レビー小体型認知症@NHK

IMG_2893ohagi.jpg

夜半からまた激しい雨音。
台風22号とか。
太平洋上をこっちに向かっているらしいが、
時期的にも上陸はなさそう。

IMG_2890sora.jpg IMG_2891sora.jpg

またまた「ためしてガッテン」ネタ。

認知症は誰も彼もアルツハイマー型ではないぞ、という話。
ゲストの皆さんも初めて聞いたらしく驚いてたが、
2年前に帰天した私の母は、そのレビー小体型認知症だった。

あの、へんてこな幻視は、分かっていれば笑っちゃう話だが、
当時は何が何だか分からず振り回された。
取材されてた方と、ほんとに同じようなことが起きてたのだ。
とにかく話が具体的で細かく、
アルツハイマーのように直ぐ忘れたりしない。
見た幻視を、何度でも同じように説明する。
そして、こちらが信じないと行って起こる。

今日の番組で、
ガイドラインが出来たのが2010年だと言うので驚いたが、
母が診断受けたのは2005年のことである。
その頃は、専門医以外からの情報はまるでなく、
ネット上をサーフィンしまくった。

旧ブログにその記録があるので、1部転載してみる。

メンタルの診察は、前回以後の経過メモを先に看護師さんに渡してあるので、
幻視幻覚の復活からはいる。
驚いたことに、先生に聞かれてもはっきり、
具体的に人が見えたという話をする。
私に話した時からだいぶ時間が経っているのに、忘れてないんだ!

「もしかしたらアルツハイマーではないかも知れないですね~」

真剣に聞いてた先生が言う。

「何か他のメンタル系の病気っていうことですか?」
「ええ、この間TVでやってたんですけどご覧になりました?」
「全然気が付かなかったです」
「私もたまたま見ていたんですけど、レビー小体型痴呆というんです」
「それが、幻視幻覚のある病気なんですか?」
「そうなんです。それもはっきり見えてるというのがね」

そうだとすると、パーキンソンのような症状も出て来るから、
気を付けて観察しておくようにと言われた。(2005/09/25)


最近は、いろいろなメディアでも取り上げるようになったし、
アルツハイマー型に次いで多いと言われるようになった。
今日の番組では、認知症の5人に1人いるという。
なるほど、9人のグループホームには、
母の他にもう1人レビーらしい人がいた。

それにしても、この頃の投稿を読み返してみると、
毎日のエピソードが凄い。
私自身もプレドニン飲んだり点滴に行ったりと、
ホントにギリギリだったなと思う。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム