スカイツリーとの1週間

眼の手術をして、もう読んだり眼を使って大丈夫なの?

と訊かれるのですが、TVもPCも、
疲れない程度なら、かまわないといわれています。

実は病室でも、電話は同室の人に迷惑だからということで禁止ですが、
携帯メールは普通にしてました。
ですから、iPhoneのおかげで、少しも退屈しない入院生活を過ごせたわけです。

特に、ホントにラッキーなことに、13階の私の病室の、
窓際の私のベッドからは、真正面にスカイツリーが見え、
朝に夕に風景を楽しませてくれました。

残念ながら、朝日が昇るところは、隣の病院の影になり、
スカイツリーとのセットで見ることは出来ませんでしたが、
朝焼けと、建物のガラスに反射する朝日もまた美しいものでした。

しかも、スカイツリーの細かい部分が、視力の回復と共に、
少しずつよく見えてくるような気がして、それも嬉しいことでした。

まさか、入院に、それも当初は3泊4日の筈でしたから、
大きなカメラを持っていくことなど考えるわけもなく、
iPhoneの小さなレンズの少ない画素数ですが、
撮った写真は約70枚にもなっていました。

拡大すれば荒い画像になると思いますが、敢えてサムネイルで

IMG_2952skytree.jpg IMG_2960skytree.jpg IMG_2970skytree.jpg
IMG_2994skytree.jpg IMG_3038skytree.jpg IMG_2995skytree.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様!

chiaraさん
最近は携帯電話が持ち込めるので、
以前の入院に比べると退屈しなくなりましたね。
愚生は退院した日にもうPCを開けていましたよ。

gettengさん

勿論PCもおkなのですが、
iPhoneのおかげで、持ち込まずにすみました。
退屈はしませんでしたが、運動不足だったようです。
病院食だったのに、
体重が少しも減ってなかったというのは・・・(^^ゞ
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム