オバサン復活

IMG_3052.jpg

ひと月くらい前だっただろうか?
今年になって来なくなったオバサンから電話があったのは。
「6月末くらいから、また行こうと思うんだけど…」

跳び上がらんばかりに嬉しかった。
「今野菜育てているからそれが出来たら行くからね」

今年はたけのこ食べられなかった、
ソラマメも少ししか食べられなかった…
枝豆やトウモロコシやスイカはどうしようと思ってたとこ。
私はおもわず電話口で苦情を並べ立ててた。

そりゃ買おうと思えば、何でも売ってます。
でもね、美味しいかどうかわからないものに、この値段?
と思ってしまって手が出せないのです。
特に我が家は小さい子まで全員野菜好き。
大量に食べますし、味も分かります。

あっちこっちで買っては品定めして、
別の生協にも新たに入ったりして、
これでやってくしかないかと覚悟決めたところに来た電話でした。

待ちきれずに途中で、
「いつから来られるの?」
なんて電話してしまいました。

そして、今日も「今どこにいるの?」なんて。
「向かってま〜す」
間も無くピッピッピトトラックのバックする音がして…

チビコとすもももお出迎え。
久しぶりの大根の葉っぱに夢中です。


スポンサーサイト

レモン

レモン

レモンの実が、だいぶ大きくなりました。
花はずいぶんたくさんついたのですが、
実に成っているのは今の所6個です。

毎朝、楽しみに観察しているのですが、気のせいか、
遅く咲いたものの方が実に成っているような気もします。

IMG_1500.jpg

梅も今年は、花が異常に早くて、
虫などまだ冬眠中だし、小鳥もあまり来ない頃でしたから、
受粉がうまくいってなかったのか、いつの半分以下1.6kgの収穫。
その分、一粒ひと粒が大きいような気がします。

梅仕事は次女の領域で、子供がこの春から幼稚園に通い出し、
毎日忙しくしていますから、却って良かったのかもしれません。


茄子の棘

茄子

数日前のこと、右手中指の第1関節のシワのあたりが、
いつの間にかズキズキ痛み出し赤く腫れている。
そういえば前日、料理中にお茄子の棘を刺したけど…

千葉のオバサンが野菜を持ってきてくれてた頃は、
お茄子も胡瓜もトゲトゲで、気をつけていたけれど、
普通にスーパーで買うものではトゲトゲには出会わない。

野菜の買い物は重さが半端なく、毎日のことなので、
最近、エコを謳っている別の生協にも入ってみた。
そこの野菜はまあまあ満足でだんだん買う品数も増えてるが、
茄子は今のところこの長茄子のみ。
季節で変わる野菜、これも嬉しいこと。

とはいえ、刺されるような棘持ちとは思わず油断したけれど、
その時すぐに抜いたので、まさか腫れるとは思わなかった。

その後2、3日で赤みも腫れも引いてよく見れば、
痛かったところの皮を透けて点のように黒いものが見える。
棘の欠片というほどの大きさもない。
ほんの毛の先くらいが残っていたようだ。

これは皮膚の新陳代謝を待てば自然に取れそう。
まあ、痛みは治まっているし、
邪魔になるほど大きいわけでもないから、放置する。

それより、痛い棘付きの野菜が届くことを喜ぶべきか…





誕生日ケーキの異変

ピラカンサ (1)

長〜い連休が終わり、早速会社や出張に出る者、
学校や幼稚園に行く子供や孫を送って、久々にホッとする。

午後から新米カメラマンをしている孫2が来るという。
数日後お誕生日を控えているので、ケーキを用意しておくつもりだったのに、
残念なことに、いつもお願いしているお気に入りのケーキ屋さんが、
どうやら破産したらしく、1ヶ月半ほど前から閉まったまま。。。

仕方がないので、先月のチュー坊の誕生日には、
いつも行列が出来ている有名店のケーキを頼んでみたが、
なんと、ナイフを入れるとペシャッと凹むは倒れるわ…
味も全く我が家好みでなく…

一斉に大ブーイングで、本気で好みのケーキ屋探さなきゃ!と。
まずは隣駅のフルーツタルトの店を、試してみようと、
長女が仕事帰りに買ってくることになった。

いきなりホールケーキというのも、と色々な種類を買ってきた。
イチゴやらベリーやらバナナやら、各自好きなのを選んで…
これが全て概ね好評。
タルトではなかなか難しい台の味もよくて、
しばらくはこれでいこうということになった。

何しろ家族8人の誕生月が、全くかぶっていない。
さらに、クリスマス月の人もいない。
今日来た孫と同じ誕生月もいない。
というわけで、年10回はホールケーキを買うことになる。

我が家では甘いもの好きは男子で、それもあんこ党だから、
普段はケーキを買ってくることは滅多にない。
だからこんな機会が楽しみだし、絶対美味しくなければと思うのだ。

IMG_1201.jpg

ちなみ今回私が選んだのは、ブラッドオレンジ。
勿論、みんなのを一口づつ味わいながら食べたのだけど。


大失敗も友との語らいで…

土曜日の朝は、大概ホームベーカリーで焼いたパンと決まっている。
前の晩にタイマー入れて置くのだけれど、忘れて寝てしまい、
明け方、慌てて寝ぼけ眼で仕掛けることもある。

でも昨夜は、わりと早い時間仕込んだので寝ぼけていたわけではない。
が、今朝開けてみたら…底の方に縮まって
イーストを忘れたのだ〜

IMG_0888.jpg

みんなが起きてくるまでにはまだ時間がある。
大急ぎで、早焼きメニュー(2時間)でやり直し。

さて、再び焼き上がりの時間が来て、
いつものようにふっくらいい色に仕上がっていると信じて開けてみたら…
お釜の底の方に種がぐじゃぐじゃと固まり、周りが黒く焦げている。

このホームベーカリー、2010/05に買ったので間もなく7年になる。
SNSなど見てると、早い人は3年とかでダメになったり、
5年以上使ったという人はめったに見ない。

仕方ない、機械の寿命?
でも、早くダメになる人って毎日使ってるんじゃない?
我が家は、週1度使うとして年間約50回、
7年でもたったの3500回ということだ。
「それはちょっと壊れるの早すぎるよ〜」と、夫まで参入。

機械モノって、長く使わないでいると壊れ易いというけれど、
週1でほぼ規則正しく使ってるよいうことは、
機械にとって決して悪いことではない。

結局、最初に焼きあがっていた種無しパンの中に、
撹拌の羽が埋まったままになってるのを発見して原因は判明し、
2度目を焼く時に羽がセットされてないことになんで気がつかなかったか。

あわてん坊で、オッチョコチョイで詰めの甘い私。
今始まったことではないと重々承知しているけれど、
やっぱり歳かな〜と落ち込んでしまう。

富んだ1日の始まりだったけれど、夜はフグを食べに神楽坂に出かけた。
数日前に教会の友達に誘われて、私の人生3度目のフグ。
初めて食べたのは、子供のPTAのお付き合いで、
2度目は2000年に母と旅行した時門司港で食べたのだった。

高いお金出してまで食べたいと思わないできたけれど、
リーズナブルなお店だからと誘われ、
四旬節だけど水曜日のミサに預かってないから、
灰をいただくのは明日だから…なんて言い訳しながら、
5人でお鍋囲んでちょっと贅沢してきました。


Created with PhotoShake for iPhone.


プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム