そもそもの始まりは…

来年大学受験のチビネエが、ヴァイオリンを休んで、
急遽ピアノのレッスンを受けることになった。
そして、いつも発表会で伴奏をしていただく先生と、
さっさとレッスンの段取りをつけてきた。

IMG_1006.jpg

さて、我が家の子供達がお稽古していた頃のピアノは、
最初の火事で思いっきり水をかぶりオシャカ。
その頃はもう誰もレッスンを受けていたわけではなかったので、
PCに繋げたりして色々遊べる電子ピアノに買い換えてしまった。

その後、クラシック音楽のプロデューサーをしていた
一人暮らしの叔母が亡くなり、
いとこたちが集まって遺品の整理をした折、
アップライトを我が家で引き取ることになった。

ミッコバのピアノが我が家に来て、2台になったわけだが、
相変わらず滅多に弾く人もなくほとんど放置され、
やがて上には物が積まれ、ピアノを置いた部屋には、
緊急避難のはずだった次女一家の荷物がうず高く押し込まれ・・・


初めてのレッスンで、ハノンとブルグミュラ−25番を持ち帰ったチビネエ、
早速ピアノを弾いてみたが、どうしても許せない音があるという。
無理もない早急に調律を頼まなくてはならない。

上に乗っていた物を取り敢えず下ろし蓋を開け、
中のポケットから調律師さんの名刺を取り出す。
何しろ、前回いつお願いしたかも記憶になく、
まだお仕事続けられているかどうかもわからず、
とにかく所属会社に電話したら、後ほど本人から連絡させるとのこと。
そして、火曜日の午後来ていただくことに決まった。

しかし、部屋は納戸状態というか荷物がいっぱいで、
辛うじてピアノに向かうスペースはあるというものの、
調律師さんが道具を広げて作業するスペースはない。

「いつか片付ける」

そのいつかの時が来たと、ムコ殿立ち上がった。
まずは部屋の中のものを一旦部屋の外に出すと、
廊下や玄関にどんどん積み上げて、人一人通るのがやっとの有様。
そして家の外には、ゴミ袋が積み上がっていく。

IMG_1004.jpg

長い独身時代に集めた諸々。
3歳の娘に追い回される今、いじってる暇はない。
その潔さには、娘も目を瞠っていた。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム