終末期の医療機器

10日、危篤の状態で母は94歳の誕生日を迎えた。

在宅用の酸素を頼んだからと医師にいわれ、
てっきり、ボンベが運び込まれる物だと思ったのだが、
深夜にもかかわらず間もなくやってきたのは・・・

IMG_3933sanso.jpg

酸素濃縮器といわれるもので、
空気をフィルター通して取り入れ、
酸素と窒素に分解して送り込むという優れもの。
勿論家庭用電源で、スイッチを入れ、
酸素量の設定をするだけで、酸素を送り込んでくれる。
マスクは、患者さんがいやがるからと、
サチュが90を切ったらマスクにしようということで、
とりあえず鼻からの吸入になった。

この時点で、母を一番苦しめているのは、 
気道に入ってる液体。
痰というより、飲み込めなくなってる唾液。
これを除去するのが痰吸引器

IMG_3927kyuin.jpg

私たちが到着する前に1度先生が吸引した物を、
見せて貰ったが、明らかに液体以外に、
誤嚥したと思われる固形物が混じっている。
そして、母の場合は、痰というより、嚥下不能になったために、
誤嚥された唾液が殆どなのだ。
口からまた鼻から管を入れ吸引するのだが、
これが患者にとっては、かなり辛いことのようで、
立ち会った施設長は、とても見ていられなかったという。

しかも、この吸引器を使って吸引する事は、
医療行為ということになるので、
施設スタッフでは出来ないことになっている。
しかし、家族が行うのはかまわない、という。
実際は、老老介護の80歳以上の方でも扱える器具なのだけど・・・

結局、私が扱い方を先生から指導を受け、看護師のいない夜間、
その為に泊まり込むことになった。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大変ですね

お母様、ご危篤で大変でいらっしゃいますね
最新型の医療機器、初めて拝見しました
酸素もガスボンベ時代は終わったのですね
びっくりです
痰吸入・・・お辛いでしょう
お母様もお辛いでしょうけど、chiaraさんも夜に眠ることができないとお疲れでいらっしゃいますでしょうね
どうぞお体を壊さないようになさって下さい

お母様とchiaraさんのこと、お祈りしています。
おからだ、気をつけて。

kanarinさん

ありがとうございます。

お陰さまで、だんだん苦しい吸引も必要なくなり、
安らかに眠ったまま16日夕方息を引き取りました。
母の望むような最後を迎えることが出来て、安堵しています。

ygracia さん

お祈りありがとうございます。

余病のないレビーが、どのような終末を迎えるのか、
不安がありましたが、今はホッとしています。
今日明日とカテドラルで送っていただきます。

お悔やみ申し上げます

この度はお母様のご不幸、心よりお悔やみ申し上げます
どうぞお力落としのないように・・・

大変な時にお返事頂き有難うございました

天に召されたとの訃報に~

ご冥福をお祈りしております。ご自分のお体、ご自愛くださいね。いずれまたご連絡いたします。

kanarinさん

お心にかけて戴き、本当にありがとうございます。
母の望んでたように、静かに召されていきました。

nogikuさん

ありがとうございます。

何分にも、カトリックでお葬式を出したの始めてで、
分からないことだらけです。
今度いろいろ教えて下さい。
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム