お墓参り

IMG_7157itsukaichi.jpg

当に行楽日和。
見るからにハイキングやサイクリングの人がいっぱい。
横目で見ながらいつもの駅前の店でお花を買い、
1人タクシーで霊園に向かう。

私も行きたいけど・・・といいながら出勤した娘1は、
小さい頃から父親似といわれてきたけれど、
どうやらワーカーホリックまで移ったようだ。

下でバケツやら雑巾やらを借りて、
そのまま我が家のお墓の近くまで上って貰う。
お彼岸もお盆も関係なく、こんな気候の良い時が、
墓参日和とでもいうように、結構人が多い。

去年、雑草が生えにくい仕様にしてもたっらので、
お掃除はすっかり楽になった。
それでも玉砂利の間に入った落ち葉など、
ひとつひとつ拾っているうちに直射日光を浴びて暑くなってくる。

IMG_7171itsukaichi.jpg

駅前のお花屋さんには、お墓参り用の花束も、
いろとりどりで1つ550円、母の好きそうな色のを1対選んだ。
都心のお寺や霊園周辺の花屋だと、1つ1500円位もしたりするから、
結構な出費になって、足も遠退きかねない。

IMG_7167itsukaichi.jpg IMG_7165itsukaichi.jpg←ポチッ

お墓の背後の山は、もうすっかり緑に覆われ、
振り向けば、五日市の街が一望できる。
このロケーションを気に入って、母はこの地を選んだ。
そして、祖父母の遺骨と父の遺髪と爪の入った壺を、
お寺から引き上げて連れてきた。

近いところを選んで、度々お参りをして貰うことよりも、
自分が居心地の良いところを選んだような気がする。
死ぬ前に洗礼を受けると言い続けていた母は、
もうずっと昔から復活を信じていたのだろうか。

IMG_7174itsukaichi.jpg

いつかの斜面崩壊の修復工事も大分進んでるようだ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム