やっと読んだ



たまたま書店の店頭で、
「あ、シモネッタさん!」
と手にしたのはいいけれど、
なかなか読む気になれず放置していた。

しかし、読みかけの吉本ばななを見失い、
それも、横浜で手に入れた可愛いブックカバーと一緒に・・・

で、読み始めたのだが、案の定。
男女それぞれ3人の物語で、そこはそれ、
彼女ならではの表現で楽しく読めたのだが、
最後の章で、米原万里さん登場。
その章の手前でもまた迷い、
覚悟で読んで。。。
悲しいよりも、読者としては悔しい。
万里さんには、もっと一杯書いて貰いたかったのに。
シモネッタさんも、通訳としてよりも、
書き手としての天性があったといっているではないか。

おまけにこの本、あとがきは万里さんの妹さんゆりさん。
姉とお連れ合いと続けて失くしたというのに、
シモネッタさんより冷静な書きっぷり。

スポンサーサイト
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム