遅れ遅れの録音図書



10月中には仕上げるはずだったのに、
校正が上がり、もう一息というところで風邪を引いてしまった。
通常の症状は治まっても、声の調子はなかなか戻らない。

足利事件・布川事件・志布志事件・高知白バイ衝突し事故の、
4つの冤罪事件を取材した元記者が、
村木厚子元局長の、郵便不正事件をきっかけとして、
著した本なので、すっかり鮮度が大事と思って取りかかったにもかかわらず、
録音室のPCからウィルスが発見され、
かなり長期に立ち入り禁止になったり、
やっとokになったと思ったら、1部のシステム入れ替えで、
プログラミングのやり直し、
その間にも私自身の数年ぶりの体調不良で、
なにやら世間の関心がすっかり失せた頃にやっとできあがる、
という羽目になってしまった。

ところがここへ来て、また冤罪事件が起こった。
IPアドレスだけで犯人と決めつけられ拘留されたという。

結局、あっちもこっちも謝罪して回って、
ことを納めたことになっているが、
当事者にとってはそんな簡単にやり過ごすことの出来ない問題だ。

「何故やってもいないことをやったと言ってしまうのか?」

という人がいるが、これを読むと本当に恐ろしくなる。
勿論、今の我が国に身体的な危害を加えるような拷問はないにしても、
ごく普通の人が、取り調べを受けるという、
その瞬間に冷静な判断力を失うことは十分に想像出来る。

それを証拠として、裁判員裁判に提出されれば、
ましてや、郵便不正事件のように、
意図的に捏造された証拠など示されれば・・・
その時、一般の人が冤罪の加害者にされる危険さえあるのだ。

すっかり風化させてしまったかと思ったテーマだったが、
まだまだ忘れてはいけない示唆を含んでいる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム