児童書とはいえ

【画像:352269.jpg】

もうじき冬休みという頃でした

小4のマゴ娘が夜遅くまでベッドで本を読んでます

親が注意すると

学校の図書の本なのでもう返さなくてはならないのだと言います

「ばーばサンタに頼んで買って貰ったら?」

と言ったところ

「えっ売ってるの



勿論ばーばサンタは勇んで買いに行きました

「あったの

嬉しそうにしながらも、半信半疑でカバーを外したり調べています

「おんなじだ~

帰ってきた叔母に当たる下の娘にも報告

「本、同じだったよ」

次買う時は本屋に連れて行きましょう



この「守り人シリーズ」

児童書ながら文化人類学者の書いたもの

なかなか評価が高く私も読んでみたいと思っていたのです



思えば私の小4の頃にも児童書の名作が出ています

竹山道雄「ビルマの竪琴」です

毎日、給食の時間に先生が読んでくれたのが忘れられません

もしかして本好きの私の原点だったのかも


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム