ケーキ屋さん

辛い1日が終わる。
被災地の人間が身近にいると、
この日をどう過ごしたら良いか分からなくなる。
家族が無事だっただけに、失った多くのものや思い出を、
3年経った今も語ることはない。

こんな日はケーキでも買って・・・

お気に入りの店に寄ってみると、ケースは空っぽ。
近くのあずま通りに新店舗オープンの貼り紙が。
ドアを開け、工房から出てきた人に場所を尋ねる。

勝手知ったる地元故、直ぐ見つかった。
あれっ?此処はラーメン屋だったか?
建物って、なくなってみるとなかなか思い出せない。

IMG_4180cake.jpg

何だかメチャ可愛い色合いの外観

IMG_4182cake.jpg IMG_4184cake.jpg ←click

品揃えも豊富でテーブルも置かれ、17日からはランチもやるという。
どんなものを出すのだろう・・・気になる。
今月もお誕生日の家族がいる。
ケーキの予約を忘れないようにしなくちゃ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

陸前高田の思いで

ボクの親戚は陸前高田に居ました。祖父の実弟一族です。
父の従兄が4人、その奥さんの実家が2つ、この町にありました。

ボクが中学の時に、1週間その家で過ごしました。広い砂浜、何万本も有る広い松林。1週間居たお陰で、何人も友達が出来、楽しい思い出でした。

でも3月11日、テレビを見たら、陸前高田の町は、津波とその後発生した火災で、真っ暗な闇の中、炎だけが見えていた。

数日たって、高田の町にカメラが入って・・・・・・映し出されたのは、がれきばかりの知らない荒野。役所脇にあった親戚の家も、駅前で床屋さんをしていた親戚も、何にもない。言葉に詰まり、もう、何も見たくない気持ちでした。

幸い親戚は、大部分生存が解ったのは1週間も経ってから。それでも3人の親戚が帰らぬ人となり2人は未だに遺体さえない。きっと中学の時に仲良くなった友達にも・・・・・未だに怖くて消息が聞けません。

今年の夏、家族と墓参りに行こうと話しております。そんなことしか出来ないですから・・・・・

Re: 琴ちゃん

あ〜、それは堪らない。

私は10年以上も前に高校時代の友達数人と訪れた、三陸海岸の美しさが焼き付いていて、
その時気紛れに乗った三陸鉄道とともに懐かしく、また訪れたいと思いながら、
一方で、あの素晴らしかった記憶をそのまま残しておきたいと思ったり・・・

お辛いでしょうけれど、みなさんでお墓参りにいらしたら、何より喜んで戴けることでしょう。
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム