勉強会の後はまた豪雨

IMG_5091tsuyukusa.jpg

NHKラジオ深夜便のアンカーを務めるアナウンサーを、
講師にお願いしての特別勉強会。

「音訳」は「朗読」とは違うと、いつも言われてきたけれど、
正直、どう違うのか、私は納得できる答えを持っていなかった。

しかし、最近になって朗読のセミナーに出てみて分かったことは、
生の声で聞かせるか、録音した物を聴いて貰うかに、
大きな違いがあることだった。

目の前の人に訊いて貰う朗読の場合は、
聴いてる人に感動を与える表現の追求になるだろうから、
それはそれで奥深く難しい。

一方、そういった芸術性を求められることはなく、
唯正しく伝えることを目的とする音訳にも、
マイクの性能が良くなり、デジタル録音になりと進化してくると、
ほんの僅かな余計な音まで拾われちゃうという悩みがある。
口中音然り、呼吸音然り。
老化、体調不良など、てきめんに響くから侮れない。

立派なプロであっても、生放送の現場に立つ今回の講師ゆえ、
こんな悩みも分かって貰えてアドバイスも貰える。

調べてみれば、

『音訳ということばを使い始めた理由は、かってボランティア自身の好みが前に出すぎて、目的性が希薄な状況があり、目的を忘れない方策として考えられたのです。現実の活動が目的に沿ってしっかりしていればなんら呼称にこだわる必要はありません』(『点字と朗読を学ぼう』本間一夫他編・福村出版)

ということで、20年余前から使われるようになったらしい。
因みに我々の会も「朗読会」と称している。

IMG_5093churinjo.jpg

駅南の駐輪場で2泊3日の自転車、300円払って受け取り帰る途中、
家まであと300mほどの所で、またもやいきなり豪雨。
前も見えなくなるようなふりで、
傘は持ってるけど、差して自転車押すなんて無理。
一気にはしって帰って来たけど、着てるものが絞れるほど濡れた。

昨日テレビで見た都下の方で降った雹は、まるで流氷のようだった。
いつまで続くのか?このゲリラ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム