久しぶりに楽しんだTVドラマが終わった

IMG_2104.jpg

あっという間に1週間が経ってしまいます。
年をとると時の経つのが速いといいますが、
今やそれを感じる間もないほど早く過ぎていきます。

午後、図書館に行く前にTV「やすらぎの郷」を見ようと思ったら、
なんと最終回でした。
私とほぼ同じ世代の俳優さんたちが次々出てくるので、
久しぶりに嵌ってしまった楽しいドラマでした。

脚本は倉本聰さん、熟知した俳優さんを見事なあて書きで、
毎回とても楽しかったのです。
お昼の真っ只中の20分(民放なのでCMがあり正味15分)、
毎日見続けるなんて不可能と思っていたのですが、録画したり、
アプリのTVerで見たりして殆どの回を見ることができたと思います。

プロの役者さんとか歌手の方というのは、
見る人聞く人たちにどうやったら楽しんでもらえるか?
ということを常に考えているのだと聞いたことがあります。

最後の長い長いテロップ見て、
いったいどれだけの数の俳優さんが出てたのか…
見ている側は、あの人好きだ嫌いだと、勝手に評しますが、
経験豊富な俳優さんたちは、ほんのわずかなシーンも心に残ります。


録音中の図書は、あまりに多いイラストの説明文の作成が、
なかなかはかどらず、自己モニターしながら時間を食うばかり。
完成予定日をはるかに過ぎてしまっているのですが、
もう開き直ってボチボチです。
校正のために預かっている図書はあと2ファイルで終わるのですが、
来月は雑誌のお当番で、またなんだか気の急く日々です。



スポンサーサイト

大きなフライパンが届いた

フライパン

黄色とオレンジの2つのレミパンを結構長い間重宝にしてきたが、
さすがに古い方の黄色のテフロンハゲハゲになって焦げ付き、
処分したのは割と最近のこと。
1つ減ったからといって、特に不便とも思わなかったから、
代わりを買うなんてつもりはなかった。

ところが、お香典のお返しの分厚いカタログが届いて、
娘たちと一緒に何度もパラパラ見るのは結構楽しいが、
いつものことながら、あ〜だこ〜だでこれ欲しいというものがない。
結局28cmのおっきなフライパンならあってもいいかな〜
ということで頼んでみた。

近頃は、レミパン始め料理家とか料理研究家とかいう方々が、
いろいろアイデア出しているのであろう名前の付いた台所用品が出回っているが、
このフライパンにも「〇〇さんの」となってたが私は知らない名だった。
でも娘は「あ〜、彼氏ごはんの人!」という。

ブログ見ててもレシピ載せてる方が次々出版されてたり、
片付けだの収納だの、様々な家事の達人がいらっしゃる。
そのような方々が、いつの間にか本を出したりTVに出たり…

その昔、家事は仕事と認められたないような時代があった。
その頃、小林カツ代さんの主催する「まゆの会」という講演会で、
主婦の仕事はいつかお金になるという話を聞いた。
その講師の方のお名前も確かではないが、
とうとうそんな時代が来たんだと実感してしまう今日この頃。


IH の故障

IMG_2004.jpg

夜、星を見たいと思ってつけた高窓だったけど、
隣に迫ってアパートが出来てからは、
夜は早々とロールカーテンを降ろしてしまい、
朝の早い時間の空を見るのが楽しみになった。
綺麗な青い空も嬉しいが、雲のいろいろな表情も楽しみ。


台所からカチカチ音がするから行ってみたら、
電源入ってたから消してみたけど止まらないから、
もう1度スイッチ入れたら止まって、
3口あるうちの左にH14てエラーメッセージが出た。

一昨日、外出から戻ると娘が、そんなことを言う。
見た目はもちろんなんともない。
早速取説出してみるとH〇〇というメッセージは故障とあるだけ。
どういう故障なのかわからないし、他の2口は使えるのやら…
取説には2007年7月と書き込みしてあるので、ちょうど10年になる。

TOTOに電話をしてみるがメーカーは時間外なので、
連絡は明日になるという。
幸いお夕飯の用意はなんとかなるけど、明朝のお弁当は?
ホットプレートか古い電熱器を出すか?

いやいや、その前にちょっとググってみましょうと、
型番とH14で検索したら、体験談がいくつも出てきた。
それも何故か決まって左側の故障。
中には修理代は結構かかると聞いて残る2口で我慢という人も。
ともかく、2口は使って大丈夫らしいとわかっただけでヤレヤレ。

翌日朝一で電話が入ったが、混んでいるので修理は翌日になるという。
残る2口は使って大丈夫なら、焦ることはない。

IMG_2006.jpg

そして今日のお昼に修理の人が来た。
ヒューズは切れていないけど、なんらかの不具合があったことは確か。
あとは基盤交換しかないという。

近頃の家電は皆基盤に組み込まれているので、
それ以上のことはわからないらしく、基盤ごと取り替えるしかないのだ。
10年快適に使ってきたし、今の我が家の状態では3口必須だし…

費用の算出をし、現金は持たないことになっているのでカード決済でという。
そして、作業終了とカードのサインはタブレットにタッチペンで!
タッチペンなんて慣れてないので、トンデモナイ字になってしまった

アップルではいつも指で書いてるからそうしても良かったのかも?


お世話になります、また1年

IMG_1979.jpg

シルバーパスの更新月が来た。
これまでは区内の集会所の何箇所か日が決まってて、
そのどこかを選んで行ってたのだけれど、
今回は「5日区役所」と指定してきた。

近くて助かったと喜んで出かけたら、
あまりに混んでてびっくりした。
整理番号を渡されたのだけれど、
150人ほども待たなきゃなんないみたい。

隣県の人たちからよく羨ましがられるが、
このシルバーパスは本当にありがたい。
年間わずかな支払いで、都内を走るバスだけでなく、
都営地下鉄も無料なので、大助かり。

断って用事を済ませて30分ほどで戻ったら丁度だった。
ただ、こんなに活用されてるカード、デザインがね〜
もうちっとなんとかならないものかと…
毎年期待するのだけれど、これまでピンクだったのが緑になっただけ。

IMG_2021 (1)

最近のお役所は結構デザインにも気を配ってるようにも見えるけど、
「昭和の…」とか言われそうな図柄。
利用するのは高齢者だから?ということならちょっと残念。
とはいえ、有り難く大いに活用させていただきます


Jアラート

IMG_1932.jpg

朝はだいぶ凌ぎ易くなったものの、日中はまだまだ暑い。
このところ図書館の録音室が空き気味。
職員の交代やら、突然の長期欠席で、
音声図書の製作がペースダウンしていると思われる。

私の場合欠席職員の出待ち部分が残っているのだけれど、
今は録音室がが取れるうちにと自己モニターと資料整理。

今朝は、対象地域ではなかったこともあって、
Jアラートなど全く知らずTVをつけてびっくりした。
我が家のJKの学校では、さすがに随分話題になったらしく、
彼らの結論は、もっと被爆者の話を聞いておくべきだと。

過日「この世界の片隅に」を娘と見た帰り道ふと何気なく、
焼夷弾の中を母に背負われて逃げたおぼろげな体験を話したら、
その後、それが思いの外娘の心に残っていることを知った。

戦地に行ったというわけでもない私たちの世代。
幼児期の体験も1歳違えば随分記憶していることに差がある。
ささやかなエピソードも、少しずつ耳に入れば、
戦争を知らない世代には、身近に受け止めてもらえそうな気がする。

声高な反戦運動には違和感を感じる私だけど、
あの映画を見てはちょっと気持ちが変わったのかな〜と、
今になって思ったり。。。




プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム