東京二紀展

昨日は、前々からの約束で、
彼女が出展している展覧会を観に行きました。

IMG_3825niki.jpg

以前は、池袋の芸術劇場で開催されてたのですが、
今回は、北区の北とぴあ
我が家からは、都電1本で行けるそう遠くない所ではありますが、
出展者である彼女には、遠くて不便だから、
搬入、搬出日しかいかないというので、
高校野球を気にしながらも、この日にいったのでした。

北とぴあは何度か来たことがあったのですが、
こんな像があったことなど全く気がつきませんでした。

この像を造った北村西望さんが、37年間も北区に住んでおり、
名誉区民に選ばれてることなどから、設置されたそうです。

IMG_3828ouji.jpg

震災復興のたれ幕やら、提灯に囲まれてちょっぴり違和感。
何となく、土地柄が見えてウフフでもあるのですが・・・

さて、彼女が長く所属している二紀会ですが、
見に来ていつも思うのは、

彫刻が冷遇されてる

それも、彼女のような、所謂現代アートは殆ど無く、
昔ながらの裸像のようなものばかり。
私のような、門外漢には、習作を並べられてるような気がするのだが。

おまけに今回は、展示されてる場所が最悪。
何とかならなかったのかな~と彼女が気の毒。

IMG_3827muramatu.jpg

じゃ~、絵画はイイかと言えば、大作ばかりだけれど、
心に残る絵はない。
それでもいくつかには、賞の札が付けられている。
やっぱり私には、よく分からない世界なのです。

ざっと一通り見て、最上階のレストランで2人でランチ。
折角の展望も、このお天気では・・・

IMG_3824hokutopia.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

数多い美術団体の特色などもなかなか解り難くなっていますね。
団体展もかろうじて友人知人の出展作を観にいくぐらいになっています。
仰るとおり、彫刻の具象と現代アートとの落差は大きいようです。

kurakameさん

ほんとに、なんだか最近は、友人知人の作品を見て回るのがやっと。
古来からのどんな名作も、
行列してしてまで見るエネルギーは殆どなくなりました。

現代アートは気楽に楽しめます。
御堂筋でしたか、赤い服を着せられた子達、見たかった~
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム