静岡「鈴木邸〜秋の探書会」

2ヶ月ぶりの静岡。
母の住んでいたところがそのままになっており、
裏の誰にも見えない坪庭ばかりか、
入り口の歩道と建物の間のほんのわずかな隙間にも、
雑草がはびこって難渋するから、
除草剤を撒いちゃおうと思いながら、
前回は、雨模様で見送ったので気になってたのだけど、
なかなか行けず…

IMG_0336.jpg

鈴木邸、秋の探書会。
これも初日の昨日行こうと思ってたが、家族の都合で行かれず、
今朝8時台のこだまに乗った。
車窓を見ながらの朝食はワクワクするが、
富士山は雲って見えなかった。

IMG_0339.jpg

静岡は寒かった。
昔12年間暮らした経験から静岡は温暖の地であるはずだった。
バスを降りると、春にはレンゲがいっぱいの田んぼも、
稲刈りが済んでいて綺麗に架け干しされている。
機械干しより美味しいそうだけど、どこかの家のMy田んぼなんだろな。

IMG_0341.jpg

今日のイベントは、元大手出版社勤務の当家ご当主と、
市内の古書店主2人の鼎談。
客の中にも図書館副館長とか、装丁担当者とかが混じって、
なかなか聞けない出版界の裏話が聞けて面白かった。

IMG_0342 (1)

本だけでなく、いろいろ食べ物も出店されてるから、毎回それも楽しみ。
今回は、静岡おでんモデルというのでとても楽しみにしていたが、
ジャガイモはすでに売り切れで、ちょっと残念なことをした。

結局お昼を食べながらず〜っと友人とおしゃべりしてて、
欲しい本があったかもしれないコーナーを見る時間もなくなってしまい、
秋の日は短く、帰りのバスに乗ったのは薄暗くなってから。

柿と水路

バス停までの道に小さな水路があり、
柿がたわわになっている風景が好きだったのに、
近々土手がコンクリートで整備されることになったとか…残念

夕飯@デニーズ

近くのファミレスでの夕食もまた、
東京ではなかなか行くチャンスがないので、
静岡に来た時の楽しみである。

続きを読む»

スポンサーサイト

2つの作品展

国立新美術館 (2)

六本木の美術館に友達の彫刻を見に行ってきた。
初めて見たのは、もう20年くらい前になるのだろうか?
始めの頃は普通に入選作品ということだったのが、
今は、準会員という札が付いている。
これまでには、〇〇賞という札が付いていたことも何回かある。

国立新美術館

一貫して無機質な素材で通しているが、ここ数年の作品はほぼ同じ感じ。
ほぉ〜、こうきたか⁉︎と思わされることもなくなって一寸寂しい。
本当は昨日一緒に見るはずだった友達は、
あの年齢で、出そうというだけで凄いわよ!というけれど…

国立新美術館 (1) 国立新美術館

野外会場では、隣家の瓦屋さんのグループ展が同時開催だった。
こちらは、コラボレーションだとかワークショップだとか、
新しい試みもあり、職人さんたちの遊び心満載で面白い。

国立新美術館 名和晃平

美術館の玄関前に見慣れぬオブジェがあった。
ライトアップの準備か調整かしているオネーさんに尋ねたら、
六本木アートナイトというイベントで、名和晃平の作品。
今度の週末までの展示だそうで、
ライトが点灯されたところ見たいと思ったけど…無理だ。



友の写真作品を見に

IMG_0140.jpg

音訳仲間が写真展に出してるという案内を頂いていたので、
新しい本の打ち合わせを終えてから行ってみた。

もうだいぶ前に写真教室に通っていると聞き、
見せて見せてと言ってたのに案内がないまま、
撮影旅行にもあちこち忙しいのか、なかなか会えないでいた。

今日の14:00まで在廊というのに、
大概30分くらいで終わる打ち合わせに1時間半もかかって、
会場に着いたのは1時半。
音訳仲間の先客がすでに見終わって、ソファに座ってた。

想像してたより大勢のグループのようで、
展示されてる風景写真は81にものぼり春夏秋冬に分けてあった。
彼女の作品は、春、吉野山にうっすら霧がかかった美しく優しい作品。
長い付き合いなのに、新しい1面を見たようで嬉しかった。

アフォガート

彼女の案内で一通り見てから、先客だった音訳仲間に合流。
イタリアンカフェでお茶してたから、
メニューを見たらアフォガートがあったので即決。
古い仲間だけど、図書館で会ってもゆっくり話すことないから、
久々に楽しい時間を過ごした。

展示作品の中に、夫の古い友人の名前を見つけたのはオマケ。



秀山祭 九月大歌舞伎

久しぶりに歌舞伎を見に行く。
いつもの友人とおしゃべりしているうちに、
一駅乗り越すという失態で、銀座1丁目から歩く羽目に。

IMG_0092.jpg

いつも通らない道を行くと、建物が随分変わっていて、
裏道と思っているところにもブランドショップがあったり、
かと思うと、古そうなビルが間に挟まって、
その名も銀座ビルだなんて、懐かしい。
こういったビルもそお遠くないうちに壊されちゃうんだろうな。

IMG_0095.jpg

エスカレーターで、一旦地下の木挽丁広場に行ってお弁当を買う。
かなり余裕を見たはずなのに、乗り越して遠回りしたから、
売店を見る暇はない。

歌舞伎 歌舞伎 (1)

ベテランの役者さんたちが次々と病に倒れ、
一時はどうなることかと思ったけど、
次の世代が確実に育っているのを見て、
最近は、それも楽しみになっている。

今朝は三時半に目が覚めてしまい、それっきり眠れなかったから、
心地よい邦楽を聞いて爆睡しちゃうんじゃないかと心配だった。

でも、華奢な感じだった染五郎の忠信にはお〜っ!と思ったし、
狂言由来の太刀盗人はおかしくておかしくて、
是非見たかった吉右衛門さんの一条大蔵卿は、
演じる方も楽しそうで、それが伝わって面白さ倍増。
本当にいつも歌舞伎って最高のエンターテインメントだと思う。



テーマ:歌舞伎 - ジャンル:学問・文化・芸術

映画「ラスト・タンゴ」

シネ・ギャラリー

最近は、用事があって静岡に行く時、
時間があれば、上映中の映画をチェックする。
こちらで見逃した映画に出会うことが結構あるのだ。

IMG_0018 (1)

今回も、渋谷の文化村で上映している「ラスト・タンゴ」を
シネ・ギャラリーで見てきた。

まだ文化村でもやっているかもしれないが、
すっかり渋谷嫌いになってる私。
人混み抜けて文化村は遠い。
お寺さんの経営というシネ・ギャラリーはその点駅に近く、
いつかなんか、新幹線で着いたその足で行ったこともあった。

50年近く踊り続けた伝説のダンスペア。
コンビを解消してからは顔を合わすことも避けててというが、
後継者のために苦悩と情熱を語っているドキュメンタリー。

全編に流れるタンゴの名曲と、様々な表情を見せるダンス。
言葉を借りなくても、その時の心情まで表現してしまう。

製作総指揮は「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」の監督。


プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム