友を送る

IMG_8153kandach.jpg

今月に入って辛く悲しいことが続く。
療養中だった親戚の青年を送り、
昨日はまた大事な友を送った。

突然の訃報だった。
聞いてみれば、昨年すでに余命半年の宣告を受けていたという。
そんなに長く会っていなかったのだ。。。

昨夜、自宅での通夜に久しぶりに訪れた彼女の家には、
4人の子ども達とそれぞれのお連れ合いが揃って、
小さな子どもの声も混じって、相変わらず幸せそうだった。

「寂しくなるね〜」と口々に言いながらも、
すべてを委ね受け入れる、遡れば隠れキリシタンだったかもという、
世代を重ねた明るい聖家族の中で私は涙が止まらなかった。

葬儀ミサ・告別式は、彼女が生まれて直ぐ洗礼を受け、
結婚式を挙げ、母上を送った都心の古い教会で行われた。
娘2人とチビマゴも参列させて貰い祈った。

IMG_8154kandach.jpg

彼女が残したものは大きい。
そして、それは家族の中に連綿と伝えられていくと確信できる。
これこそが永遠の命なのかと思ってみる。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム