ロールキャベツアゲイン

P1300291kuki.jpg

いよいよ東京にも雪が降るという予報に、
目が覚めてそっと窓から外を覗いた見たら、
まだビチャビチャ音がしていたがっかり。

明るくなった頃からすこ〜しずつ雪化粧。
しかしお昼には冷たい雨に変わり、午後図書館に向かった時にはそれも止んだ。
あっけなかったが、今期初めての積雪の記録とか。


大きなキャベツに出会った時、ロールキャベツにしよう!
というのがこれまでの私。
ところが友だちは小さいキャベツで数をいっぱいつくるという。

このブログを見て、剥がすのに苦労してるみたいだけどとメールくれた。
まず、小さいキャベツなら丸ごと茹でてから剥がすので楽ちんだと。
その後の手順もなかなか良さそうだ。

先週の土曜日、千葉から野菜持ってきてくれるオバサンから、
あえて小ぶりのキャベツを2つ買ってみた。
1つは千切りなど生食用に、そしてもう一つは勿論ロールキャベツに。

IMG_6586cabedge.jpg

お鍋にドボンと入れて茹で始めたが、
さてどのくらい茹でればいいのだろうか?
茹ですぎたら柔らかくなりすぎて包む時破れちゃいそうだし・・・

で、そろそろ包めそうな程度に柔らかくなってる、
と思ったところで引き上げた。
なるほど、実にスムーズに剥がすことが出来た・・・途中までは。

ところが中の方はまだ火が通っていなくてごわごわしている。
それでも剥がすのはキレイに出来たが、肉を包める柔らかさではない。
柔らかくなってる葉で肉を包む一方、固いのはお鍋に逆戻りさせた。

IMG_6597rollcabedge.jpg

そして、1枚も破くことなく最後の最後までばらし、
大小かなりの数のロールキャベツが出来上がった。
各自の食欲に合わせて大きさ組み合わせて食べられるというのもいい。

あの複雑に絡み合ってキャベツの葉を解きほぐす時の緊張感も、
嫌いではなかったが、破いちゃった時の挫折感とかは気が重い。
これで、ロールキャベツのハードルは随分低くなった。

遠く離れていても、こうしてブログやらFBで交流できるのは嬉しい。
そして、最近つくづく思うのは、この歳になってもまだまだ、
固定観念にとらわれている自分。

高山なおみさんの本を読みながら気付かされたことでもあるのだけれど、
こうした、友のちょっとしたアドバイスというか提案というか、
なんて有り難いんだろうと思う。
まだ自分にも伸び代があるような気がして嬉しい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あれ?..コメントを投稿してみたんですが...もう一度やり直し?..

外野席からのお節介?..と案じていたのですが 試していただけたようで 嬉しいこと!~
ところで 少し説明不足だったようなのですが お湯の鍋は火にかけたまま. そこに芯にフォークなどをぐさっと刺したキャベツを丸ごと入れて..で フォークを持ってくるくるとキャベツを回しながら利き手に持った包丁で 芯に近いところに刃を入れて..で 1枚ずつ剥がしていくのです. 剥がした葉で キャベツが扱い難くなったら その葉をざるにとっておくとか..で剥がし作業を続けるのです.
私は予め ロールキャベツの具を同じサイズに丸めておきますので 葉の大きさによって見た目のサイズは違っても中身は同じ..としています.

兎に角 試していただけて嬉しいです~ ア・リ・ガ・ト・ウ!~

No title

今回は 無事投稿できたみたい..と思ってそろそろベッドに入る準備で歯を磨いたり..だったのですが ふと思いついたのです~

要するに パリパリの生の葉が扱い難いだけで しんなりさせたら扱い易くなって葉も破れないし 中身も包み易い..と云う点が鍵なだけですから ご自身独特の一番気に入ったやり方を習得されて 気軽にまたロールキャベツを作って 皆さんでお食事をお楽しみください!~

ところで..スロークッカーを使っておられます?
マメや昆布を煮たり シチューを作るのに とても便利な家電製品です~
朝 大き目のスロークッカーにロールキャベツを仕込んで出かけられたら家に戻った時 良い匂いが充満していて夕食準備完了~ 主婦業もルンルン!だと思います~(^-^)




実家の母の剥き方

前回、ロールキャベツの記事の後、実家の母に、我が家流の剥き方を効きましたので、ちょっと一筆~♪

実家では、少人数の時は、キャベツの1枚の葉の根元を切り、そこから勢いよく流水を入れるとペロッと向けます。使用枚数分繰り返せばOK。

大量に造る場合は、キャベツの芯をえぐり出し、その後ラップを全面に隙間無く巻、電子レンジでチンする。取りだしたらさめるのを待ち、その後流水をえぐった芯の処から注ぎ入れると、水の勢いで、剥がれていきます。

以上、自己流ならぬ実家流キャベツの剥き方でした(^^;)どうですか?こんなやり方は~(^∀^)

ロールキャベツ

いやあ、助かりました。
次回の男の料理教室で「次は何にしましょうか?」と
先生から訊ねられるので
「ロールキャベツをお願いします」と答えます。
拝見していて、しばらくロールキャベツを作ってないなって思った次第。

Re: Yukikoさん

いや〜、凄い技術をお持ちと改めて感心しました。
そう、芯から離すことがすべての原点で・・・
芯の所に包丁入れても大きいキャベツは固くてなかなか思うように切り取れません。
しっかし〜、お鍋の中で回しながらなんてそんな器用なこと出来るかなσ(^_^;
とにかく近いうちに再度挑戦してみましょう。
みんなの好物なので、食べたばっかりなんて文句言う者はいないと思いますので。

いろいろホントにありがとう。

Re:Yukikoさん

スロークッカー???
シャトルシェフというほったらかし鍋は見たことあるのですが・・・

ググってみたら、アメリカでは一家に1つはあるものだとか。
Amazon見ても、日本の大手家電メーカでは出してないようで、
だから知られてないのかな?と思います。

でも使っている人のブログなど見るととても重宝しそうなので、探してみます。
どうも、実物を見ないと大きさとか不安で買えないのです(>_<)

Re: 琴ちゃん

そう、まさに少量の時は芯をくり抜いてから水道の下で必要枚数だけ剥きます。
丸ごとチンもやりましたが、大きすぎるのか柔らかくなり方がムラになるのです。
で、剥がした物を何枚かずつガラスボールに入れてチンで柔らかくする、
というやり方が日常化していました。
ところがこの間の巨大キャベツは剥がしたってチンには入らず大鍋で茹でたのでした。。。

Re: 風さん

それはいいタイミングでしたね。
でも、先生はまた違う秘術をお持ちかも。

ブログUPをお待ちしています。

No title

スロークッカーって 余り一般化していないのですかぁ~

どんなものがあるかなぁ?..と思われているのでしたらCoogle で slow cooker って入力して検索されたら 山ほど出てくると思います~

我が家は普段3合炊きの電気釜を使っているのですが 子ども達に..と何軒分かのお寿司を作るためには1升炊きが要るのです. 30余年使っていた日本で買った電気釜が死んだので こちら製のものを新調したのですが それにスロークックの機能もついてたのでびっくり!
スロークッカーでの調理用の料理本も沢山市販されています.興味がおありならリクエストしていただいたら買ってお贈りします..よ!

私の考えでは どのメーカーの鍋でも機能的には同等だと思いますので ご家族の人数に合ったサイズのものを買われるのがベスト!と思います~

Re: Yukikoさん

いろいろ情報をありがとうございます。

サイト巡りを散々した結果、こちらで発売しているのは、
初めて聞く「アルコレ」時々目にする「Twinbird」の2社のみのようです。

ところが、英語のAmazonにはホントにずら〜っと並んでてビックリ。
でも、日本のものとは形も違うのですね〜
レビューとかブログとか見ると、これまた様々で。

現物を見たいと思ったのですが、デパートなどには置いてなく、
取り寄せるという所もありましたが、家電量販店ならあるかもということで、
見に行ってみようと思ってます。
ホームセンターにもあるかも知れないのですが、近くにないので。

気になっているのは、日本製は陶製の内鍋が付いててそれが直火にかけられるとか。
でも我が家はIHコンロなので、金属鍋しかかけられないので、
直火にかけるというステップがどういうことなのか。。。

大きいのが欲しくて、並行輸入品に買い換えたという記事もあったのですが、
Hzが違うので、時間の換算をしてどうのこうのと、これまためんどくさそうなのです。

日本製の物のサイズは2L~3L位のようで、これも出来たら現物かくにんしたいので。
置き場所のこともあるし・・・

とにかく、近いうちにこちらでご報告させて戴きますね。
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム