ボリビアからの神父さん

南米ボリビアで、40年近くも働いていらっしゃる神父さんが、
今年も帰国なさっているというので、
いつもの仲間で修道院を訪ねた。

IMG_8734.jpg

四谷駅に集合して、赤坂御所を左手に権田原方面に向かう。
途中、道端の小さな公園にとてつもなく大きな木がそびえていて、
足を止める。

IMG_8735.jpg

葉も実もないが木肌はプラタナス、区内で1番大きい樹木とのこと。
イチョウやケヤキの大木は見慣れているけれど、プラタナスとは。
我が家の近所の霊園の中にもあるけれど、これほど大きくはない。

IMG_8737.jpg

右に折れて、坂を登って行くと右手に修道院の建物がある。
屋根のてっぺんの飾り(?)がいつもイタリアを思い出させる。
王様派と教会派の区別はここではいらないと思うけど。。。

IMG_1213.jpg d0097427_21078.jpg

ちなみに左はシエナで撮ったもの。
王様派は見つからなかったので、右はネットからの借り物です

IMG_8741.jpg IMG_8738.jpg←click

修道院前庭の花壇では南天の実が真っ赤。
伸び過ぎた水仙の葉を束ねてあるのは他所ではあんまり見ない気がする。

ここの居住者は今5人だそうだが、この神父さんのように一時帰国や、
国内の他の地域からいらっしゃる方の宿舎にもなっている。

今年司祭になって50年目という神父さんは、
癌の手術をしたり、網膜剥離も経過観察と言いながら変わらずお元気で、
常に誰もが知ってるような歌を口ずさんでとことん明るい。

私たちも年々歳を重ね、今年も一人いらっしゃれなかったけど、
お目にかかれば元気をもらえる気がするから、
きっとまた来年もみんなでお目にかかれる気がする。

IMG_8740.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム