三越のライオン

奥付まで一通り読み終えて、今日から自己校正。
実は、これが最もイヤな作業。
全篇読み直したいという衝動を抑え込んで、
自己嫌悪との戦いでもある。



この本を読んでいて、エッ!と思ったことがある。
それは、池袋三越が閉店になったあと、
入り口にあったライオン像が、
墨田区の三囲神社というところで余生を送っていると言うことだ。

lion@mitsukoshi.jpg lion2@mitsukosi.jpg

閉店の日(2009/5/6)、多くの人に別れを惜しまれたあのライオンが、
健在だと知って嬉しかったが、なぜそんなところに行ったの?
とググってみたら・・・

この三囲神社というのは三井家の守護神だそうで(なるほどの文字が入ってる)
因みに、三越は、三井家の呉服店越後屋ってこと。
都内でも、あんまりいったことのない方面だけど、
ライオンに会いに行ってみようかなんて思った。

家を出る直前に、理化学の調査委員会の会見が始まって、つい見てしまった。
あとになって、当人から「単純なミス」という反論があったようだが、
「単純なミス」なら許されると、本当に思っているなら、それが1番の問題だな〜
科学者である以前に社会人としてどうよ???



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

三井のライオン

ああ、そう言われてみれば、確かにライオンが居ましたね。
そうなのですか、三囲神社・・・・ああ、言問橋と桜橋の間にある神社ですね。あんなところで余生を送っているんだ・・・・。

同じライオンでも、日本橋のライオンには、ずいぶん待ち合わせでお世話になっています。その親戚が今は墨田の神社ですか?今度見てきましょうか~(*^_^*)

因みに叔父の勤めている会社が、同じグループなんですよ(^^;)

Re: 三井のライオン

三囲神社、私行ったことないんです。
ちょっと時間を取って、あの辺り歩いてみたいです。

あのライオンの原型は、ロンドンのトラファルガー広場のものだそうですが、
行ったのか行かなかったのかの記憶も定かでなく、
ましてライオン像など・・・
琴ちゃんいらっしゃることあったら、確認してきた下さいね。
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム