今年は豊作?

P1000562.jpg

今年はレモンに花がいっぱいついてます。
7つ実の付いた若木を花屋の店で見つけてから数年。
買った翌年は全く音沙汰なく次の年は花は咲けども実はならず。
そして去年は11個もなって歓喜したのです。

生り年というものがあるとよく聞くので、
今年はどうでしょう?と心配してたのですが、
ともかく花はびっくりするくらい付いています。
さて、これが全部実になるとは思えず、
またこんなに沢山成ったら木が保たなかろうと心配したり…

IMG_3015.jpg

今のところ花びらが落ちた後の雌しべの元の方には、
緑色のレモンの赤ちゃんみたいなのが沢山出来ています。
自然淘汰されるのであればいいのですが、
人為的に減らさなくてはならないことになったら残念な気がします。

IMG_3014.jpg

そして今や古木の梅の木にも、びっしり実がついています。
梅仕事が大変ですが、娘2号が張り切っています。
今年は季節の廻りが速いので、慌ただしい気分です。



スポンサーサイト

レモンを収穫

IMG_2526.jpg
ずいぶん黄色くなってきたけれど、さて収穫時期がわからなくて…
もうよさそうにも思うけど…
巷には青いレモンも売っているけど…
収穫してから更に黄色く熟成するのかもしれない…
などと家族の間でいろいろ意見が出ていたけど、
この寒さ、というより冷たさと、日照り続きでしなびてくるんじゃないか⁉︎
そんな懸念が出てきたので、思い切って収穫した。
でも、穫ってみれば、またこれからもっと黄色くなったかもしれないと思うし…
いやいや、色よりも味ですよ!
と自分をなだめてみる。

レモンの採りごろは?

レモン (1)

レモンが少しずつ黄色くなってきて、楽しみなのだけれど、
道沿いにあるし、どんどん目立ってくるから、
盗られちゃうかもと密かな心配も出てきた。

でも、路地裏の抜け道は通る人も少ないし、
第一、我が家のJKが気がついてなくって、
「あれ〜っ、成らない木じゃなかったの〜」
なんて頓狂なこと言ってるくらいだから大丈夫かな〜?

それにしても獲り頃っていつなんだろう。
店先には、緑のレモンなんてものも出回っているけれど…


大寒波襲来とTVの天気予報で脅される割に寒くないな〜
と思っていたけれど、流石に水曜日からグッと冷たくなってきた。
気管支がキュッと締まる感じがして、それはたちまち声に来る。
丁度校正してもらった後の修正がもう少しで終わるというところなのに、
直した箇所の声が変わってしまうので苦労する。

自分ではそれほど変わってるつもりはなくても、
生の声が「わ〜っ、誰かと思った〜」なんて言われるほどらしい。
再校正で戻ってきた時もう1度直せばいいと、
とりあえず図書館の担当者に渡して、ちょっと一息。



今年もアザミが・・・

昨年、我が小庭に突然にアザミが1本生えた。
当初は、これってアザミ?と信じられなかった。
この辺りでは、霊園の中でさえ見ないのに何故?
しかしやがて花が咲き、確かにそれはアザミだった。

P1000159.jpg

そして今年は、その数十センチ離れたところ現れた。
これは昨年こぼれた種の一つかと思うが、すくすくと育ち、
葉を広げ道路に飛び出している。

うっかりそばを通れば痛くて仕方ないから、
極力近寄らないようにしていたら、
いつの間にか茎があまりに太くなっているので驚いた。
花が終わった後、果たして抜き取ることができるだろうか。。。

後ろに植えてあるカサブランカが、
いくつも蕾をつけているのに情けない姿である。
レモンの木も葉が茂るばかりで今年も実をつけそうもない。

P1000160.jpg

私の記憶の中のアザミは、山や田園風景の中に咲く、
なんとも可憐な野の花のはずなのに、この逞しさは…
などとごちゃごちゃ言いながらも、
花が咲くのを楽しみに、我が家のみんなが待っている。


カラスの奴め

ここ1ヶ月ほど快調で、気管支喘息もとうとう寛解?
なんて期待していたのだけれど、
梅雨前線が居座ったらそうはいかなかった。

家を出るなり、息苦しさよりもいきなりの胸痛に焦った。
それでも歯医者に着いて受付してるうちに治って、
一体あれはなんだったのだろう。。。

朝、お魚屋さんから「良いカツオが入ったよ〜」
と電話をもらったので、歯医者の前の八百屋さんで、
お薬味の小葱と茗荷を買ってから取りに行った。

家の前の路地に差し掛かった時、
いきなり2羽のカラスが低空飛行で飛び出してきたので、
手にぶら下げたカツオを取られるかと焦った。

無事2羽は飛び去ったが、まだカアカアと煩い声がする。
ゴミの出ている時間ではないし何事ぞと思ったら、
我が家のグミの木囲んで騒いでいた6、7羽が飛びたった。

IMG_9635.jpg

そして、たわわに下がっていたはずの真っ赤な実は、
ひとつ残らず食べ尽くされていた。
娘に話すと、ジャムにでもしようかと思っていたのに、
とひどく落胆。

その娘は、この春、サクランボの苗木を2鉢買ってきた。
花は咲いたが、まだ実はならなかった。
何年かしたら実をつけるかもしれないが、
その時までに、カラス対策をしっかり練っておかねばなるまい。

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム