スカイツリーのそばで

天の邪鬼の私は、
この先も上ることは多分ないだろうと思われるスカイツリー。
我が家の近くからも見えるけれど、
富士山が見えた時のような感動があるわけもなく、
むしろ、時には何であんなものがあそこに?
って一瞬思ったり。

朗読のイベントに参加した後の、
会食の場から思いがけず間近にみた。↓clickで拡大

スカイツリー スカイツリー スカイツリー




久しぶりの浅草。
地下鉄から浮上したら、どーんと目の前に。
ああ、そういえば、いつもは田原町の方から来るから。。。

P7291812asakusa.jpg IMG_2476asahibeer.jpg

しかし、実は今日のイベントは、この建物の中。
イヤ、隣のジョッキのビルだけど。

それにしてもこのモニュメントには困ったもの。
「金の炎」だというけれど、そんな風に見る人いるかしら。
依頼受けた仏人デザイナー、
初来日の接待の生牡蠣にあたって入院した、
その恨みの結果だと、都市伝説がweb上にあったが、
何でわざわざ外国のデザイナー頼むかな〜

IMG_2475soba.jpg

まずは腹ごしらえと、おそば屋になだれ込む。
「もり」と「ざる」
海苔が掛かってるかどーかだけで100円の違いは、
子どもの頃からの謎だが、この店は鶉の生卵がついていた。

P7291820asahibeer.jpg P7291818asahibeer.jpg P7291816asahibeer.jpg

会場はジョッキビル22階のゲストルーム。
そぼ降る雨に、折角の眺望は今ひとつ。

10分足らずの作品を持ち寄って読んだ後、
講師の先生の講評を聴く。
それぞれが選んだ10以上の個性的な作品に対して、
深い解釈と、それに沿った読み方で、
内容を聞く人に伝える朗読者の使命。
まるで文学の授業を受けているかのようでもある。

IMG_2478asahibeer.jpg

終わる頃には、雨も上がったのか空に赤みが差してきた。
隣室のレストランに移動し、スカイツリーを間近に懇親会。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム