サトーハチロー「エンコの六」

IMG_9736.jpg

サトーハチローといえば、子供の頃は、
「小さい秋みつけた」などの童謡や、
「リンゴの唄」など数々の歌謡曲の作詞家として知り、
この地に来てからは、近くの霊園でお墓を見つけたりして、
私にとって、とても親しみを感じさせる詩人だった。

先日、寅どしよりさんのブログを拝見していたら、
「エンコの六」という小説が登場して、
そうか、ユーモア小説も書いてたんだと思い出し、
早速図書館で借りてきた。

IMG_9737.jpg

手にしてみると、レトロ感たっぷりの題字、装丁。
ページを繰ると、ところどころに見開きの挿絵、
文章は、もちろん旧仮名遣いでオールルビ。

祖父母はとても本好きだったけれど、
空襲にあって何も残っていなかったから、
私には懐かしいというより感激な1冊だった。

エンコとは、公園の逆読みで、なぜか浅草のことを言うらしい。
そこを仕事場にするスリの六さん主人公のエピソードが12編。
当時の言葉遣い、風物詩がなんとも興味深い。

IMG_9738.jpg IMG_9739.jpg

そして驚いたことに、奥付が2つ付いている。
昭和7年のものと、昭和57年のもの。
どうやら半世紀を経て復刻されたようだ。

そして、定価が2200円とあるが、
当時としては、ずいぶん高価だったのではないか。

稀覯本というほどのものではないのかもしれないが、
Amazonで検索しても見つからないので、
私にとっては、貴重な出会いだった気がする。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつもブログを読んでいただきありがとうございます、整骨院でときどきお噂をしていました。気力なく、無駄な年ばかりとって、すぐに90歳!
私の読んだのは昭和7年のものなのですね、小学生でよく覚えていないが、貸本でたいした製本ではなかったとおもいます。コメント有難う!!

Re:寅どしよりさん

コメントありがとうございます。
私は読み逃げばかりで申し訳ありません。
京都にいらしたり、新しいPCに挑戦なさったり、素晴らしいです!

サトーハチローはとても面白かったです。
旧仮名遣いで初めはちょっと戸惑いましたけど・・・
当時の浅草の賑わいは本当にすごかったんだな〜とびっくりです。
まだ戦争前の、のどかな時代だったのでしょうか。
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム