桜の森の満開の下

  昔、鈴鹿峠にも旅人が桜の森の花の下を通らなければならないような
  道になっていました。花の咲かない頃はよろしいのですが、
  花の季節になると、旅人はみんな森の花の下で気が変になりました。
  出来るだけ早く花の下から逃げようと思って、
  青い木や枯れ木のある方へ一目散に走り出したものです。
坂口安吾「桜の森の満開の下」


毎年この頃になると、書棚から引っ張り出す本があります

花の下、友と賑やかに語らい、春の喜びを分かち合うのはいいのですが
見渡す限りの桜に、1人つつまれたら
ちょっと不思議な気分になるかも知れません

娘道成寺」でも
白拍子花子が、大蛇に変身するのは満開の桜の下





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム