話題の目白

IMG_8266kuyakusyo.jpg

朝の冷え込みが厳しくなって、ゴミ出しがちょっと辛いけど、空が綺麗で嬉しい。

宿六の入院などで、7月の雑誌当番を代わってもらったけど、
さて、次がいつだったか?
うっかり控えてなかったので確認と、新しい目白新聞を貰いに図書館に行った。

IMG_8268mejiro.jpg

今回は、再び白蓮さんと、放映中の朝ドラ広岡浅子さんの特集。
白蓮さんのお住まいも、広岡浅子さんの女子大も、
昔は、雑司が谷と呼ばれてた地なのだ。

帰りが一緒になった友だちと区役所の2階で中華ランチ。

「何でこんなに忙しいんだろう」とぼやくと、
すかさず、「こんなことやってるからよ〜」

今年に入って、サピエ図書館に上げた本の数が半端ないという。
デイジー編集という最終段階の作業にも携わっている彼女。
少しペース落とすわ、という。
私も、急がなくて良いと言われてるけど・・・

ホントは、暇をもてあましてる歳かも知れない。
旅行にお芝居に音楽に読書に昼寝、時々温泉。
そんなご隠居生活夢見てたんだけどな〜


スポンサーサイト

柳原白蓮登場とは!

IMG_4636byakuren.jpg

何とも美しいこの女性は、大正3美人の1人と言われ、
歌人で、大スキャンダルの主人公で、社会活動家である柳原白蓮

TVの連続ドラマなど、見続ける根気の無い私が、
たまたま見た今日の「花子とアン」。
主人公の親友になるという華族の令嬢とやらが、白蓮というのに驚いた。

白蓮については、
子どもの頃から何となく祖母や母の話に出てきていた人物であるが、
それは、いわばスキャンダルの主人公で情熱的な歌を詠む人としてであった。

ところが後年、宮崎龍介との後半生を過ごしたのは隣街目白だったと知り、
また、娘さんの話を聴く機会を得て、歌人としてだけでなく、
社会活動家としての反面を知ることになった。

当に、それこそドラマチックな生涯を送ったのは、
花子よりも、この同級生の方ではないか?
いいのか!主役はどっちなんだ?と気になってくる。

元々、いわば備忘録として始めたホームページでありブログなのだが、
こんな時には役に立つ。
白蓮さんの娘さんのお話を聞いた時のこと、
検索して、以下に転記しておく。


↓click

続きを読む»

目白まちづくりフォーラム

目白まちづくりフォーラム2014

昨年は、殆ど例会に出席できなかったが、
当日の手伝いはチャンと回ってくる。

明日はまた雪だという。
積もるという。
明後日の朝の路面がどうなっているか心配。

雑司ヶ谷カオスの奥に位置する我が家、
タクシーが拾える通りまで出るのが大変だ。
凍ってたりしたら。。。

てるてる坊主・・・じゃなくて、
溶け溶け坊主ってないかな。。。

住んでいるから提案できる

フォーラム ←click

今年もまちづくりフォーラム開きます。


私の住む豊島区は、このような区民や、
企業、大学、NPOとタグを組んで、
「文化によるまちづくり」を進めてきた。
その取り組みに、平成21年には文化庁長官表彰を受け、
昨年は、セーフコミュニティとしてWHOの認証も受けた。

かつて、大きな財政赤字を抱え、
隣区の素晴らしい新築庁舎を羨ましく見ていた。
実際、最近は年に数回の委員会のために行く地下の会議室など、
よくぞこれまで我慢したと思うほどの老朽化が見える。
しかし、今は赤字は消え、新しい庁舎も建設中である。

そんな豊島区の活気を、このフォーラムで感じて戴けたら嬉しい。

アパートメント鶉

IMG_1838apjun.jpg

一週間も前に申込締め切り日なんか設定して、
人が集まらないと焦っていた事務局。
なになに、何も心配することはない。
始まる時にはちゃんと、スタッフの座る場所もないくらいになった。

IMG_1832apjun.jpg

この日の主人公はなんといっても、会場であるApartment鶉

IMG_1846apjun.jpg IMG_1835apjun_20121023072730.jpg ←click

長屋門風(?)にならんだ道路に面した棟のピロティを潜ると、
目の前に蓮の浮かぶ池、その右手が今回の会場であるギャラリー。

1人あたりの公園面積が23区で最も少ないといわれる我が区に、
いかにして緑を増やしていくか?という今回のテーマ。

古い屋敷林を持つ家を買った業者が、すべての木を伐採する、
という話を耳にした近隣の住民の努力で公園になった経緯を、
当時中心になって働いた女性の話。

現在区としてどのような取り組みをしているか、環境係長の話。

そして、都心にこのようなアパートを建てたオーナーの話。

その後、敷地内を案内して貰ったが、
実に魅力的な住居ブロックを造り上げている。

IMG_1847apjun.jpg IMG_1849apjun.jpg

IMG_1850apjun.jpg ←click
 
何となくヨーロッパを思わせる工夫もある一方、
屋敷稲荷だろうか?一画には祠も。

IMG_1848apjun.jpg

裏に回るとこんな感じ。
建物に沿って、駐車スペースが設けられている。


プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム