新年会


IMG_2541.jpg

点字図書館音訳グループの新年会。

メンバーが一堂に会しての唯一の親睦会。
図書館館長やその他担当職員とも挨拶を交わした後は、
お弁当囲んで、後はビンゴがお定まり。

IMG_2542.jpg

毎年綺麗な座席カードを作ってくれる人がおり、
準備はふた班が担当するのだけれど、
世代が若くなって手際も段取りも良くなってる気がする。

老兵は消えゆくのみ、と思ったりする昨今だが、
今日も、最古参92歳のKさんの元気な姿とお話に励まされ、
ま〜、も少し頑張ってみるか…

続きを読む»

スポンサーサイト

一仕事終えたとは言えないけれど…

見えない人のための音訳図書を作るために、1年近くも抱え込んでいた本を、
ようやく校正に渡してきました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「来ちゃった」 小学館文庫 / 酒井順子 【文庫】
価格:670円(税込、送料別) (2017/11/27時点)



酒井順子さんとほしよりこさんの共著という形になっているので、
膨大な数のイラストに説明文をつけなくてはという難事業もさることながら、
今年の前半は体調不良で、ほとんどマイクに向かえず、
ただでさえ仕事の遅い私は気ばかり焦っていたのです。

校正から戻ればまた修正にどれくらいかかるものか…
でも、先は見えてるようなものですから、やっと開放感を味わっています。


台所仕事で、刻むという作業が一番好きです。
私の場合は、あれこれ綺麗に形どって切るというのではなく、
ただひたすら千切りしていると、邪念を忘れて集中できるのです。
慣れた包丁も研ぎたてのものだと本当に楽しい。

夕食

今日もひたすらキャベツを刻みました。
使いかけの玉は中の方の葉で白っぽいのですが、
新しい玉の表面の方の葉は緑が濃くて濃淡が綺麗。
ついついそれに人参の赤も加えてみました。
野菜がたっぷりあればご機嫌な我が家です。





台風一過、気分爽やか

IMG_2166.jpg

大きな嵐が去った朝、少しだけ見えた真っ青な西の空が嬉しかった。
爽やかなはずの十月だというのに久々の晴天。

IMG_2168.jpg

図書館に向かうお昼過ぎには、厚い雲は去ったものの、
まだ時々ビューっと強い風が吹いてくるので、
地下を歩いていこうかと思ったが、
それも少しずつ間遠になってったので、
地上を歩くのが気持ちよかった。

10か月ぶりのお当番で読んだ雑誌は、
新人賞の詩など慣れないものを読んだこともあり、時間がオーバー。
結局、小品1つカットしておさまり無事終了。

いくらなんでも蔵書をそろそろ仕上げなきゃ。
読むというより、共著者のイラストの説明文に悩まされてる。
聞き直せばまた文章に手を加えたり書き直したり、
不毛の作業をしている気分で嫌になる。
この状況、早く脱却せねば



8ヶ月ぶりの雜誌「新潮」担当

雜誌「新潮」の音訳当番が久しぶりに回ってきて、
昨日読み上げて今日は校正者からの連絡待ち。

朝方から冷たい雨で、それでもお昼には止むというので、
これまた数年ほったらかしてというか無視してきた、
区の健診を受けようと欠食して出かけた。

ご自身も罹患者で、喘息話がツーツーの近所のクリニック。
X線も心電図も大した問題なさそうで、血液検査などは後日。

1時間くらいで終わったので、
先日返納した免許証の代替の、
運転経歴証明書とやらを受け取りに警察へ。

IMG_2144.jpg

そしてまたバスで戻って、一人ランチで腹拵え。
丸善の早矢仕ライスを食べてみたいと思ったけど、
寒いのにクリームソーダがある洋食屋にした。

そのあとデパート内の投票所で期日前投票を済ませたが、
なんだか混んでいましたよ。
それが投票率に関係あることなのかどうなのか…

さて、そろそろ構成終わる頃と思っていたら電話がかかってきた。
今度は担当部分が短かったせいもあるが、
いつも必ずあるケアレスミスは、なかったようだが、
全体の時間調整で、2ページものひとつカットすることになったそう。

お当番とはいえ、毎回編集会議から始まって、
受け持ち部分を読んだ後、校正2回、更にデイジー編集でもまた校正。
本当にみんなよく続いているものようと、毎回感心させられてる。
私はといえば、やめようやめようと思いながら、なんとなくダラダラ。



あと少し…なんだけど

耳鼻科に行ってから今日も録音室。
隣駅に昨年開院したクリニックが、ネット予約できるので助かっている。
家の近くに昔からある耳鼻科は、待ち時間を考えると足が重くなる。

咳は随分減ったけど、喉の状態はイマイチなので、
治療というよりケアという感じで、
声を使うのでカメラで気軽に声帯のチェックもして貰えるので有難い。

IMG_1644.jpg

ただでさえ録音室が取りにくくなっているのに、
春以来の体調不良で、すっかり遅れてしまっている録音図書も、
やっと終わりが見えてきた…と思ったのだけど、またツマヅク。

共著者のあとがきが、6ページ丸ごとイラストで描かれている。
それがアットランダムに配置され、たっぷりコメントが付けられている。
どんな順番でどんな読み方をすれば、
見えない人に想像してもらえるのか?

居合わせた仲間に色々相談してみるが、
結局、利用者でもある職員のTさんのところに持ち込むことに。
う〜ん、と即答は得られず、お預けとなって、またしばし停滞。

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム