廃屋に咲く

IMG_4303haioku.jpg

ある日、都電雑司ヶ谷駅に立って、驚いた。
桜か?
でも未だちょっと桜にしては早い頃。

近寄ってみたら木蓮のようだ。

近くを通る度に気になってた廃屋。
線路を挟んでこっち側にあった別の一軒は最近取り壊された。
こちらも表札が付いたままだった。

IMG_3914haioku.jpg

この木蓮の家は、どう見ても、門は線路に向いている。
間に道はない。
どうやって暮らしてたのか・・・

以前、もっと鬼子母神停留所寄りには、
MY踏切(専用の踏切)のある家もあった。
良く、軒下すれすれに走る都電などといわれるが、それどころではない。
線路を跨いで家に入るという、そんな生活があったということだ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

廃屋

かつては大事に手入れをされていただろう樹が、
主なき春に花を咲かせるのは何ともあれこれと感慨深いものがありますね。

あっは、ほんとだ。門の前に道路が無くて都電(!)。

Re: kurakameさん

「あるじなきとて春な忘れそ」
って、胸を突くものがあります。

廃屋にならないまでも、空き家が多く、
その一軒一軒に、一家の事情やら都合やらがあるのでしょうけれど、
もったいない気がしてなりません。

見たこと有る~♪

あ、この家、雑司ヶ谷駅の少し北側の家ですよね。後がたしか中央法律専門学校とか言う建物が有りましたよね(^^;)

何回か荒川線に乗って、「あーこんな処にも廃屋が有るんだ」って、妙に気になった処です。そう言えば、確かに鉄の門扉が線路側に有りましたね。ボクは裏口かと思って、別に気にしなかったのですが、言われてみれば、出たら直ぐ線路というのも凄いですよね。

Re:琴ちゃん

そうそう、専門学校のとこ。
直ぐ脇に踏切があるんだけど、数メートルは、電車の軌道上を歩かないと門には辿り着けないとおもうけど、昔はこんな家普通にあったのかも知れません。
きっと電車の本数も今より少なくて、あんまり危険を感じなかったのでしょうね。
勿論建築基準法なんて無きに等しい時代のこと。
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム