映画「ラスト・タンゴ」

シネ・ギャラリー

最近は、用事があって静岡に行く時、
時間があれば、上映中の映画をチェックする。
こちらで見逃した映画に出会うことが結構あるのだ。

IMG_0018 (1)

今回も、渋谷の文化村で上映している「ラスト・タンゴ」を
シネ・ギャラリーで見てきた。

まだ文化村でもやっているかもしれないが、
すっかり渋谷嫌いになってる私。
人混み抜けて文化村は遠い。
お寺さんの経営というシネ・ギャラリーはその点駅に近く、
いつかなんか、新幹線で着いたその足で行ったこともあった。

50年近く踊り続けた伝説のダンスペア。
コンビを解消してからは顔を合わすことも避けててというが、
後継者のために苦悩と情熱を語っているドキュメンタリー。

全編に流れるタンゴの名曲と、様々な表情を見せるダンス。
言葉を借りなくても、その時の心情まで表現してしまう。

製作総指揮は「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」の監督。


スポンサーサイト

通院の帰りに映画

IMG_9283.jpg

呼吸器内科、眼科、手の外科と3日連続の通院。
呼吸器内科は定期受診、
眼科は眼鏡がどうも合ってないんじゃないかと思い行ったのだけれど、
それは2つの眼鏡の使い分けでなんとかなりそう。
それより、右目の眼圧が上がってたて薬使うかどうかというところだと言う。

それが、最初の機械での検査では、左の方が高かったのに、
診察の時の機械だと右が高いのだそうだ。
それで眼底の検査したら、やっぱり心配だからと更に視野検査。

案の定、視野にも怪しい部分があるらしい。
う〜ん、と先生考えて、今回薬はやめとくけれど、
半年後位にまた来て、ということになった。

そして今日の手の外科は術後1か月の診察。

まだ腫れてる?
あと1か月だね。
じゃ、これで終わり。

あっという間に終わったので、池袋に戻って映画を見た。

IMG_9285.jpg

時間ギリギリだったが、本篇始まってますか?
と訊いたらあと1分というので入った。
客席ガラガラだったから数えたら、12人しかいなかった。

寅さんは好きだったけど、山田洋次監督の他の作品は殆ど見てない。
近頃は、映画を見で泣いたり、考え込んだりは真っ平だから、
年に2,3本観るかどうか。

今年は先月に「ベトナムの風に吹かれて」を、
監督&出演者舞台挨拶付き、なんてのを見ちゃったからもう2本目。
見たい映画がたくさん来るといいな。

1000円になったら、毎月何本も見られると思ってたのに、
あんまり見たいと思う映画はそうそうない。
今日のもあまり期待してなかったけど、
深刻にならず単純に描いていたから助かった。



「駆け込み女と駆け出し男」

ごたごたしている間に、もとっくに終わっていると思い、
またまた見逃してと思っていた映画を、
有楽町で1館だけ遣っていることが分かって見てきた。

200kakekomi.jpg

原作は井上ひさしの「東慶寺花だより
去年、歌舞伎の新作で見て、染五郎が想像以上にはまり役と思った。
だから、映画の大泉洋ってのがどうも?ではあったのだが・・・

取り敢えず長台詞もこなして、時々、”あ、洋ちゃん”てとこもあったけど、
周りの芸達者にも助けられて面白く見ることが出来た。
ご用宿の主人が女というのはちょっと戴けなかったけど。

そこがシルバー1100円の映画だからと納得させてしまう自分。
映画は面白いだけで良いとますます思うようになっている。
映画の広告に「絶対泣けます」なんてあるのを見ると、
不思議というか不可解でしかたない。

涼しくなったら久しぶりに鎌倉に行ってみようか。
あそこも此処もと思うと、人混みもイヤだし億劫だけど、
東慶寺だけのつもりで行ってみようか。。。

「まほろ駅前狂騒曲」

IMG_6241reien.jpg

この前「小野寺の弟・・・」とどっちを見ようかと迷って、
多分「まほろ」の方が、上映期間が長いだろうと踏んで、
それでもあまり日をおかずに見に行くつもりだったが・・・

200mahoro.jpg

同じ新宿ピカデリーでは、もう遅い時間しか上映してないことが分かって焦った。
しかし、サイトから近くの池袋のシネ・リーブルで昼間見られることが分かり、
な〜んだと思って行ってきた。

IMG_6246eiga.jpg

この館は、以前〜シルバーというと証明書を要求された頃〜
には私の見たい映画をよくやっていて、何度も行ったことがあるのだが、
いつの頃からか、若い人の喜びそうな物ばかりになって足が遠退いた。

例えば今回も、一番のウリは「黒執事」なんてタイトルの映画のようで、
ポスターが一番目立つように貼られていた。
どんな話なのか?誰が出演しているのか?全く分からない。

本編上映前に長々見せてくれる予告編も、いつもは、
あ、これも見たいこれも面白そう!
と思うのに、今回は、そういう物は1つもなかった。

三浦しをんのこのシリーズ、1作目は本を読んでから見た。
2作目は、本を読んだけど、映画にはならず、テレビドラマだったから見てない。
さて今度は、本はまだ文庫化されてないし、電子版もまだ高いので未読。

どっちが先の方がいいのかなんてケースバイケースだけど、
主演の二人の汚らしいコンビが本のイメージにあってて、
気に入ってるのだから、この際どうでもいい。

原作もいつか読もうと思ってる。
三浦しをんは「舟を編む」以来、文庫や電子版で読み続けている。
’70年代の作家はいろいろ面白い。
この間読んでた柚木麻子ら、’80年代はまだまだという感じがする。


「大いなる沈黙へ」

IMG_6085fuji.jpg

ほったらかしで気になっていた静岡の家、
この前7月に行った時は、草ボーボーで、あちこちカビが生えてたり。
せめてひと月に1回は様子見に行こう、とその時は思ったのだけれど…

当番の雑誌録音も思ったより早く終わり17日の校正を待つだけになったので、
有形登録文化財に指定されてる友人宅のイベントもあることだしと、
家の者がごちゃごちゃ言うのを無視して出掛けた。

実は内緒だけど、もう一つどうしても今日行きたいわけがあった。
岩波ホールで上映中に見に行けなかった映画が、
静岡シネ・ギヤラリーで上映中でしかも今日が最終日だという。

IMG_6093cina.jpg

「大いなる沈黙へ」
フランスの古い修道院を描いた、3時間近いドキュメンタリー。
許可を貰うまで、16年間かかったという。
監督1人で撮影、セリフは勿論BGMも付けないという条件で実現した。

169分という時間、山の中の四季の移り変わりと、
鐘の音とグレゴリアンの聖歌と修道士たちの日常の生活音のみの世界。
画面に吸い寄せられるように黙想の世界に誘われたのだった。

私は、20年ほど前にスペインのマヨルカ島を訪れた際、
やはり山の中腹にある、小さな修道院で1泊2日の黙想を経験した。
黙想会と言われる集まりは日本の教会でもしばしば行われているが、
ほとんどが研修会のようなもので、
マヨルカ島での体験は全く別なものとして忘れられない。

この映画をどうしても見たいと思ったのも、
その時の記憶をもう一度呼び起こしたいからという気持ちがあったからだった。
スープとパンだけの食事、夜明けの鳥の声と木々の囁き、
あーおんなじだ~
思い出してるうちにそれは、以前の体験をなぞるものではなくなり、
全く新たな黙想に入ったように思う。

清貧の豊かさとでも言うのだろうか。
暖かいものに包まれたような感じになって外に出たら、
静岡とは思えないような冷たい風に震えた。

IMG_6090cine.jpg


プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム