花粉症が戻ったようで…

IMG_0901.jpg

今日もまた風が冷たく寒いというので、
相変わらずの冬支度で出かけました。
おまけに、ほとんど忘れていた目の痒み、鼻水、重苦しい頭痛。
そして昨日からの声の異変。
朗読セミナーでは、もっと声を出しましょうとご注意。
いやいや、出ないのは多分花粉のせいで、自分でもびっくりなのです。

5年間続けた喘息治療薬ゾレアをヌーカラに変えた時から、
懸念していたことではあるのです。
そもそも私の気管支喘息は、ひどいスギ花粉症から始まったのであり、
アレルギー抗体に働くゾレアのおかげで花粉症から解放されてたと思われ、
更には、蚊に刺された時のひどい痒みや蛾の被害からも逃れていたのです。

どうも、息苦しさがいまいち取れないからと、ヌーカラに変えて4ヶ月。
こっちは好酸球の数値を下げる作用で、鼻周りがスッキリして、
匂いの感じ方も敏感になり、呼吸は断然楽になったのです。
ところはがシーズン到来で、途端に、やっぱりという花粉症の復活。
今年はまだ、花粉の量が多いとは聞いてないのに、症状が…
夏に向けて、蛾や蚊はどうなのか、心配になるところです。


そんな声でも、今月は久々の雑誌録音当番。
なるべく短いものをで勘弁を…などと目論んで編集会議に行きました。

1265_p.jpg

今月の目玉は又吉直樹氏の新作300枚。
録音時間は360分にもなる計算で、90分ずつ4人で分担します。
読み人が変わることでの違和感を少しでも減らす為の人選も考慮します。

話題の村上春樹の新作の書評もあります。
長いこと連載したあと、最近単行本で出版されて話題になっている、
梯久美子の島尾ミホ伝「狂うひと」の書評も外せません。
550分で編集しなくてはならないので、
あとは連載中のものを入れて今号はいっぱいです。

単行本の読みと校正は孤独な作業ですから、
たまにはこうして大勢でワイワイしながらの作業も楽しいと、
改めて実感した日でした。

スポンサーサイト

お昼はカフェランチ

サンシャイン

サンシャインも、平日は空いてます。
まあ、3時過ぎくらいになると学校帰りの高校生とかが来ますけど。。。
アイドルの登竜門とかいわれている噴水広場も子供のステージです。
スクリーンの音楽に乗って気持ちよさそうに踊ってます。

午前中は気管支の状態が良くないことが多くて、
録音はいつも午後にしていたのですけれど、
注射を変えてから、朝の調子が良くなったような気がしていて、
たまたま空いてた今日の午前中に予定を入れておきました。

行ってみると、午後も同じ部屋がキャンセルされたのか?
空いていたので、ラッキー!と久々の1日通しになりました。

ランチ

お昼はサンシャインまで出かけ、カフェ・ラ・ミルでサラダランチ。
ここは、ついてくる小さいパンが美味しいし、
ロイヤルミルクティーが好きなんです。
ついついゆっくりしちゃって、
帰りに成城石井で紅茶買うつもりだったのにすっかり忘れました。

2時くらいに録音室に戻って、1ファイルは終わらせるつもり。
ところが痰が絡み始め、入れ直し入れ直しで、
それでもなんとか4時前には予定通り終われたのですが…

昔は、1日でテープ1本90分入れたこともあったんだけどな~


悩む音訳

青空

キーンと冷たいのですが、風がないので助かります。
私の気管支には、この乾燥が良いのですが、
鼻と声帯のためにマスクして出掛けます。

午後は久し振りに録音室もとれたので図書館に行きました。
新しく校正を頼まれた本の打ち合わせを事務室で済ませ、
前室に入ったら、いつものように数人が集まってそれぞれの仕事中です。

レシピ本を読み終えて、資料の整理をしていた1人が、
「これ、どう読みます?」と居合わせた人に声をかけてきました。
みんな自分のやってたことの手を止めて一緒に考えます。

杏仁霜

大辞林、広辞苑、角川の日本国語大辞典、
更にはコトバンクなどで調べた結果はきょうにんそう
またはあんにんそうだそうです。

杏仁豆腐を作るための材料欄にある語なのですが、
どちらで読みましょうと悩むところです。
ネット通販サイトをググると載ってる製品には、
ひらがなで「きょうにんそう」のラベルが貼ってあります。

でも、アンニンドーフを作るのに、キョウニンソウって、
ちょっとピンときませんね〜
そもそも杏仁豆腐というものを私たちは知っているから、
アンニンと読みたいのであり、
キョウニンドーフとは聞いたことないので、
キョウニンという読みはなんだかピンとこない気がします。
アンニンソウと読んでおいたほうがよさそうということになりました。

どんな方がダウンロードして聴いてくださるのかわかりません。
これという正解のないものをみんなで思考錯誤して作っています。


気がつけば師走

雑司ヶ谷霊園

いつのまにか霊園のイチョウもすっかり色づいて、
久しぶりの青空に、暖かいという予報だったけど、やはり空気は冷たい。
この季節出かける時、寒過ぎないか暑過ぎないか、着るものに迷います。

半年以上も難航していた裁判員制度の本がやっと仕上がって、
図書館の人に、これは半年では無理だったわねと言われ、
次は楽しいのにしましょ!と依頼されたのが、酒井順子さんの旅の本。




そりゃあね〜、楽しいです。
と言うより楽しそうです。
でも、一緒に旅した漫画家さんとの共著ということで、
ハンパない数の挿絵にカット。
あとがきは6ページにわたって絵で描かれているというもの。

柔らかなタッチで、私好みの画風で素敵なのですが、
どんな説明で内容を見えない方達に伝えるか、
また頭を抱えています。
極力主観を除き、かkれていないことは読まないという鉄則です。

最近読んだ本に、見えない人は、
情報が少ないからこそ、それを解釈することで、
見える人では持ち得ないような空間を、
頭の中に作り出すことができる
と書かれていました。

これは、特に今度の音訳に当たっての大きなヒントです。
いずれこの本についても書きたいと思っていますが、
実に感動的で、見える私たちの世界も広げて貰った気がします。

お弁当はサンドイッチ

久しぶりに今日は朝から図書館。
お昼は、コンビニや地下のスーパーで買って、
前室で、みんなでワイワイ食べるのだけれど、
飽きちゃったので、冷蔵庫に入っているもので、
サンドイッチを作って持ってった。

サンドイッチ

冷蔵庫にあるものをあれこれ、ついつい欲張ってしまう。
ホームベーカリーで焼いたパンに、
ブルサン、ハム、キウリ、レタス。
厚く盛り上がっているが、アルミフォイルできっちり包んでおけば、
食べる時にはほどほどの厚さに落ち着く。
あわてんぼうが、最初の一口をあわてないように、
アールグレイは少し冷ましてから蓋をする。

IMG_0159.jpg


読み終わるのに半年以上もかかって、
そのあとも構成担当者も、デイジー編集の人も、
みんなで苦労した本がやっと終わって、
次は楽しくて簡単なのを…と渡されたものの。。。



挿入されているほしよりこさんのイラストが100枚以上。
共著者という扱いであれば無視はできず、
全部に説明をつけなくてはならない。
すでに先日の校正者と図書館との打ち合わせには、
1時間半もかかってしまったけれど、またまた半年仕事。
ともかく今日から読み始めた。
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム