復活祭

またまた寒い日が戻ってきた。
「白いものが落ちてきそうな空よ」と娘が言う。

ヒートテックにセーター、ダウンまでまた引っ張り出して、
完全装備で、土曜日の夜、復活徹夜祭に行く。

徹夜祭といっても徹夜するわけではない。
キリストの復活を祝うピークのセレモニーで、
土曜日の日没後に行われるミサをこう呼ぶ。

19時、照明を落とした暗い聖堂で始まり、
入り口で渡された各自の蝋燭に、
司祭の持つ復活の象徴である蝋燭から火が分けられると、
聖歌と聖書の朗読で進んでいく。

途中洗礼式が挟まる。
この日は29名もの受洗者があり、
しかも大司教が1人で授けるので、
ま〜、時間の掛かること・・・

この中で謳う連願が好き!

20人以上の聖人の名を上げ、その1人1人に、
♪我らの願いを聞き入れ給え〜♪と繰り返していく。

その辺にうじゃうじゃいる聖人達を端から捕まえて、
頼んでいるというより脅しているような気がして笑える。
なんて、そんなこと考えてるの私だけだろうけど。。。

結局、その長〜〜い洗礼式を挟んだ、
徹夜祭のミサが終わったのは9時45分。

IMG_1973cathedral.jpg

そして今日も朝から小雨もようの寒い1日だった。
10時のミサの前に2人の受洗者があり、
合計31名の方を囲んで、ミサ後はイースターパーティ。

この時期、司祭達の移動があったり、
お手伝いの神学生ともお別れだったり、
復活祭は、教会の1年の区切りでもある。

毎年繰り返される行事ではあるが、
初めてフランシスコを名乗る教皇は期待を集め、
大司教がこの東京カテドラルで、
祭儀すべてを司式したのも初めてという、
当に新しい1年が始まる気がする聖週間が終わった。




スポンサーサイト
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム