天空の城〜竹田城跡〜

竹田城跡

TVで滅多に映画を見ることはないのだけれど、
大滝秀治がなくなったとき放映された「あなたへ」を見て、
雲海に浮かぶ古城の石垣の上で、
田中裕子が、宮沢賢治の「星めぐりの歌」を歌う場面があった。

そのとき、日本にもこんなところがあるのかと印象に残り、
その後、だんだんにその城跡は兵庫県の竹田城というところで、
日本のマチュピチュと呼ばれたりしており、
でも、雲海が出る時はごくごく限られて、
季節やら気温やら条件が整わなくては見ることができないとか、
いろいろなことがわかってきた。

それでもいつかは行ってみたいという思いはあって、
たまたま今回の旅行の行程の播但線に竹田駅を見つけ、
じゃあ、途中下車して行ってみようということになった。

IMG_1861.jpg

竹田駅前から出ている天空バスというのに乗るが、上まではいかない。
タクシーもここまでだし、一般車両の駐車場はもっと手前。
ここから、城跡の大手門までは約800mというが、これがず〜っと上り。

竹田城跡 (1)

喘息の発作と膝の痛みを恐れつつ、ゆっくりゆっくりなんとか大手門に到着。
しばし下界の風景を楽しむ。

竹田城跡 (4)

この先は城内ということになるが、石を積んだ階段が続く。
蹴上が40cmくらいにはなろうという、大きな石も組まれており、
チビの私にはただでさえ大変なところを頑張って登頂、いや登城(?)

竹田城跡 (2)

そして、帰路はずっと同じような階段の九十九折で、
やっと舗装の道に出た時には、脚はパンパンで、
腰というか脚の付け根が痛い。

IMG_1872.jpg

唯一の休憩場でもなかアイスを食べて一休みして、
バス乗り場に向かったときには痛みは消えていた。

竹田城跡

なんとか頑張れたのは、眼下に見る美しい風景だった。
高速道路も見えるが、青々とした田んぼや、赤い屋根の牛舎。
それはまさに今の日本の風景で、そこに暮らす人々の生活を、
この城跡はずっと見守ってきたように思えてくる。


スポンサーサイト
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム