田宮亜紀さんの器

IMG_3631suzukike.jpg ←ポチッ

今月始め、静岡の友人宅(登録文化財指定)のイベントで、
陶芸作家田宮亜紀さんの作品に、すっかり魅せられてしまいました。

IMG_3638tamiya.jpg ←ポチッ

陶器とも磁器とも違う、焼き〆という、何とも渋い器たち。
どこか凜としています。
一方、最近始めたという釉薬を施したものは、
作家さんのイメージに似て、柔らかな優しい感じです。

近々、東京でも展示会があると聞き、
それがまた、
大好きな吹きガラスの安土忠久さんとコラボだそうで、
これは見逃すわけにはいかないと、ギャラリーイチョウに、行ってきました。

田宮さんが、

「とても素敵なギャラリーですから、是非」

と仰ってたので、それもとても楽しみでした。

IMG_3632 icyiyo ←ポチッ

成城といえば、東京でも有数のお屋敷まち。
その一角にある、おしゃれな住宅が丸ごとギャラリーなのです。

静岡の歴史ある家で、しっかり馴染んでいた田宮産の作品ですが、
今度は、全く違うモダーンな雰囲気の中で、
これまた生き生きとしているのに、感激しました。

IMG_3635tamiya.jpg ←ポチッ

とても私の手には負えないと思っていた焼き〆も、
いろいろ見てみると、一寸使ってみたくなり、
随分迷ったのですが、安土さんのガラスと組み合わせた、
平らな薄いお皿を一枚買ってみました。

IMG_3657tamiya.jpg IMG_3654tamiya.jpg

そして、静岡で見た時から欲しいとおもってた緑釉薬のものは、
小振りの盛り鉢を戴き、これまた重宝しそうです。

お気に入りのものを身近に置くささやかな楽しみ、
こういう買い物は、とても心が和むのです。

とりあえず満足して帰ったのですが、
後から思えば、ああ、あれも欲しかったな、これも・・・
などと思い返し、サイトで田宮さんの作品を置いてるお店を探し、
そのうちに行ってみようかな、などと思ったりしているのです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム