「カーネーション」最終回

IMG_0766tsubaki.jpg

春の嵐が吹き荒れ、なかなか深い眠りには入れないまま、
明け方になって、初めて母の夢を見た。

どんな夢だったか覚えていない。
母と私と娘二人だった。

母が亡くなってしばらくしてこの連続テレビ小説が始まった。
主人公の生涯は、あまりに母のそれとかぶるところが多く、
殆ど見ていることことが出来なかった。

年齢も近く、同じ戦争未亡人となって、
洋裁という業界で、主人公より2年長い生涯を過ごした。

ドラマの舞台は、私も母も全く縁のなかった関西だし、
母は店を出すことより教えることを選んだという違いはあり、
私に同業に就くことはおろか、
仕事に関するあらゆることに手出し口出し一切を拒否した。

朝のたった15分のドラマで、胸の中を去来するものがあまりに多く、
夫も娘も熱心に見ていたが私には毎日見続けることなど耐えられなかった。

そのドラマが終わろうというその朝、何故母は現れた。
長い呪縛から何とか逃れようとしている時に・・・

数日前に、母の小学校以来の友達だった小母ちゃまから、
とても94歳が書いたとは思えない美しい葉書を戴いた。
何かにつけてTちゃんを思い出すとある。
でもそれは、私の見てきた母ではないはず。

明日は枝の主日。
聖週間が過ぎ復活祭を迎えたら、小母ちゃんに会いに行こう。
スポンサーサイト
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム