クレマチスの丘 ヴァンジ美術館

クレマチスの丘

梅雨の最中というのに、素晴らしい快晴に恵まれました。
大好きな此処のことをいつ話していたのか?
しばらくぶりに会った友達に「行こうよ」と言われ、
急遽日程を決めたのです。

着いたらもうお昼でしたから、すぐに入り口近くのピッツェリアに入りました。

IMG_1427.jpg クレマチスの丘 おしぼり ←ポチッ

水を注ぐと膨らみますからと、おしぼりが出てきました。
へぇ〜、と言いながら水を注いで観察します。

クレマチスの丘 (2)

窓の外は、クレマチスと紫陽花の見事なコラボです。

腹ごしらえの出来たところで、ヴァンジさんの作品が点在するガーデンへ。

クレマチスの丘 ヴァンジ1 クレマチスの丘 ヴァンジ2 

クレマチスの丘 ヴァンジ3 クレマチスの丘 (6) ←ポチッ 

この懐かしい大好きなおじさんたちは日本に来て15年、
この前会った時より、年月の分だけ緑色っぽくになっていました。

クレマチスの丘 ヴァンジ4

建物の中の綺麗な人は相変わらずキレイです。

芝生に覆われたなだらかな丘の所々にはヴァンジさんの彫刻があしらわれ、
周辺部にいろいろな種類のクレマチスが植えられ、
その下草にも珍しい花が植えられています。

クレマチスの丘 (5)

この季節、クレマチスとバラのコラボも見られてラッキーでした。

売店も花の鉢、いわゆるお土産品の他に、
普段なかなか見つけにくい本などの充実した書店もあり、
ここも私の気に入ってるところです。
何を買うというわけでもなく、見て回っているうちに、
帰りのバスの時間が気になり始めました。

駅からのシャトルバスの終点は、この奥のビュッフェ美術館が始発です。
そこでいっぱいになったら乗れなくなると友が心配し、
途中にある吊り橋にも行ってみたいと言うので、
だらだら上り坂を15分ほど歩くことになりました。

クレマチスの丘 吊り橋

吊り橋は結構長くて、1度に4人までとか注意書きがあったり、
歩けばやはり揺れるので、結構楽しく渡りました。
渡り終えるとすぐビュッフェ美術館の入り口です。

クレマチスの丘 スカラベ

大きな彫刻が迎えてくれました。
La Scarabee 1975 とあります。
なんか虫のようですが?だったのでiPhoneで調べると、
スカラベの和名は、フンコロガシ。
古代エジプトでは、糞球を太陽と見立て、
太陽を司る神とあがめたのだとか。

この辺りには井上靖文学館やカフェなどもあるのですが、
またの機会にして帰路につきました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム