第51回パリ祭

思いがけず聴くことが出来た、11日のカースが、
あまりに素晴らしかったから、
すっかり気が抜けてしまった毎年恒例の「パリ祭」
何だかめんどくさくなっちゃったな〜
と帰路ぼやく私に、その日の相棒は、
いろんな歌手が出るし、それはそれで楽しいと思うよ、
と慰めてくれ、
考えてみれば、このチケットも彼女に頼んで、
マチュピチュから手配して貰ったのだった。

2013 parisai

当に出かけようと思った直前、大粒の雨が落ちてきた。
同時に、

ガラガラ、ゴロゴロ、ピシャ〜ン

ギリギリまで待ったが収まりそうもない。
高い樹の多い霊園内を歩くのは止めて、
高速道路の下を歩いて、都電→副都心線。
明治神宮前を降りる頃には止んでいるかと期待したが、
雷鳴は聞こえなかったけどかなり激しく降っている。
開演時間も迫っているし、とタクシを拾ったのは大間違い。
いつも通る公園内の道は勿論入れるわけがなく、
渋谷方面に向かって暫く行くと、ぴたっと動かなくなった。
驟雨の所為かと思ったが、

「NHKホールに右折するところで滞ってるみたいですよ」

と、運転手さんが言う。
もう、開演時間が過ぎてしまった。
少し手前で降りて、結局歩く。

またピアフだよ〜
馴染みの日本語の歌詞で、馴染みの歌手が、
入れ替わり立ち替わり次々と歌っていく。

でも、やっぱり一昨昨日と比較してしまう。
司会の元アナウンサーも演奏もいつもと変わらず新鮮味はないし、
歌の合間には、ピアフの生涯が教科書を読むように語られ、
昔の司会者が車椅子で登場して、
石井好子との古い記憶を語るが、滑舌悪く聞き取れない。
大道具も、昨年に比べて安っぽくなってる気がする。

最後にゲストコーナーとか言って、
歌手でない有名人に2曲も歌わせた時には、
パリ祭もオワッタな、と思った。
客の方もすっかり年取って、それを見るのも楽しみだった、
出演者かと見紛うようなドレスの人など見なくなった。
杖やら、カートやら、おじいさんに付き添われて・・・
そうか、男性客が増えてるのはそれだったか!
ピアフ没後50年、パリ祭第51回目。
去年の50回で最後にしておけば良かったのに・・・

そんなこと密かに思ったが、トリで出てきた戸川昌子。
最前列の男性客達巻き込んで、大いに盛り上げた。
溜飲が下がったと言うか、
まあ彼女が頑張ってるうちはまた来ようか。

帰りの道すがら、この日の相棒と、

「今度、戸川さんのコンサート行って見たいね」
「いろいろ世間を騒がせた息子のNEROくんもカッコ良いし・・・」


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

戸川さん

徹子の部屋に母息子で出演しているのをみました。
30年くらい前の映像で彼女がちっとも変っていないので
びっくりしましたし 衣装も同じような感じでした。
その衣装をリメイクして息子さんが着て歌っているのですって
若い男性のシャンソンは珍しい
お母さんに教わることって多いでしょうね。
好ましかったです。

Re: EPOMさん

そうでしたか。
私は、徹子の部屋も随分ご無沙汰です。
最近の徹子さんの滑舌が・・・(>_<)

戸川さんは昔よりお行儀良くなった感じです。
息子の師となればね〜
シャンソン界では、40,50は若手です。

7月14日

甲子園が終わったにもかかわらず、最高気温が37~38℃という
日が続いていたのが、昨日から急に涼しくなりました。
暑さにかこつけて、身体を動かすことをさぼっていましたが、
10月のアンナプルナ(ネパール)トレッキングに備えて、そろそろ
トレーニングを開始しようと思います。
さて、今日NHKのラジオを聞いていたら、リスゴーティの歌う
「7月14日」が流れてきました。SP盤で雑音入りです。
日本ではフランス革命記念日とは言わずに、パリ祭というのは
何故か、私なりに考えてみました。日本で革命という言葉が持つ
マイナスのイメージが、興業にも影響したのでしょうか。

Re: 岳南健児さん

甲子園、あまりの暑さで可哀想でした。
オリンピックの外国選手達だったら、
帰国してしまうんじゃないかと思ったり。

もともとは「7月14日」という映画の主題歌で、
公開された際、「巴里祭」と邦題が付けられたためと聞いてます。
残念ながら、革命記念日だなんて知らない人も多いようです。
なにせ、戦前のことですから、
革命なんて言葉はもっての外だったかもしれません。
見ていませんが、革命記念日の巴里を舞台の恋物語で、
革命とは関係なさそうです。

トレーニング頑張って、呉々もお気を付けて行ってらっしゃいませ。
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム