塩山【恵林寺】

どうして宿六が塩山に行こうといいだしたのか分からない。
勝沼で、ワインを思い切り飲みたかったということでもなさそう。
日帰り温泉もあるよ、とは言ってたけど、
特に温泉に行きたいというわけでもなさそう。

ワイナリーを出た時は、帰りの電車の時間まで、
すでに2時間を切っていました。
電話で呼んだタクシーに乗り、運転手さんに相談。
やはりこの地に来たら、このお寺をと、
恵林寺(えりんじ)に連れて行って貰いました。

古い歴史を持つお寺のようですが、何と言っても、
武田氏の菩提寺と言うことで、
この地の人々に親しまれているようです。

IMGP4335erinji.jpg IMGP4342erinji.jpg

近頃は、11月の声を聞くとはや七五三の可愛い姿が見られます。
でも、神社じゃなくて、お寺にお参り?と思ったりするσ(・_・)

国の重要文化財に指定されてる赤門(四脚門)と
三門左右の柱に
安禅必ずしも山水を用いず、心頭滅却すれば火も亦た涼し
と何やら聞いたことのある文言が書かれています。
快川 紹喜と言う、16世紀臨済宗の僧の辞世の言葉だったなんて、
ちっとも知りませんでした。


IMGP4358erinji.jpg IMGP4370erinji.jpg

拝観料300円払って中に入ってみました。

IMGP4363erinji.jpg IMGP4366erinji.jpg

長い廊下の左手は、石庭になっていました。
広間の障子に嵌められたガラス越しの緑がキレイ。

順路に従って、行くと、途中ウグイス張りの、
それも恐ろしく煩い音のする廊下を通って、
信玄の墓所、そして何と柳沢吉保夫妻の墓所などあり・・・

IMGP4372erinji.jpg 国の名勝指定を受けている夢想国師の庭。
 
 もう少しすれば紅葉して綺麗になるのだろうか?
 苔に覆われた石が、やたらと古さだけ感じさせ・・・
 石庭にしても、どうやら庭は苦手なσ(・_・)

拝観料500円の宝物殿はパス。
刀や兜など見せられてもな~
それより、時間もないし。。。


IMGP4376kanzoyasiki.jpg

またタクシーで駅に着くと、
目の前に立派な銅板葺きの家があるではありませんか。
甘草屋敷(旧高野家住宅)とあります。
江戸時代に甘草を栽培していた屋敷で、重文に指定されてます。

無計画というより不計画な旅で仕方ないのですが、
これを見なかったのは不覚。
でも却って調べてみたら、お花が綺麗なようだし、
ひな祭りの頃は何か特別なイベントがありそうです。
そんな頃また、ふらっと行ってみてもいいかもしれません。

《写真はポチッとしてみて下さい》


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

古を感じる素晴しい古刹ですね。
ゆったりとした時が流れているようです。
武田氏の菩提寺なのですね~(#^.^#)
最後のお写真の銅板葺きの家もすごい~~~!(^^)!
今週 広島に行きます。。ドキドキです~~♪♪

塩山

武田氏といえば戦国時代のことですから随分古いのですよね。
地元に方に大事にされて来たからこその、古刹と思います。
甘草屋敷は、今度ゆっくり言ってみたいと思います。

何時かしらと思っていましたが、
いよいよ広島にいらっしゃるのですね。
私も、も1度ゆっくり行きたいと思っているのですが、
今はなかなか家を空けられず、何時のことになるやら・・・

お気を付けて行ってらっしゃーい(^_^)ノ""""
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム