台風来るかも…銀座

とうとう台風5号が本気でこっちに向かってきたようだ。
テレビは四六時中台風情報を流している。
甲子園の開会式も延期だとか。

夜にはこの辺も大荒れになるようなこと言っている中、
友達とヤマハホールにシャンソンを聴きに行く。
今日はイヴ・モンタンと大好きなジャック・ブレルの歌が聴ける。

この辺りにかの銀巴里もあったのだけれど、
若い頃は行くチャンスもなく、いつか…
と思っていたのに無くなってしまった。
伝説だけが聞こえてくる。

IMG_1673.jpg

コンサートが終わっても、心配していた雨はまだ降っていなかった。
早く帰った方がいいね〜といいながらも、
開店以来まだ行ってなかったGINZA SIXに入った。

IMG_1674.jpg

賑やかにやよいさんが迎えてくれる。
キョロキョロしながらエスカレーターに乗って上ってみる。
ブランド店がいっぱい入っているようだけど、
ウィンドウショッピングはまたの機会にしてとにかく食事。

食事済ませて、ちらっと蔦屋書店だけ一回りして、
階下に降りたら外はドシャーっと大雨。
どうしよう、小さい折りたたみ傘は二人共持っているけど、
タクシーにしちゃおうか?などと言いながら、
出てきたところはどうやら裏口なのか?横の方なのか???

さっぱりわからなくて、もう1度中に入って、
銀座通りはどっち?なんてバカなこと聞いたりして、
やっと、正面に出たら雨はほとんど止んでいた。

台風はこれから来るのか?それともそれたのか…


スポンサーサイト

盛夏の結婚式

この暑い最中に…
せめてもう1日待てば立秋なのに…
ぶつぶつ言いながら、親戚の結婚式です。
日曜日の朝はタクシーもなかなか捉まらなくて…

乃木神社

赤坂乃木神社の神前式は、木々に囲まれ蝉の大合唱の中で、
舞楽の奉納もあってさすがに立派なものでした。
流れ作業のような結婚式が多い昨今、
とても感慨深いお式でした。

IMG_1675.jpg

終わって、隣接するレストランMaison Blancheで披露宴。
その名の通り白いインテリアのお部屋で、
おしゃれに盛りつけられた洋食をいただく。
キャビア、フォアグラ、トリュフなどと説明されても、
実は久しぶりに会った従姉妹たちとのおしゃべりに興じる。

昔の披露宴は、来賓の祝辞が長々続いて、
その間お料理お預けだったりしたな〜、なんて思い出し、
今は友人たちのスピーチと映像くらいで気楽です。

宴があけて外に出ればまだ日差しは高く、
折りよく通りかかったタクシー止めて帰路につきました。




静岡でもパリ祭

駅を降りたらいきなりむっと湿気が。
東京は、この2、3日梅雨明けも近い感じだったのに、
これはチョットやばい湿度だ。

IMG_1560.jpg

はるばる静岡のパリ祭までやって来て発作じゃ話にならない。
エアコン聞いたところに行けば治るか…
帰京の際にはブレーカーを落としているので、
まずは明るいうちに家に入って電気を入れて、
ざっと掃除をしておく。

静岡の友達に時々誘われる「らら」というお店。
何でも、いかようにもキーを合わせて伴奏してくれる、
可愛いピアニストのいる店。

パリ祭やるので歌わない?と言われ、
喘息発症以来人前ではもう歌わないことにしていたのに、
バックバンドがトリオと聞いてその気になってしまった。

それにしても、喉&声の調子がイマイチで、日替わりで…
でもその時はその時と言って貰って、
楽譜をあらかじめ送って、ブレルの「涙」を歌うことになった。

早めに入って準備やらリハーサルやら見ててもうびっくり!
いつもはせいぜい10人くらいのところに、
何と50人以上の人が集まるという。

大勢でわいわいと、料理の盛り付けやらやっている。
外には早々行列が出来てるみたいで、まだ入れないで〜って。
いつか誰かが言っていた、
静岡にこんなDEEPな場所があるなんて〜
本当にもうただただびっくりのパリ祭でした。

今年は昨日から2日間、来年はもう1日増やさないとかも…と主催者。



クレマチスの丘 ヴァンジ美術館

クレマチスの丘

梅雨の最中というのに、素晴らしい快晴に恵まれました。
大好きな此処のことをいつ話していたのか?
しばらくぶりに会った友達に「行こうよ」と言われ、
急遽日程を決めたのです。

着いたらもうお昼でしたから、すぐに入り口近くのピッツェリアに入りました。

IMG_1427.jpg クレマチスの丘 おしぼり ←ポチッ

水を注ぐと膨らみますからと、おしぼりが出てきました。
へぇ〜、と言いながら水を注いで観察します。

クレマチスの丘 (2)

窓の外は、クレマチスと紫陽花の見事なコラボです。

腹ごしらえの出来たところで、ヴァンジさんの作品が点在するガーデンへ。

クレマチスの丘 ヴァンジ1 クレマチスの丘 ヴァンジ2 

クレマチスの丘 ヴァンジ3 クレマチスの丘 (6) ←ポチッ 

この懐かしい大好きなおじさんたちは日本に来て15年、
この前会った時より、年月の分だけ緑色っぽくになっていました。

クレマチスの丘 ヴァンジ4

建物の中の綺麗な人は相変わらずキレイです。

芝生に覆われたなだらかな丘の所々にはヴァンジさんの彫刻があしらわれ、
周辺部にいろいろな種類のクレマチスが植えられ、
その下草にも珍しい花が植えられています。

クレマチスの丘 (5)

この季節、クレマチスとバラのコラボも見られてラッキーでした。

売店も花の鉢、いわゆるお土産品の他に、
普段なかなか見つけにくい本などの充実した書店もあり、
ここも私の気に入ってるところです。
何を買うというわけでもなく、見て回っているうちに、
帰りのバスの時間が気になり始めました。

駅からのシャトルバスの終点は、この奥のビュッフェ美術館が始発です。
そこでいっぱいになったら乗れなくなると友が心配し、
途中にある吊り橋にも行ってみたいと言うので、
だらだら上り坂を15分ほど歩くことになりました。

クレマチスの丘 吊り橋

吊り橋は結構長くて、1度に4人までとか注意書きがあったり、
歩けばやはり揺れるので、結構楽しく渡りました。
渡り終えるとすぐビュッフェ美術館の入り口です。

クレマチスの丘 スカラベ

大きな彫刻が迎えてくれました。
La Scarabee 1975 とあります。
なんか虫のようですが?だったのでiPhoneで調べると、
スカラベの和名は、フンコロガシ。
古代エジプトでは、糞球を太陽と見立て、
太陽を司る神とあがめたのだとか。

この辺りには井上靖文学館やカフェなどもあるのですが、
またの機会にして帰路につきました。

TV「家族に乾杯」は静岡市葵区

IMG_1415.jpg

昨日のTV「家族に乾杯」は静岡市葵区でした。
小学校に上がる半年前から、高校卒業までを過ごした土地。
親戚も友達もたくさんいて、母のいた所もまだそのままなので、
今でも年に数回は訪れます。

どんなところが紹介されるのか、
市の中心部はほとんど知ってるつもりでしたが、
知らないところがいくつも出てきました。

浅間神社は小さい頃はしょっちゅう行ってましたが、
なぜ、左甚五郎の作があるのか不思議でした。
私たちが普通に入れないところも見せてもらえるのがTVの有難さです。

葵区は駅から北側は全部ですから広いのです。
梅ヶ島温泉が出てきましたが、その先は、
南アルプスに続きます。

母のいた所を処分しあぐねているのも、
静岡をもっと探索したいという思いもあるのです。
もちろん冬暖かく、新鮮で美味しい食べ物がいろいろある、
それも大きな魅了なのですが…



プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム