あれから1週間

プレドニン20mg独断で投入3日目になっても,
ピークフロー値の下降が止まらない不安を抱えて、
定期受診13:30の予約だったけど早目に病院着。

いつものように定時前に診察が始まると、
看護師さんが注射の問診に呼びにきたので、
金曜日の38.7度の発熱以来の経過を話す。

サチュは95でいつもより低いもののセーフ。
が、下がったと思っていた熱が37.4度。
まず処置室でインフルエンザの検査。

結果が出るまで約一時間の間にX線を取りに行く。
診察に呼ばれて、どちらも異常なかったけれど、
ピークフロー値の急降下と発熱が…

取り敢えずプレドニンを25mgに増やして日曜日まで呑んで、
改善されなかったらまた来てね、点滴するから。
場合によっては入院ね。


横になれば咳き込むし、プレドニンとクラリスで気分悪いし、
ただひたすら1日過ぎるのを待つ。
そのうち薬疹が出始めてビックリ‼️

プレドニン?それともクラリス?と思ったが、
プレドニンとともに治った。
こんなこと初めて。
いつの間に抗体が出来てしまったのか?
今回はあまり食べられないでいたからか?

ともあれピークフロー値は少しずつ回復してるので、再診は回避する。


IMG_0984.jpg

今日は、娘Nの誕生日。
最近は、銘々が好みのケーキを頼んでくる。
今回はココア70%のアカグリア。
パティスリーマリアージュ高崎パティシエの人気作。
ベルギーで修業したパティスリーのチョコは文句なしに美味しい。


スポンサーサイト

美味しそうなのに食べられなかった

咳とくしゃみでお腹の皮が痛い。
カムバックの花粉症で顔が痒かったりむくんだ感じだったり、
頭は重く微熱も…と思っていたら金曜日の夜には38.7度まで上がってしまった。

翌朝には微熱に戻ったので、録音の修正に図書館にも行ったり。

AGIO (1) AGIO(2).jpg AGIO(3).jpg

そこへ宿六がお気に入りのAGIOに行きたいなどと言い出し、
昨夜は、みんなで出かけたものの、私は全く食欲なく、
奮発したトスカーナワイン舐めて、シーザーサラダつまんで、
春野菜のフリットにパスタの上のハマグリ1つ貰って…そこで限界。
先に帰って横になったら、まあ、久しぶりに喘鳴。

朝になるのを待ってプレドニゾロン20mg。
明後日には、呼吸器内科の定期受診なので、
それまでは大人しくしていよう。

ゾレア を止める

IMG_0326.jpg

風邪かな~?と思ってからひと月近くなるけど、
相変わらずすっきりしない。
近くのクリニックで出してもらった抗生物質も合わなかったのか、
ジェネリックだったからか効きが悪かったのか…
動けば息苦しいけど、発作という感じではないと思って、
プレドニンは飲んでいない。

風邪なんて、安静にしていれば薬なんか飲まなくても治るというし、
喘息だって、成人喘息の要因は、疲れとストレスと言われながら、
それが実行できなくて長引かせている。

呼吸器内科受診日の今日、先生相手にそんなことぐちぐち言ったのだけれど、
先生は、ピークフロー値が最近少しずつ下がっていることの方を気にして、
数ヶ月前から提案されてた新薬のヌーカラに変えようかと、
この際、ゾレアを止めることにした。

と言っても、今日の分は、もう溶かし始めちゃったので、
高い薬で、無駄にできないから次回からね。
と予約表に「ヌーカラ初回」と書き込まれた。

初めてゾレアを射ったのは、2011年5月11日だったから5年以上になる。
最初の日、射った後変調がないか確認のため1時間ほどは館内にいて、
外に出たら、嘘のように身体が楽になってて嬉しかったこと覚えている。

それからもう5年以上続けていたことになるが、
アレルギーの根本、抗原抗体反応を邪魔するという作用が効いてか、
夏、蚊に刺された時の痒さまでがまるで違ってここ数年楽だった。

子供の頃から、どこにいても誰といても、一人だけ蚊に好かれ、
時に、その痒さが数日続いたりするからみんなに呆れられていたのだが、
好酸球に作用するという今度のヌーカラになると、
それがまた蘇るのだろうか。

でも先生は、ゾレアを3年くらい続けると、
元に戻らなくなるという話もあるという。
それに期待して、QOLが少しでもよくなってくれればいいのだが。



定期受診日

IMG_0021.jpg

予約は珍しく午後イチで13:00〜13:30。
病院に着いたのは12:40位だったから、まだ午前の診察が終わってない。
13時ちょうどくらいに、まずゾレアの問診に呼ばれる。
そして診察に呼ばれたのは約40分後。
その間に2人入っていたから、20分/1人の勘定になる。

今月は、台風のラッシュだった割に、酷いことにならずに済んだ。
前回の受診の頃がむしろあまり良くなかったから、
発作時の吸入薬やら点鼻薬、念のためとプレドニンまで貰ったのに…

ピークフロー値は結構上下しているけど、幅は1割くらいで収まっている。
データよりも症状を優先の先生だけど、
10年以上も記録していると、バロメーターとして私自身が頼っている。

「台風一番苦手だったじゃない!」と先生もビックリだったし、
「台風ばっかり来てるから…」って、
看護師さんに訴えてる他の患者さんもいらしたのに、
私は不思議なくらい快調。



呼吸器内科定期受診

IMG_9557.jpg

今日の予約票によると、診察14:30、呼吸機能検査14:45となっている。
しかし、これまで診察時間は大幅に遅れるのが常だから、
今日はどっちに先に行ったらいいのだ

看護師さんに訊くと、ゾレアの問診だけ済ませて検査に行って!とのこと。
問診は、他の患者さんの交替の間にちょっと顔を出すだけなのだが、
診察室の扉はなかなか開かず診察中の人はなかなか出てこない。

やっと開いた時には検査の予約時間を10分以上も過ぎていたが、
検査室に行くと、すぐにNOに呼ばれた。
部屋に入ると、なんと検査器械が1種類増えている。
これまでは呼気だけだったが、吸気も同じようなことをする。

終わって今度は隣室でスパイロ。
久しぶりだったせいかなんだかこの検査だけで疲れた感じ。
なのに、呼吸器内科から連絡入って、血液検査に行くようにと。
その結果が出るまで、診察はさらに1時間遅れることになる。

IMG_8389.jpg

看護師さんに断って、遅〜いお昼を食べに行く。
友達にすすめられてハマっているここの野菜カレー。
GERDがあるので外でカレーを食べることはあまりないのだけれど、
このところ宿六の出張がなくてつくれないので、
久しぶりに食べたくなっていた。

この1ヶ月は自分でも快調と思っていたが、
検査結果でも聴診でも問題はなく、今の所薬の変更もなし。
血液検査の結果では、ゾレアを新薬にいつでも変えられるそうな。

どんな良薬も両刃の剣であれば、
同じものをあまりに長期に使わない方がいいということかもしれない。
喘息の診断を受けてから10年以上。
どれだけ改善されたか、毎日のPF値にはっきりと表れている。

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム