ビブリア4は江戸川乱歩

小説とはかくあるべし!
「ビブリア古書堂の事件手帖4」を読んで納得。

最近は小説に愛想尽かして殆ど読んでなかった。
これは、と思う作品に出会って、
じゃ〜、と、同じ作家の他の作品を読んでがっかり、
なんてことの繰り返しだったから、
昔から追いかけてる逢坂剛とか、森博嗣とかぐらいで、
実用書というか、論評というか、要するに非小説ばかりだ。

この1月1日から、吉川英治が解禁になったから、
電子版で読もうとは思っているが、未だダウンロードしてない。

今回の「ビブリア・・・」は、全編江戸川乱歩。
膨大な数の乱歩作品を駆使して、謎を解いていく。
冒頭から引きつけられ、あっというまに頭の中が?????
1つの謎が解けたと思ったら、また次が・・・
最後も未だ、何かありそうで次巻が待ち遠しいのだが、
今回も、当初の予定から大分遅れての出版だったが、
さもありなん、と思わせる内容の濃さ。
やはり、読者も焦らずにじっと待つさ。

見もしないで、TVドラマの悪口言ってるから、
それはチトまずいかと、
昨夜初めて見てみたのだが、やはり違和感満載。

主人公のヘアスタイルが違うだけでなく、
眼鏡もかけておらず、原作のイメージ無視。
妹の筈が弟になってるかと思えば、
時々やってくる浮浪者みたいなおっさんがやけに立派で、
しかも、この家に居座ってる?

北鎌倉が舞台で、古いけど静かな品のいいたたずまいを想像していたのに、
雰囲気違うし、登場人物が何だかやかましいし、
肝心の主人公の台詞が酷く、込み入った話は、
見てる人に伝わらないのじゃないかと思ってしまう。

民放は、何もかもスポンサーの意向と聞くけれど、
さて、このドラマのスポンサーが何処だったのか、
さっぱり思い出せないσ(^_^;

wa016-2rampo.jpg

我が区の文化遺産でもある旧江戸川乱歩邸、
近くまで行っても、いつも素通りしていた。
立教大学の所有らしいが、行って見たくなった。
スポンサーサイト
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム