ありがとう小林カツ代さん

料理研究家の小林カツ代さんが召された。

IMG_3890libro.jpg

手許に、30年ほど前の古い本が1冊ある。
小林さんと、栄養学の長澤千佐子さんが主宰していた
「まゆの会」の極々1部の記録である。

「まゆの会」は1978年4月に始まったとのことだが、
私が参加したのが一体いつ頃だったのか、
そしてどのくらいの期間通ったのか、情けないことに覚えていない(^^ゞ

たまたま会場が区の施設だったので、多分区報に載ってたかして行ってみたんだと思う。
月2回開催され、一回500円で誰でも参加できた。
当時未だ珍しかった託児付きだったような気がするが、
我が家はもうみんな学校に行ってたから利用したことはない。

とにかく、実にバラエティに富んだ講師のお話を次々に聴かせて貰った。
講師には、すでにメディアでよく見る方も多かったが、
身近でお話を聞くと印象も随分違ったものだし、
少人数の場でなければ聞けない話もあった。

幸田弘子さんの朗読、
女性詩人の歌を作曲している吉岡しげ美さんの弾き語りも聴かせて貰った。
ハーブの花束を抱えて登場した広田靚子さんは全員にミントの苗のお土産。
優しいお花と対照的に、広田さんの手がお百姓さんのように、
日焼けして逞しかったのが印象的だった。
チャリティバザーをやったこともあった。

この「まゆの会」が何時終焉を迎えたのか、これも記憶にない。
おそらく私も忙しくなって、何時しか足が遠退いたのだと思う。
でも、此処で見聞きしたことが、
その後の私の生活をどれほど豊かにしたか測り知れない。

お料理の弟子ではなかったけれど、感謝で一杯だ。

最後にお目にかかったのは、バリバリで活躍中の2004年。
龍野めぐみさんのリサイタル会場草月ホールのロビーだった。
シャンソンのレッスンを受けているのだという話だった。

その折、本が次々出るから私、買い切れないというと、
「私のは買わないでいいから、息子の本買ってやって!」と言われた。

その息子のケンタロウさんも、2年前のバイク事故から未だ復帰されてない。
カツ代さんには知らされてなかったそうだが、
ご家族のご苦労は想像にあまりある。

心からご冥福を祈るばかりです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム