音声言語医クリニック

初めて声嗄れという症状が出たのは、喘息の治療を本格的に始めてから、
1年半ほど経った頃でした。
ある日、定期受診で診察室に入った時、挨拶の私の声を聞くや、

「直ぐ耳鼻科行って!」

喘息の症状がなかなか改善されないまま、
吸入ステロイド剤を限界まで増やしていたときでした。
それから薬を代えたりしながら、良くなったりまた声が出にくくなったり。
とにかく、昔のような酷使に耐えられなくなったことは確かです。

近所の耳鼻科に通ったりしているのですが、
何しろ、どうして?というくらい混みます。
普通に2時間くらいは待ちます。
大学病院に通った方が早いのでは?と思うほどです。

他には耳鼻科は?と検索しているうちに、
耳鼻科の中に、音声外来という部門があることを知りました。

そして辿り着いたのがe-Voice Clinicというサイト。
そして、診察を受けられる病院というところに、
区内の、それもそう遠くない医院の名前があるではありませんか。
しかも、友人の家の近くらしいと分かって、早速メールで様子を聞いてみました。

彼女曰く、名医なのだけれど、とっても痛いというのです。
お嬢さんがいることは知っていたけれど、医師になったかどうかは知らないと言います。
そのサイトに載ってる音声言語医は若い女性なのです。

「とにかく行ってみたら。今さくらがとってもきれいよ

ということで、お天気いいし、自転車走らせました

耳鼻科

さくらの花は、とてもいい目印で、タイミングも良かったのか、
殆ど待たずに見て戴くことが出来ました。
サイトの写真通りのきれいな先生は、とても優しく、
鼻からのファイバースコープで丁寧に見た後、分かり易く説明してくださいました。

やはり声帯は少し腫れていて、でもそれは、薬の所為というより、激しく咳をしたり、
吸った空気でアレルギー反応起こしたり、という可能性の方が高いということでした。
喘息のコントロールのためには、今すぐ薬を減らすことは出来ないでしょうから、
とにかく、

水分を取って、マメにうがいをして、喉を常に潤しておく

ことが大事と、吸入だけして、特にお薬は出ませんでした。
家庭用のネブライザーを持っていると言いましたら、
それを使って、蒸留水で吸入するのもいいでしょうといわれました。

呼吸器の先生が、

「ポリープなどの心配もあるから、1度声帯覗いて貰った方がいいね」

と心配して下さっていたのですが、幸い声帯はポリープも何もなくきれいだから、
安心して朗読してくださいと言われ、とても嬉しく、帰りはルンルン

通りがかりの大学は、入学式で賑わっていました。
立教大学

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム