遅ればせの旅日記 アッシジ(3) 2012.6.1

assisi0204002.jpg

聖フランチェスコについては、
映画「ブラザー・サン シスター・ムーン」
などでも、アッシジの美しい風景と共に知られており、
キアラと共に、イタリアの守護聖人でもあることから、
イタリア国内でも、もっとも人気のある聖人といえる。

平和の祈り
神よ、
わたしをあなたの平和の道具としてお使いください。

憎しみのあるところに愛を、
いさかいのあるところにゆるしを、
分裂のあるところに一致を、
疑惑のあるところに信仰を、
誤っているところに真理を、
絶望のあるところに希望を、
闇に光を、
悲しみのあるところに喜びをもたらすものとしてください。

慰められるよりは慰めることを、
理解されるよりは理解することを、
愛されるよりは愛することを、わたしが求めますように。

わたしたちは、与えるから受け、ゆるすからからゆるされ、
自分を捨てて死に、
永遠のいのちをいただくのですから。
(女子パウロ会)

アッシジのフランチェスコの祈りとして知られているが、
フランチェスコが創ったということではなく、
フランチェスコの精神がよく伝えられてるということで、
世界中の多くの人に知られている。

アッシジ

冒頭の聖フランチェスコ大聖堂Basilica di San Francesco の写真は、
前回訪れたときに撮ったものだが、
実は今回行ってみたら、この正面の位置に、
大きな仕掛けが建設中だったのだ。
何でも、次の月曜日(6/4)に、ヨーロッパ中からアーチストが集まって、
ここで大きなライブがあるのだという。

現地の日本人司祭谷村神父様の案内で、ミサのために地下聖堂へ。

その後、洞窟のような聖堂を出て、随分奥まで案内して戴いたが、
何しろ斜面に建っている上に、長い年月をかけて作られたもので、
何処がどうなってるのか、まるで全体像がつかめない。
おまけに、誰でも入れる観光コースのようになってるところは、
当然ながら撮影禁止で、修道院部分は私室のようなものだし・・・
学びの場でもあるようで、この日は試験をやってるので、
脇の廊下を通るときはシーッとか。
まあとにかく巨大な施設である。

P6010517assisif.jpg アッシジ アッシジ <←ポチッ>

回廊からは、ウンブリア州がペルージャまで一望できる。
右の方に、教皇様がお泊まりになる部屋があるらしい。
連続するゴシックアーチが何とも美しい。

アッシジ アッシジ アッシジ <←ポチッ>


ボールと天井の下、ドアの奥は、教皇様などいらしたときの食堂。
脇の壁に「最後の晩餐」の絵が。

上の聖堂と呼ばれる所に、有名な13世紀の画家ジョットによる、
ミネルバ神殿前から始まるフランチェスコの生涯が、
28枚に描かれている。
中でも、入り口の2枚はジョット自身がすべて自身で彩色したもの。
勿論撮影は出来ないので、旅行のウェブサイトから、
有名な「小鳥に説法する聖フランチェスコ」の絵の写真をちょっと拝借。

ジョット

この聖堂の祭壇上の天井に、
全く何も描かれていない真っ白な部分がある。
1997年9月26日未明からhる頃にかけて3回の地震に襲われたが、
その際、深夜の地震の調査に来ていた文化庁の役人2人と修道士2人が、
下敷きになって亡くなっている。
祭壇が木っ端みじんになったという。
そのかけらが20万個とも30万個ともいわれ、
いろんな国から集まった青年達のボランティアの手でつなぎ合わされ、
1999年11月28日に、修復が完成した特別ミサが行われたという。
私が初めて行ったのは、その1年前だったので、
あちこちが立ち入り禁止になっていたわけだ。

2000年の大聖年の巡礼ツアーの際、
オプションで付いてたアッシジ行きをパスしてしまったが、
いまになって思えば、修復のホットな話を聞けたかもしれないと、
ちょっと残念なことをしたかも・・・

アッシジ

前庭には、フランチェスコのサインだったとか、
いまは修道会のマークになってるT(タウ)の印と、
平和を意味するラテン語のPAXの文字が。
クリスマスの時には、此所に等身大のプレゼピオが飾られる。

アッシジ 谷村神父様とも此所でお別れ。
 ありがとうございました(^.^)/~~~














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム