越後妻有トリエンナーレ【その1】

ほくほく線の花火を楽しんでまつだい駅に着くと

くるま組の2人が改札口で迎えてくれました

【画像:310094.jpg】

駅前にど~んと建ってるのが農舞台

この地区のセンターみたいな役割を果たしているらしい

【画像:310101.jpg】
駐車場にはペイントしたニュー・ミニ

イベントに参加して会場内を走り回ると聞いていたのですが

見たのはこの2台だけ




【画像:310102.jpg】2階の展示場には日本蜘蛛学会とやらが

当に巣をかけてる蜘蛛や

多様な蜘蛛の巣の写真など飾ってあります

それにしてもみんな器用



【画像:310095.jpg】【画像:310096.jpg】

お昼はこの館内のレストラン

メチャクチャ混んでるというわけではないのに結構待ちました

玄米ご飯に野菜が主のおかず

コリンキ糸瓜が珍しく、他にも名前の分からない野菜が

【画像:310097.jpg】

昼食すませ早速友達のお孫さんの作品を見に行きます

松代地区でも室野という所

古民家を使った奴奈川舎という作品

【画像:310098.jpg】【画像:310100.jpg】

2階の床に落とした映像が彼女の作品

家の中に差し込んだ日が作る光と影も作品ということのようでしたが

生憎の曇り空

芸術はなんだかよく分からないまま

お手伝いの地元のオバサンとの会話を楽しみました

あたしが雑草抜いたげるから薬を使わないで」と

ひと山越えてお手伝いに行ってるという嬉しい話も聞けました

【画像:310099.jpg】

さて次に訪れたのは松之山地区

先ず目の飛び込んできたブナ美人林に感動

歩くとふわふわと足下の気持ちいいこと

何年分かの森林浴をしてきました

この日は更に奥まで入っていったのですが

何しろ走る距離の割に見ることの出来た数は少ないのです

おまけに道を間違えたり行き過ぎたり

なかなか辿り着けません

でも、作品ナンバーのない山や畑や道の花に

私たちは更に感動したのでした



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム