ちらっと星寛治という人

霊園

夜半からの雨音は夕方まで激しくなるばかり。
寒い1日だった。

メディアによる宣教を使命として作られた女子修道会が発行している、
小さな雑誌「あけぼの」のほんの1・2ページの録音を担当させて貰って、
もう20年以上になろうか。
自宅のテープデッキはかなり古くなり、今はもう精算されてないので、
毎回おっかなびっくりで録音する。
それにこんな日は、雨音が入るのではと気になる。

今月も三浦暁子さんの連載エッセイを録音させて貰ったが、
この雑誌の執筆者は実にバラエティに富んで、毎号読み応えがある。

今回は、ブログ「畑に吹く風」のなかでスベルベさんが感動を持って紹介されてた、
星寛治という名を見つけ、読んでみた。

今月の特集「”いのち”の地平」のなかで、
「豊饒の大地を守るーいのちの縦糸と横糸と」と題したエッセイ。
農業のことなど何も分からない私が100%共感してしまった。

先祖から子孫へとDNAで繋がっていくいのちの縦糸
同時代を共に生きるいのちの横糸


わずか2ページのものだが、実に読み応えがあり、
有機農業を実践しながら教育長も務めたという、
その経験から生まれた確かなものを感じる。

今抱えている積ん読が片付いたら著書に手を伸ばしてみようかと思ったり。

霊園




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム