花粉症が戻ったようで…

IMG_0901.jpg

今日もまた風が冷たく寒いというので、
相変わらずの冬支度で出かけました。
おまけに、ほとんど忘れていた目の痒み、鼻水、重苦しい頭痛。
そして昨日からの声の異変。
朗読セミナーでは、もっと声を出しましょうとご注意。
いやいや、出ないのは多分花粉のせいで、自分でもびっくりなのです。

5年間続けた喘息治療薬ゾレアをヌーカラに変えた時から、
懸念していたことではあるのです。
そもそも私の気管支喘息は、ひどいスギ花粉症から始まったのであり、
アレルギー抗体に働くゾレアのおかげで花粉症から解放されてたと思われ、
更には、蚊に刺された時のひどい痒みや蛾の被害からも逃れていたのです。

どうも、息苦しさがいまいち取れないからと、ヌーカラに変えて4ヶ月。
こっちは好酸球の数値を下げる作用で、鼻周りがスッキリして、
匂いの感じ方も敏感になり、呼吸は断然楽になったのです。
ところはがシーズン到来で、途端に、やっぱりという花粉症の復活。
今年はまだ、花粉の量が多いとは聞いてないのに、症状が…
夏に向けて、蛾や蚊はどうなのか、心配になるところです。


そんな声でも、今月は久々の雑誌録音当番。
なるべく短いものをで勘弁を…などと目論んで編集会議に行きました。

1265_p.jpg

今月の目玉は又吉直樹氏の新作300枚。
録音時間は360分にもなる計算で、90分ずつ4人で分担します。
読み人が変わることでの違和感を少しでも減らす為の人選も考慮します。

話題の村上春樹の新作の書評もあります。
長いこと連載したあと、最近単行本で出版されて話題になっている、
梯久美子の島尾ミホ伝「狂うひと」の書評も外せません。
550分で編集しなくてはならないので、
あとは連載中のものを入れて今号はいっぱいです。

単行本の読みと校正は孤独な作業ですから、
たまにはこうして大勢でワイワイしながらの作業も楽しいと、
改めて実感した日でした。

スポンサーサイト
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム