飛ばしすぎかしら?

以前、沼津に住む友達から、修善寺を歩くイベントがある、
という話を聞いた時、即座に行ってみたいから、教えてと頼んだ。

そして、クラス会の翌日行きましょうということになったのだが、
実を言うと、この冬の体調不良で、行けるかどうか不安だった。
しかしそれは、それまでによくならなきゃという目標でもあったわけで、
幸い、何とか間に合った。

IMG_0849fujisan.jpg

静岡からも一人同行してくれ、朝8時前の東海道線に乗った。
雨が心配されるお天気で、空はすっかり雲に覆われてると思ったから、
車窓に突然富士山が現れた時には驚いた。
それも、新幹線から見るのとは反対側の窓に現れたからびっくりした。
当に富士川の辺りだったから、とても大きい。
どんなに晴れていても、全く見えない時も多いので、
久しぶりのおっきい富士山は、なんだかとても嬉しかった。

沼津駅まで迎えに来てくれた友達の車に乗り込み修善寺に向かう。
友達は昨年秋に続いて2度目の参加なので、
私は、何もかもお任せで、付いて行くだけ。

P4220112syuzenji.jpg

修善寺は、807年弘法大師によって開かれたが、
源頼家の暗殺やら、北条時代の戦禍にあい、
その後、臨済宗、曹洞宗と宗派を替え、今の建物は明治16年建立。

P4220122shuzenji.jpg

前後に地元のボランティアガイドが付いて、
約30名ほどで、石に刻まれた「い」から「ん」までをなぞって、
行程約5kmをぞろぞろ歩く。

P4220126shuzenji.jpg

弘法さまが、仏具の独鈷で川の岩を叩いてお湯を沸き出させ、
温泉療法を伝授させたという独鈷の湯
伊豆最古の温泉といわれる。

P4220130shuzenji.jpg

修善寺が有名になったのは、明治になって、
岡本綺堂の戯曲「修善寺物語」に負うところが多いのだが、
竹林の向こうに見える新井旅館に滞在して書いたといわれる。

P4220141.jpg  P4220143shuzenji.jpg

P4220150shuzenji.jpg  P4220151shuzenji.jpg

先頭の男性のガイドさんが、いろいろ説明してくれるのだが、
きょろきょろ景色に気をとられ、写真を撮りながらの私は、
どんどん遅れていく。
静岡からの友達は、東京マラソン(10km)にも出たことのある健脚で、
あっという間に見えなくなり、
沼津の友達と女性ガイドさんがビリをつきあってくれた_(._.)_。

P4220157shuzenji.jpg

山道ではないけれど、だらだら結構な上りが続いたが、
息が切れるほどではなく、楽しく歩くことができた。
明日どうなのか?
筋肉痛がひどくなるのは明後日あたりだろうか?
年をとるほど遅く出るといからもっと後に苦しむことになるのか?

そんな心配をしながらも、頑張って最後の階段を上り、
何とか弘法大師が修行したという、奥の院に着いた。

P4220165shuzenji.jpg

しかし、お天気がいよいよ怪しくなってきたので、
途中の公民館まで戻って、地元の人たちの手作りのお弁当を戴く。
そして案の定、食べてるうちに大雨が降り出し、
そこからは、迎えのバスに乗って帰ることになった。

P4220167shuzenji.jpg

下りてきて、歩数計を見ると15000歩を超えている。
いつも娘に、歩幅が小さいから歩数が多いのだといわれているので、
健脚の友人と比べてみたら、100ちょっとしか変わらなかった(^-^)

IMG_0855shuzenji_20120426045840.jpg

帰途、このまま別れちゃうのも寂しいからと、
友人が案内してくれたお店が雰囲気よく、
シフォンケーキが美味しかった。




スポンサーサイト
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム