朗読会「ひとよの会」

IMG_6058reien.jpg

今朝は一時土砂降りで驚いた。
昨日から急に寒くなった。
その所為か、霊園も随分色づいてきた感じがする。
この季節、日々紅葉が進んでいくのが見られて楽しい。

私が雑誌で使おうと思っている録音室が、確か今日の午前中は空いてるはず。
午後の朗読会を聴きに行く前に、
ファイルを作って冒頭部分だけでも入れておきたいと思って、家を出た。

音訳ボランティアの厳しさに、いつまでついて行けるのか?
でも、声を出して読むのは小学校の頃から好きだったし、
そもそも、歌もお喋りも、声を使うことはみんな好きみたいなσ(^_^;

朗読という形なら、もっと自由で、長く続けられるかも知れないと、
昔から、ナレーションの声が好きだった声優さんが講師をするセミナーを、
受講するようになって2年。

そのクラスの仲間というか先輩3人が、
毎年公演している朗読会に初めて行ってみた。
会場は、荻窪のカフェレストランという。

行ってみたらなかなかオシャレじゃないか。
アップライトだけどピアノが置かれ、スポットライトなどもあり、
ちょっとしたライブハウスの様相。

IMG_6061rodoku.jpg

演目は「おくま嘘歌」(深沢七郎)と「私にふさわしいホテル」(柚木麻子)

3人が、役割分担をして読むという形で進行し、
「おくま嘘歌」はとても丁寧な仕上がりで感動的だったが、
私はどうも深沢七郎は苦手だと、改めて確認する結果になった。

柚木麻子の方は、あまりにも若いと言うことで、何となく敬遠してた、
というより見送ってた作家だが、先入観がなかっただけに楽しかった。
帰って早速、他の作品をダウンロードしてみた。

私たちは、本を読んで感動するけれど、
聴いて感動することが出来るのか・・・
読み手という媒体が余計なものになっていなければいいがと、
我が身を振り返って改めて思った。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム