朝顔の難

我が家の玄関脇には、娘が入谷の朝顔市で買ってきたものと、
マゴ坊主が学校で育ててた(実はペットに水入れて根本に突き刺してただけ)のと、
2鉢の朝顔が並んでいます。

この花の咲き方が、どーもなんだか変なのです。

マゴ坊主の方は、派手な色の花を幾つもどんどん咲かせます。
ところが入谷のものは、何とも上品な淡い色の花なのですが、
あまりたくさん咲きません。

改良重ねた現代種と、古典的な種類との違いかな~
などと、私は単純に考えていましたが、
実は、下の方の葉の茂った辺りに、
小さな何とかバッタという虫が住みついていたのです。
それも1匹ではなく、集団で住んでるようなのです。
そしてあろうことか、ヤツらは花のつぼみの先の方を食べるのです。

こんな被害に遭おうとも、動物愛護精神溢れる娘は、
決して殺虫剤など使いません。


つまり、色のあるところを食べてしまうので、
咲いても花の根本の方の白いところが、
僅かに開くという状態だったわけで、
私なんぞ咲いてることにちっとも気づかず、
咲かない咲かないと思っていたというわけです。

IMG_2101asagao.jpgIMG_2100asagao.jpg
それでも蔓が伸びで、ようやく難を逃れて開いた花ですが、
花の形が何やら変なことになって儚げで。。。

IMG_2082asagao.jpg
現代種(?)の方も同じように形だけでなく穴だらけなのに、
何やら勢いがあるのです。

そしてある朝、住んでいるのはちっこいバッタだけでなく、
カマキリまで娘は発見してきました。
そして、このバッタ退治は、自然界の食物連鎖に則り、
このカマキリに期待することにしたのです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム