであり、
そのお連れ合いたちは△△さんとお互い自然に呼び合って、
いったいいつから始まったのか、誰もわからない。

母のいとこの最高齢は、間もなく98歳になり、
さすがに2年ほど前からは出てこなくなったが、
その次の96歳、94歳、私のようないとこの子世代まで、
今年も少なくなったとはいえ19名の出席。

今年が最後かな〜、と思って出かけたのだけど、
来年も、この同じ会場焼津グランドホテルで、
同じ時期にって、ちゃんと幹事役も名乗り出て、
まだまだみんな元気で、続くらしい。


そもそもの始まりは…

来年大学受験のチビネエが、ヴァイオリンを休んで、
急遽ピアノのレッスンを受けることになった。
そして、いつも発表会で伴奏をしていただく先生と、
さっさとレッスンの段取りをつけてきた。

IMG_1006.jpg

さて、我が家の子供達がお稽古していた頃のピアノは、
最初の火事で思いっきり水をかぶりオシャカ。
その頃はもう誰もレッスンを受けていたわけではなかったので、
PCに繋げたりして色々遊べる電子ピアノに買い換えてしまった。

その後、クラシック音楽のプロデューサーをしていた
一人暮らしの叔母が亡くなり、
いとこたちが集まって遺品の整理をした折、
アップライトを我が家で引き取ることになった。

ミッコバのピアノが我が家に来て、2台になったわけだが、
相変わらず滅多に弾く人もなくほとんど放置され、
やがて上には物が積まれ、ピアノを置いた部屋には、
緊急避難のはずだった次女一家の荷物がうず高く押し込まれ・・・


初めてのレッスンで、ハノンとブルグミュラ−25番を持ち帰ったチビネエ、
早速ピアノを弾いてみたが、どうしても許せない音があるという。
無理もない早急に調律を頼まなくてはならない。

上に乗っていた物を取り敢えず下ろし蓋を開け、
中のポケットから調律師さんの名刺を取り出す。
何しろ、前回いつお願いしたかも記憶になく、
まだお仕事続けられているかどうかもわからず、
とにかく所属会社に電話したら、後ほど本人から連絡させるとのこと。
そして、火曜日の午後来ていただくことに決まった。

しかし、部屋は納戸状態というか荷物がいっぱいで、
辛うじてピアノに向かうスペースはあるというものの、
調律師さんが道具を広げて作業するスペースはない。

「いつか片付ける」

そのいつかの時が来たと、ムコ殿立ち上がった。
まずは部屋の中のものを一旦部屋の外に出すと、
廊下や玄関にどんどん積み上げて、人一人通るのがやっとの有様。
そして家の外には、ゴミ袋が積み上がっていく。

IMG_1004.jpg

長い独身時代に集めた諸々。
3歳の娘に追い回される今、いじってる暇はない。
その潔さには、娘も目を瞠っていた。



どうしましょう!

寿司

都内でもちょっと離れていてめったに会う事のなる孫3姉妹が、
珍しく夕方揃って来るというではありませんか。
彼女たちにも懐かしい地元のお寿司でもと出前を頼むことになりました。

お寿司屋さんは3が日は出前のみで、しかも6時までとのことです。
配達は最後でいいからと、電話しました。

ところが、3人のうちの2人がちょっと体調悪いので、
日を改めて行くことにしますとのメールが来たのは5時過ぎ。
キャンセルできる時間ではありません。

次女たちがいないので、残る5人で頑張るしかありません。
みんなお寿司は大好きなので、存分に食べられます。
でも、さすがに残りました。
実は、もう1桶巻物もあったのです。




プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム