始動σ(^^)

IMG_4079sora.jpg

ここへ来てまた暑さがぶり返しているが、空はすっかり秋。
中秋の名月も、珍しくホントの満月だそうで、やたらと明るい。

そろそろ動き出さないと、と思って先ずは教会へ。
納骨の日取りも相談しなきゃいけないし・・・

教会もずっと工事が続いていて、駐車場がほとんど使えなかったので、
自転車か徒歩で行かなくちゃならなかったのだけど、
我が家からの道は、坂を思いっきり下って、また上る、私の足だと20~25分の行程。
少し前までの私には、結構辛い道中だった。

そもそもこの工事というのが、先ず大聖堂の、
祭壇の真ん前にバケツを置かなきゃならないような雨漏りを、
騙し騙ししていたのを、本格的に解決する為の大工事から始まって、
空襲で焼け落ちた2階を継ぎ足して使ってて、
地震が来たら危険だからと再三警告を受けてた司教館を、
やっと建て直して司祭の老後の家に変身させ、
最後に、コンクリートが剥がれ落ちてくる鐘楼の補修をして、
やっと全てが終わって半年したところで、先頃の地震。
東京とて、いつになく大きな地震だったわけで、
改修工事前だったらどんなことになってたやらと、
考えてみるとチョット背筋が寒くなる。
「今のうちにちゃんと工事しとけよ」と、誰かお告げでも聞いたのか

震災から半年のこの日のミサは、補佐司教の司式で、
仙台教区地域の現況と支援の状況報告。
そして、あれから10年という911の為の祈りも。
ホントに何という日なのだろうと・・・

ミサの後に地下のホールで、マドリードで行われたWorld Youth Day
参加した若者達の報告会があるというので覗いてみた。

2~3年に1回開催され、世界中から200万人の若者が参加するという。
日本全国からは350人ほど、うちの教会からは8人が参加。
ポルトガルのヴィーゴからサンティアゴ・コンポステーラまで巡礼したあと、
マドリードに入り、いろんな国の人たちと交流し、教皇ミサに与ってきた。

IMG_4073wyd.jpg

パワーポイントで映像を映しながら全行程を報告したあとの、彼等の感想は、
こぞって、
嬉しかった!

なでしこばかりでなく、近頃やたらと女子力が目立っている気がするけど、
この日の報告は、断然男子が頼もしく見えたのが、私は嬉しかった。

やっぱり、サンティアゴ・コンポステーラ行ってみたいな。
1日20kmも歩く巡礼は勿論無理だけれど、高齢者向けのツアーとかないかな・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今日は

神のお告げが何方かにあったか、大地震の前に
改修工事をされて、本当に良かったですね。
この頃は女子の活躍が目に付き、家内も
政治も女子に任せれば、今の情けない状態から
抜け出せる筈と息巻いています。

もう夕方

キアラさん 今日は三年ぶりに長姉に会いに出かけました
日本橋で待ち合わせ ご飯食べてコーヒー飲んだら帰る時刻 
「今会っておかないと何があるか分からない」などという姉をなだめてしばし
でも本当に何が起こるか分からないから会っておこうと思った人々は居るはずで
神のみぞ知る真理でしょうか。。。

突然おじゃましす

しばらくおじゃましないうちに、びっくりしました。
母の時にはやさしいコメントありがとうございました。
本当に残暑厳しい中、ご自身無理をしないでください。

ktempleさん

本当に、今思うと不思議なことです。
雨漏り丹下の異名通り、長いこと悩まされてきた聖堂の屋根の思い切った改修と、
警告を先送りにしてきた司教館の立て直しを一気にやってしまったのです。

政治の世界にいる方々が、今や一番時代に取り残されてるのでは、と思います。

EPOMさん

あらまあ、西に東に、何処ですれ違ったのでしょう。

で、みなとみらい線に乗る前に、ついつい貴和を覗いてしまいましたよ。
そして、ついつい買ってしまいました。
何の技術もいらないピアスのパーツ(^_-)-☆
そう、興味はあるけど技術のないchiaraです。

ちなみに、浅草橋の貴和は金魚さんの会社の並びです!

marutakomichiさん

ありがとうございます。
お母さまの場合は、まだまだお元気とお見受けしてましたから、驚きました。
我が母は、もう十分生きたという感じで、いつでもと覚悟も出来ていたのですが、
最後の1週間、消えゆく命を見守るのも、思いの外大変なことでした。

昨日は張り切って、横浜まで謄本を取りに行ったのですが、今日はグダグダしています。
映画でも観に行った方がいいかな?

キアラさん 面白すぎる母からのメールっていうの見ました
可笑しくて可笑しくて涙が出るほどでした
私は息子にこんなメールしていないという保証はなくやや心配
でも小生意気な母だと思われていることは確か!
パソコンなんかいじりやがって アドレスだと?なんて言われたことがあります。
しかし姉は面白い 電車で帰ることを「ぽーでおかえり」って打ってくるのです
一時代違うとこうなる見本でしょうね。

EPOMさん

そうそう、私もやりかねないことばかりです。
携帯の変換に手を焼いて、いっそかなだけで送っちゃおうかと思うことよくあります。
一昔前に「メーラーだえもんさんからの手紙」というサイトで、
徹夜で笑わせて貰ったことがありましたが、最近はどうしちゃったのか、
まだだえもんさんは健在なのか、ふと、思い出しちゃいました。
プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム