思い出を辿る

目が覚めたらもう6時過ぎていた。
部屋の電気はは煌々とついている。
いったいいつ寝たんだろう?

7時間位は眠っただろうか?
あり得ない。
家でぐっすり~にゃをセットしての最高は4時間22分。

つい最近、娘にベッドのマットがいい加減へたってると指摘された。
確かに毎朝、目がさめると身体中が痛い。
歳のせいで仕方ないと思っていたのだが、今日は全く痛くない、
ということは・・・やはりマットのせいか?

昨日買っておいたサンドイッチと牛乳とフルーツで朝食を済まし、
コンクリートの隙間から入り口を塞ぐように生えていた草を、
とにかく採らなくちゃ!
建物がほぼ真南に向いているので、朝から陽射しが強烈。

IMG_7639zasso.jpg

もうこれだけでフーフー。
裏の宝物他やら笹やら伸びているけど、もうダメ。
次に来た時にはどんなことになってるか?
まあ、日当たりが良いところではないし、
何とかなるだろうと、持ってきたデスクワークを始める。

しかし、あまりの暑さに外へ出られない。
食べ物は何もない。
200mくらいのところにあるコンビニへさへ行く気にならない。

家の前は国道だ。
以前は街路樹があったのに、共同溝を作る時に全部取っ払ったまんま。
その時、抜いた樹はどうするのか?と母が尋ねたら、
駿府公園に移植するから心配するなという返事だったと。

いや、そういうことじゃなくて、
街路樹がなくなることが母には問題だったのだ。
東京と違って車社会の地方都市には街路樹は必要ないのか・・・

結局陰が長くなる頃まで待って、帰り支度をして家を出た。
しかしバスはなかなか来ない。
影の出来てる側を、バスの進行方向に向かって歩き始める。
バスが追いついてきたところで乗ろうと。

IMG_7642shichikencho.jpg

しかし、追いつかれることなく七間町通りまで来た。
この辺りには、かつて映画館が集まっており、
「エデンの東」も「黒いオルフェ」も、
大晦日には毎年母と寅さんを見に来たのもこの辺りだった。

IMG_7643shichikencho.jpg

そのまま七間町通りを県庁の方に向かうと、
唯一、東宝会館という映画館かあったが、
昔とは違うシネコンになってるようだ。

IMG_7647shichikencho.jpg

暫く行くと、右側に、此処も確か映画館だった。
松竹だったような。。。

その向かいにあったのは吉見書店
とにかく品揃えもよく、しょっちゅう入り浸っていた。
当時でも、買うと包装紙でカバーを掛けてくれ、
シンプルなイラストの栞を挟んでくれたのが嬉しかった。

IMG_7650reimen.jpg

裏にあった田中屋という百貨店が伊勢丹になり、
吉見も買収されてしまったのか、今はない。
その伊勢丹の上で、昼食とも夕食ともつかない冷やし中華を食べた。

私は、横浜で焼け出された後、小学校に入る半年くらい前から、
中学2年まで、この商店街の裏手に住んでいた。
だから、遊んだ友だちは、殆どこの辺りの商店の子どもだった。

IMG_7649shizuoka.jpg

今はもう、殆どの○○ちゃんたちの消息は知らない。
でも、1人、H子ちゃんは今もお店に出てるわよ、と聞いたので、
思い切って店番の女性に尋ねてみた。

「私ですけど」
お忘れかも知れませんけど・・・と名乗ると、手を取って喜んでくれた。
そして、私の母の思い出を繰り返し繰り返し語ってくれた。

ああ、よかった!記憶の確かなうちに再会できて。
今のうちに、過去を確かめる作業が必要かも知れない。
小中学校の友だちもいっぱいいる静岡に来た時は臆せず訪ねてみよう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム