キーンベック病〜手術翌る日〜

朝から忙しい。
手術着のママだし、点滴はまだ続いている。
明け方から痛みが酷くなったので、薬を飲む。
早い時間に、A先生が、いらして写真で昨日の手術の説明。
砕けた月状骨をとって、入れようと思ったけど、腕の関節の軟骨もダメになっているので、
隣の舟状骨とその上の骨を繋いで、何とか持つでしょう、と言う。
「きれいに出来たから、大丈夫」
平均寿命まであとン十年。

暫くして、今度は傷の消毒。
初めて傷を見る。
「T先生がいってたけど、フランスじゃこ~んなに切るんだってさ。
 こいうことは日本人じゃなきゃダメだね」
外科医はね~、手先が器用で、きれいに仕上げることに喜びを感じる人でなきゃ、と思う。

「もうすることないから、帰っていいよ」
「え~っ、痛いんですけど」
「きょういっぱいくらいだよ」
そういえば、外来の時、T先生も、早ければ2泊3かといってた。
《それにまだ、朝ご飯食べてないんですけど・・・》

でも結局、お昼を食べて退院。
お向かいのベッドの方が、「アタシより後に手術したのに・・・」と驚く。
スポンサーサイト
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム